« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

「nahoko音」CD発売1周年によせて

 河合奈保子さんの自作ピアノインストアルバム「nahoko音」がCDで発売されてからちょうど1年たちました。その約7ヶ月前の2006年4月26日、何の前触れもなくiTunesMusicStore上で発表された「nahoko音 bule/orange」に大いに驚き狂喜したわけですが、このCD化の報を聞いてさらに嬉しかったことが思い出されます。配信での音源入手を否定はしませんが、やぱりCDという媒体でのリリースは「形がある」だけに意味があります。実際、これをきっかけにCDジャーナル誌に取り上げられたわけですから。それに、なんといっても多くの方に届けることができるようになりましたものね。当時のamazonでの売上順位が、それを物語っていると思います。

 発売当初は店頭展示がほとんど見当たらず、東京・銀座の山野楽器本店のように面出しで複数枚在庫していた店が「聖地」のように感じたりしていたのですが、最近は大型店舗でちらちらと見かけたりするようになりました。東京だと石丸電気(秋葉原)とかタワーレコード(秋葉原、渋谷)とか。もちろん山野も健在です。amazonでの売上順位は需要一巡で目立ったものはないですが、こうして店頭に置いてくれると新たな広がりが期待できると思います。ぜひ「今」の奈保子さんを知ってほしいですね。


 さて、ここで“アーティスト河合奈保子”の音楽活動の軌跡をまとめたCD-BOX「NAOKO PREMIUM」の続報を。
 先週末は尾崎亜美さんのライブを追いかけたりして結局3日間東京をうろうろしてたのですが、秋葉原の石丸電気ソフト2に寄ってみると、タワーレコードのサイトに出ている告知ポスターが店内に張り出されているのを確認しました。スペースの都合か、歌謡曲コーナー近くの落語の棚の隣の鉄扉に張られていたのでちょっと目立ちませんが(微笑)。これで、このバージョンのものがコロムビア制作のポスターであることが確認できました。以前から掲示されていたポスターのほうが石丸オリジナルというこですね。
 また、コロムビアファミリークラブほか幾つかの販売店サイトでは、商品イメージが発表されました。紙ジャケット仕様ということで、DVD含め23枚組のBOXでも程よい大きさに納まる感じです。こうして具体的なイメージが出てくるとますます発売が楽しみになりますね。
 さらに!石丸電気(ソフト2)と山野楽器本店では、1月に購入者対象のビデオコンサート開催の情報があります。参加方法など詳しくは各店舗で確認いただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

オトナのスペシャルライブ

 昨夜はフジテレビジョンの催事「お台場オトナPARK」の一環で行われたコンサート『「オトナのスペシャルライブ」南こうせつのフォークジャンボリー』へ行ってきました。「南こうせつの」という冠が付いてますが、もちろんお目当ては尾崎亜美さん。
 会場は東京・台場のフジテレビジョン本社22Fフォーラム。亜美さんのソロコンサートではない場合、切符を取ろうかちょっと迷ったりするのですが、テレビ局の本社が会場なんて滅多に無いだろう企画だったので取ってみました。それにこの機会にいろんな歌手の歌唱を聴くのも勉強になりますしね。

 フジテレビには「お台場オトナPARK」の案内が要所要所にありましたが、肝心のライブ会場(22F)への行き方が全く案内なし。誘導看板が一切出てないのですよ。22Fが会場だとわかっていてもどこから登れば良いのかさっぱり判りません。1Fとか7F(低層部の屋上)とかうろうろした挙句、係員に聞いてみると7Fからエレベーターとのこと。しかも24Fに上がってくださいということで、そんな難しい入場ルートならきっちり看板で誘導してもらいたいものです。
 24Fの渡り廊下のようなところで改札を受け、エスカレーターで22Fへ。ホワイエでドリンクを受けとり、客席では飲めないということなので白ワインをほぼ一気飲みしていざ会場へ。えらく縦長の会場ですが、ステージは高いとはいえ床がフラットなので後ろほうだとどうだったのでしょう。

