« 五輪女子マラソン | トップページ | 胸キュンSONGS »

2008年8月30日 (土)

久々の放送博物館

 8月15日にこんなことを書いたこともあって、久々に東京・愛宕山のNHK放送博物館に行ってきました。
 テレビ放送開始50年(2002年)、ラジオ放送開始80年(2005年)と節目の年に館内がリニューアルされてきましたが、このところは大きな変化はないようです。

 2階の常設展示室では、1945年8月15日の放送原稿の複製が展示されていました。朝7時21分の「正午の御放送」の告知アナウンスと、正午の「玉音放送」のときのアナウンスの2つ。(ポーズ)とか(クリカヘスコト)など読みあげ方の注釈なども記載されているのが生々しいです。隣には昭和天皇の声を刻んだ録音盤も劣化しないよう厳重に管理されて展示されていますし、近くにある展示品の当時のラジオから玉音放送の一部も流れるようになっていました。これらは今の時期だから、ということではなく通年展示ですので、機会があればぜひご覧いただければと。

 3階企画展示室では「ニュースはどう伝えられたか」展 が開催中でした。2.26事件、皇太子殿下ご成婚、浅間山荘事件、米同時多発テロなどについて、放送原稿や放送経過の説明板が展示されていました。企画展はあす31日が最終日ですが、2.26事件については2階の常設展示室で、有名な「兵に告ぐ」の原稿を見たり音源を聞くことが出来ます。

 3階常設展示室のマイクロフォン展示コーナーには、河合奈保子さんのパネル写真も健在。良かった~。いやほんと、これが健在かを確認しに行ったようなものです(笑)。1986年の紅白歌合戦のときの弾き語りの様子が張り出されています。美しい・・・。

 ここまでくればやはり4階の放送ライブラリーへ。NHKアーカイブスの映像を楽しんできました。見てきたのは83年、84年の紅白歌合戦から、奈保子さんが出演した前半部分と、レッツゴーヤング86年1月26日放送分を。奈保子さんの歌、やっぱりいいわ。奈保子さんのことになるとつい絶賛してしまいますが、本当にいいんだもん。他の歌手のバックにいるときでも、しっかり、しかもかなり大きく口ずさんでいるその姿勢も含めて好きだなあ。。。

 そんなこんなで午後まるまる滞在しましたが、これだけ楽しめて無料というのがまた嬉しいですね。お近くに来た際にはどうぞお立ち寄りを。

|

« 五輪女子マラソン | トップページ | 胸キュンSONGS »

ラジオ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

河合奈保子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/42329559

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の放送博物館:

« 五輪女子マラソン | トップページ | 胸キュンSONGS »