« オトナのスペシャルライブ | トップページ | 錦秋の京を行く »

2007年11月28日 (水)

「nahoko音」CD発売1周年によせて

 河合奈保子さんの自作ピアノインストアルバム「nahoko音」がCDで発売されてからちょうど1年たちました。その約7ヶ月前の2006年4月26日、何の前触れもなくiTunesMusicStore上で発表された「nahoko音 bule/orange」に大いに驚き狂喜したわけですが、このCD化の報を聞いてさらに嬉しかったことが思い出されます。配信での音源入手を否定はしませんが、やぱりCDという媒体でのリリースは「形がある」だけに意味があります。実際、これをきっかけにCDジャーナル誌に取り上げられたわけですから。それに、なんといっても多くの方に届けることができるようになりましたものね。当時のamazonでの売上順位が、それを物語っていると思います。

 発売当初は店頭展示がほとんど見当たらず、東京・銀座の山野楽器本店のように面出しで複数枚在庫していた店が「聖地」のように感じたりしていたのですが、最近は大型店舗でちらちらと見かけたりするようになりました。東京だと石丸電気(秋葉原)とかタワーレコード(秋葉原、渋谷)とか。もちろん山野も健在です。amazonでの売上順位は需要一巡で目立ったものはないですが、こうして店頭に置いてくれると新たな広がりが期待できると思います。ぜひ「今」の奈保子さんを知ってほしいですね。


 さて、ここで“アーティスト河合奈保子”の音楽活動の軌跡をまとめたCD-BOX「NAOKO PREMIUM」の続報を。
 先週末は尾崎亜美さんのライブを追いかけたりして結局3日間東京をうろうろしてたのですが、秋葉原の石丸電気ソフト2に寄ってみると、タワーレコードのサイトに出ている告知ポスターが店内に張り出されているのを確認しました。スペースの都合か、歌謡曲コーナー近くの落語の棚の隣の鉄扉に張られていたのでちょっと目立ちませんが(微笑)。これで、このバージョンのものがコロムビア制作のポスターであることが確認できました。以前から掲示されていたポスターのほうが石丸オリジナルというこですね。
 また、コロムビアファミリークラブほか幾つかの販売店サイトでは、商品イメージが発表されました。紙ジャケット仕様ということで、DVD含め23枚組のBOXでも程よい大きさに納まる感じです。こうして具体的なイメージが出てくるとますます発売が楽しみになりますね。
 さらに!石丸電気(ソフト2)と山野楽器本店では、1月に購入者対象のビデオコンサート開催の情報があります。参加方法など詳しくは各店舗で確認いただきたいと思います。

|

« オトナのスペシャルライブ | トップページ | 錦秋の京を行く »

河合奈保子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/17217490

この記事へのトラックバック一覧です: 「nahoko音」CD発売1周年によせて:

« オトナのスペシャルライブ | トップページ | 錦秋の京を行く »