 今回の出演者は“冠”の南こうせつさんのほかに亜美さん、PANTAさん、遠藤賢司さん、そして篠原ともえさん。
 トップバッターは我らが亜美さん。いつもは小原礼さんと是永巧一さんが一緒のことが多いですが、今回はこうせつさんのバックをつとめるバンドがそのまま亜美さんのサポートに入り、アコースティックな感じでした。ちなみにキーボードは亜美さんのライブでもおなじみの矢嶋マキさん。曲は、「マイ・ピュア・レディー」「シーソー」「天使のウィンク」「オリビアを聴きながら」の4曲。他の方も同程度の曲数なのでしょうがないですが、ちょっぴり物足りないかな。。。会場はこうせつさんのファン占有率が高いことが容易に想定できたので、「亜美ファンここにあり」とばかりに声掛けをしたりスタンディングしたりしてみたのですが、伝わったかな・・・。
 続いてPANTAさん。「過激派」らしいですが(笑)、見た目は全然。曲も昨夜のものはフォーキーな感じでしたね。ただし歌詞は物議を醸しそうだな、確かに。
 三番目は遠藤賢司さん。この方はなんというか、ふにゃっとした歌い方もすれば魂の叫びのような歌い方もするという、ああ70年代のフォークってこんな感じだったのかなあという雰囲気の方。流行り廃りではなくわが道を行くっていう感じですかね。4曲歌ったのですが、最後の曲は「アンコールでしか歌わない曲だから」といって、3曲歌ったところで一旦引っ込み、アンコールを強要するというパフォーマンス(笑)。
 トリはこうせつさん。なぜかラストの「うちのお父さん」を歌ってて、最後の最後に来て歌を中断してトーク爆発(笑)。「千の風になって」が頭の中をぐるぐる回っていることを熱く語っていました。。。それにしても、この歌のとき「こうせつっ!」て合いの手で叫んで拳振り上げている人の多かったこと。ちょっとうらやましかったなあ。でもスタンディングした人はいないから、その点ではこうせつファンに勝ったぞ!(勝ち負けか?)
 アンコール、というかエンディングでは、出演者総出で「なごり雪」と「自転車にのって」を歌ってお終いとなりました。この手のエンディングだと「あの素晴らしい愛をもう一度」が定番中の定番なのですが、昨夜はひねってきましたね。

 さて、ここまでで名前が登場していないのが篠原ともえさん。篠原さんは当初出演者情報になくて、後から追加になったのですが、正直なところなぜこの人?と最初思いましてね。何しろ持っている印象は吉田拓郎さんが出演していた番組「LOVE LOVE愛してる」でのはちゃめちゃなキャラクターですからねえ。ところが出てきた彼女は、すっかりアクが抜けていい感じのお嬢さん、みたいな感じになってて驚きました。こうせつさんと幕間でのMC担当だったのですが、オープニングでは「今日までそして明日から」をギター弾き語りで歌ってました。これがまた思った以上に上手なので驚き。エンディングでも歌で参加して大活躍でした。今回初見だったPANTAさんと遠藤賢司さんは私にとって結構衝撃的だったのですが、篠原さんもある意味衝撃だったかな。。

 そんなこんなで約3時間、盛りだくさんの公演でした。カメラが入っていたのでもしかしたらテレビにちょろっと流れたりするのかな。ちょっと期待してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

亜美さんスケジュール続々到着

 当店第二本館TearoomAmiiでは、尾崎亜美さんのスケジュールを独自取材(ってネットサーフィンしてるだけ・・)に基づき随時更新中ですが、このところスケジュールが続々判明して嬉しい悲鳴です!

 直近の予定としては、今週末に2日連続でイベント出演予定があります。11月23日はフジテレビの「お台場オトナPARK」のイベントライブに出演。まだ切符あるようです。翌24日はオールナイトニッポン40周年記念の「渋谷フォークジャンボリー」に出演。ただし、こちらは11月18日に聞いたラジオによると切符は完売とのこと。

 12月に入ると、1日に越前市で山田パンダさんとトーク&ライブ。さらに8日には横浜市で北原照久さんとトーク&ライブ。これは面白い取り合わせですね。22日には江原啓之さんのコンサートにゲスト出演しますが、こちらは早々に切符が完売しています。

