« 熱狂の日 始まる | トップページ | 熱狂の日2008備忘録 »

2008年5月 7日 (水)

熱狂の日 終わる

 2日から始まったクラシックの一大イベントであるラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日音楽祭」が6日、閉幕しました。私も最終公演を聴いて帰ってきたところです。結局私は、3日・4日・6日の3日間、東京国際フォーラムでクラシック音楽をたっぷりと浴びてきました。会期中ですっきりと晴れたのは6日ぐらいで、あとははっきりしない天気が続いたものの、そんなの関係ないとばかりにとても多くの方が会場に繰り出していて例年どおりの賑わいでした。会場や公演の様子など、書きたいことはいろいろありますが、それはまた機会があれば。
 今年のテーマは「シューベルトとウィーン」でしたが既に来年に向けた記者発表が行われています。

 来年のテーマは「バッハとヨーロッパ」
   ~ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン公式レポート

 祭りが終わるというのはやはり淋しさを感じるのですが、最終公演を聴き終えて会場を後にするとき、スタッフの方が「来年もお待ちしております」と声を掛けていたのを聞いて、これは単なる終わりではなく始まりでもあるんだな、なんて思いました。来年も楽しみです。

|

« 熱狂の日 始まる | トップページ | 熱狂の日2008備忘録 »

熱狂の日音楽祭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/41119329

この記事へのトラックバック一覧です: 熱狂の日 終わる:

« 熱狂の日 始まる | トップページ | 熱狂の日2008備忘録 »