 来年以降で注目のスケジュールは「NATURAL Songs ~うたを歌おう!みどりをふやそう!~」ですね。どうやら南こうせつさんを核にしたジョイントコンサートの形式により各地で公演をするようなのですが、一部の公演に亜美さんが参加予定です。いま判っているのは、2月の鹿児島、3月の松本、4月の函館と室蘭。亜美さんのスケジュールで九州とか北海道というのはなかなか無いので、お近くのかたはぜひこの機会に。

 アクティブに活動されていてとっても嬉しいのですが、ホールでのソロコンサートも期待したいですね。ジョイントとかゲストでの出演の場合、普段は見られないコラボレーションが楽しめたり、なかなか行くきっかけをつくれない他の歌手の歌唱が聴けてこれはこれで良いのですが、やっぱり亜美さんの歌をたくさん聴きたいですからねえ。

 ということで、繰り返しになりますが詳しい情報は随時トップページで紹介しておりますので、どうぞご参考に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

NAOKO PREMIUM 発売まであと30日

 さて、きょうは2007年10月19日。河合奈保子さんのオリジナルアルバムBOX「NAOKO PREMIUM」の発売まであと30日となりました。1ヶ月ですよ、1ヶ月。
 (毎回、BOXのことを長ったらしく書いているのは、検索で初めてたどり着いて見る人を想定してのことですので常連の方はご容赦を・・・)

 さて、煽るわけではありませんが、通販ショップの一部ではすでに予約を締め切ったり(楽天ブックスなど)、もうすぐ予約終了と宣言しているところ(セブンアンドワイ)もあります。また予約受付中ながら「発売日翌日以降の入荷分で出荷予定」となっているところもあります(石丸電気レフィーノ)。従いまして、発売日の入手をお考えの方は、早い目の予約をされたほうが無難かなあと思います。ま、コロムビアファミリークラブでは「12月12日までに予約すれば発売当日にお届け」としているのですが・・・メーカー直系の強みってことですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

懐かしのアイドルソングの巻・その26

 てなわけで、今月も行ってきました「懐かしのアイドルソングの巻」。行ってきた以上素通りするわけにはいかないので今月も書いてみます。

 そもそもこのイベントに興味を持ったのは「時々河合奈保子さんの楽曲も歌われている」という情報からだったのですが、何回も行くうちに、私の中ではそれは特に重要なことではなくなってきました。現在の主目的は、純粋にこのライブイベントそのものへの共感と、主宰者いまのまいさんのボーカルが聴きたい、ということに変わりつつあります。もちろん、奈保子さんの曲が出れば個人的に嬉しいし、奈保子さんを広めるという観点からも歌ってくれるとありがたいので、密かにリクエストもしてみてるのですけどね(笑)。

 平日開催の回は8月以来ですが、19時開演ということでスタート当初はまばらな客席。でも時間を追うごとに人が増えて最終的には盛況でした。平日だとこんな感じになるのはやむをえないのでしょう。
 そんな状況もありつつ、レギュラーのお三方(藤崎とうこさん、竹田眞弓さん、いまのまいさん)はいつもながらの安定したステージを展開。準レギュラーの成木梨那さんも、一部歌詞が不鮮明になりながらも(笑)、がんばっている感が伝わるステージで好印象。

 で、今月のゲストは千原愛理さんと冬月えみさん。先月のゲストも強力だったのですが、今月も強力だったですねえ。千原さんは、最初「のりP音頭」ばりのオリジナル曲で登場したのでイロモノかと一瞬たじろぎそうになりましたが、歌唱が確かなのがすぐにわかって体制を立て直せました(笑)。演ドル(=演歌アイドル)を目指してるということで、なるほどなあと。神園さやかさんの路線を狙ってるのでしょうか・・・。あ、神園さんは歌謡曲路線に転向したんでしたっけ。
 冬月さんも歌唱が実にしっかりしてますね。加えて、このライブイベントでは珍しく(笑)メジャー感のある選曲。当時のアイドルポップスに深入りしていなかった私としては実にありがたいです。この日はファンの方が結構来てたのかな、ひときわ大きな声援が飛んでいました。
 そんなわけで、強力という意味はビジュアルの魅力も放ちつつ、歌唱のレベルが高いということなのですが、こういう方々を呼んでくるまいさんは素晴らしいですね。引きが強い、というか。

ちなみに、当日の全曲目は懐アイ公式ブログのこちらを参照。
出演者の書いた記事も紹介しておきますね。
 いまのまいさん ⇒公式ブログ より
 冬月えみさん ⇒ふゆつきだより より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4周年

 当店本館TEAROOM☆NAOKOはこの15日で開店4周年を迎えることができました。4年前の2003年11月9日に勢いでサイトを立ち上げ、正式オープンを宣言したのが15日でした。休業中の河合奈保子さんのファンサイトを、しかも後追いファンがどこまで続けられるだろうかと思っていましたが、ここまで続いたのはへなちょこ文章を読んでいただいているみなさんのお陰です。ありがとうございます。そして奈保子さんが昨年、nahoko音リリースで限定的ながらも音楽活動を再開したことも大きな風になりました。

 これからは5年目突入ということで、奈保子さんでいえば5thAnniversaryとして怒涛のアルバムリリースをした時期になるわけですが、当店はまあ、いつもどおりのスタイルで続けるのが精一杯です(笑)。何か新しい動きがあることを期待しつつ、のんびり息長くやっていけたらと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

告知ポスター続報

 河合奈保子さんのオリジナルアルバムBOX「NAOKO PREMIUM」の発売告知ポスターを東京・秋葉原の石丸電気で見かけたという話を以前綴りましたが、12日にまた寄ってきたので続報を。

 石丸ソフト2店頭の告知ポスターをもう一度じっくり見てみましたが、どうやらこれ、お店の独自制作のような気がしてきました。理由は2つ。
 まずタワーレコードのサイトで見たようなコロムビアのクレジットが見当たらないのですね。
 そして、ソフト2店内の歌謡曲コーナーには、天井からの吊りPOPも2枚(両面なので4面分)下がっていたのですが、これがポスターを変形させたようなもの(横長です)。メーカーでそこまでバリエーションを作っているとは思えないので・・・。

 ま、メーカー製だろうと店舗オリジナルだろうと、告知物が店頭にあるのを見るととっても嬉しくなってしまいますね。なにしろ石丸ソフト2は外(入口)に1枚、予約コーナーに1枚、歌謡曲コーナーに1枚、さらに天井から2枚と、ただいま強力に「NAOKO PREMIUM」を推している状態です。

 さて、なぜ12日に東京にいたのかというと、今月もまた「懐かしのアイドルソングの巻」を見てきたのでした。ちょうど上手いこと休みが入ったもんで・・・。で、本当はそのことも書きたいのですが、それを書くととっても長くなってしまうし、そろそろココログが大規模メンテナンスに入ってしまうので(ただいま20:00少し前)この辺で書き込みを止めねばなりません(笑)。ということでまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

新たな告知ポスター?

 河合奈保子さんのオリジナルアルバムBOX「NAOKO PUREMIUM」の店頭告知ポスターを見た話を11月5日に綴りましたが、どうやら別バージョンのポスターが出来上がっている模様です。
 というのも、タワーレコードのサイトを見たら、石丸電気で見たものとは別のものが掲載されていまして。

 @TOWER.JP 河合奈保子 NAOKO PREMIUM

 一見して違いがわかるのが、アルバムジャケット写真が大部分を占めているのに対して、商品のポイントの説明に大きくスペースを充てているところです。ただ、これがタワーレコードのオリジナルなのか、コロムビア制作のものなのかは判然としないのですが・・・。

 で、これを見ると新たな情報が。
 まず、収録曲数がこれまで発表されていた240曲予定から、250曲予定にアップしています。10月16日時点の情報で既に予定曲として232曲がリストアップされていたので追加発表のボーナストラックは8曲かな、と思っていたのですが、さらに10曲の追加を予定しているということですね。どんな内容になるか楽しみです。
 そして、予約特典としてオリジナルカラオケCDのほかにダブル予約特典として「オリジナルトートバック」が付くとも書かれています。ということで、買うと心に決めている方は早々に予約したほうが良いかもしれません。

 ただ解せないのは、これを書いている11月9日夜の時点でこうした情報が肝心のコロムビアの特設サイトhttp://columbia.jp/kawai/に載ってないことで・・・。ひょっとしてタワレコオリジナルだったりするのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

三回忌

 本当は昨日書くべきだったのですが、会社の帰りが遅くなって一日遅くなりました。

 11月6日は本田美奈子さんの三回忌でした。早いような、長いような・・・。美奈子さんのことを書くたびに枕詞のように書いているのですが、私はコンピ盤「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」で「つばさ」にめぐり合ってから急速に注目したという、おそよファンとは言えない身です。それでも節目のときにはなぜか素通りできないんですよね。ゆかりのある埼玉県朝霞に記念碑が出来たということで、一度は行ってみたいとも思っています。自分でも不思議な感覚です。

 先週末に東京・秋葉原の石丸電気に寄った話は前回綴りましたが、実はそのとき、岩崎宏美さんのニューアルバム「PRAHA」を買いました。チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と共演したこのアルバムには美奈子さんのカバーである「つばさ」も収録されているのですが、そこには~Dedicade to 本田美奈子.~と書かれています。つまり美奈子さんに捧げる、ということですね。また、ライナーノーツでも、この曲に対する想いが書かれています。ちょい聴きできるような感覚ではないので、次の週末にでも、ゆっくりじっくり聴いてみたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

NAOKO PREMIUM 発売告知ポスター発見

 週末に所用で東京・秋葉原へ遠征したのですが、そのとき石丸電気に寄ってみました。なんか全館リニューアル直後らしくてにぎやかな感じでしたが、CDとDVDを主に扱う「ソフト2」は特にリニューアルはされていない感じ。で、その入口で見つけたのが河合奈保子さんのオリジナルアルバムBOX「NAOKO PREMIUM」の発売告知ポスターです。

Kokuchi

 携帯電話内蔵カメラで撮った上に夕暮れ時だったので思いっきり画質が悪いですが、雰囲気は感じ取れると思います。要するに各アルバムのジャケットをずらっと並べたデザインで、一番下の右端のコマに収録内容が書かれています。今回はメーカー直系のコロムビアファミリークラブが力を入れていて、通販メインでやるのかな・・・と思っていたので店頭ポスターがあることに驚いてしまいました。

 さらに店内には、その告知ポスターとともに専用の予約カードが用意してありました。それも通常の予約コーナーと、歌謡曲コーナーの2箇所に・・・。石丸さん、なかなか力を入れてますね。
 そんなわけで、店頭で力を入れていることに応えるべく、ここで予約を入れました。石丸オリジナルの特典とかは特になさそうですが、私はポイントカードを持っているので。これで懸案の予約問題も解決、あとは発売を待つだけです。うん、楽しみだ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

ヤンタンの放送後は・・・

 嘉門達夫さんのブログで毎日放送ラジオ「MBSヤングタウン」(ヤンタン)出演当時の思い出をちょこっと綴っている記事を見つけました。嬉しいことに河合奈保子さんの名前も見えます!

 地元クルーズ ~嘉門達夫ブログ 嘉門流

 放送終了後に家で出演者や番組スタッフとよく宴会をやった・・・という話ですが、この話は奈保子さんのシングルAB面を収録したCD-BOX「JEWEL BOX」のブックレットに嘉門さんから寄せられたコメントの中でも綴られていますね。ブックレットのコメントほど詳しくは書かれていませんが、もう20年以上前のことをこうして思い出してブログに書いていただけるのは嬉しいことです。今度はぜひ「カニ振り回し事件」の顛末を(笑)。

 残念ながら私は当時聞いていなかったのですが、それでも20年以上ともなると時の流れを感じるわけです。当時、毎日放送のスタジオは千里丘にありましたが90年に梅田(茶屋町)に移転しています。とはいえ、元々開局時は(当時は新日本放送)梅田にスタジオがあったわけで、いわば里帰りのようなものかもしれませんが。その開局時のスタジオは阪急百貨店の屋上に増築された建屋だったそうです。そして、毎日放送発祥の地ともいえる阪急百貨店のビルも、最近ついに解体されてしまいましたね。御堂筋の北端に威容を誇り、永く梅田のランドマークであり続けていたのですが・・・。後に建つビルが、安普請でないことを祈ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »