« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

久喜で受信実験

 10月28日は尾崎亜美さんのコンサートを観に久喜へ行ったわけですが、久喜へ行くなら試してみたいと思っていたことがあって実行してきました。それは自作ゲルマニウムラジオの性能試験です(笑)。
 そもそもゲルマニウムラジオって何、という方もいらっしゃるかもしれませんが、これ以上簡単にはできないという極めて原始的なラジオで、キャッチした電波のエネルギーで直接イヤホンを鳴らすというもの。電池不要でラジオが聴けるのですが、恐ろしく感度が低く実用性は?なので、科学教材用のキットは別として完成品では市販されていません。キットとしては科学教材社のこれなんかが有名ですが、大きなアンテナをつけないと受信できません。

 で、なぜ久喜なのかというと・・・久喜には国内最大の送信電力を誇るNHKのラジオ送信所があるのです。そのパワーは第1放送300kW、第2放送500kW。これだけ強力な電波が出ているのであれば、ゲルマニウムラジオでもガンガン聴けるだろうということで。

 今回持参したのは、ゲルマニウムラジオとしては高感度が期待できるループアンテナ型。使った部品(材料)は、ポリウレタン線(1.4ミリ径)20m/ポリバリコンン(270pF)/ゲルマニウムダイオード/クリスタルイヤホンの4つだけ。材料費は全部で1500円ぐらいかな。20mのポリウレタン線を直径30センチぐらいでぐるぐる巻いて、同調コイル兼ループアンテナとしています。実はこのラジオ、今から25年ぐらい前の「初歩のラジオ」という月刊誌に載っていた製作記事を再現したものです。その記事では電波の強いところなら外部アンテナなしで受信できるということだったのですが、我が家では送信所から遠いので蚊の泣くような音しか出ません。

 さて、久喜駅に降り立ってチューニングしてみると。おおっ、NHKが大きく聞こえてくるじゃないですか!第1も第2もはっきりくっきり、音が歪むぐらいです。イヤホンを耳に挿したまま久喜総合文化会館まで歩きましたが、ずっと実用的に聴けました。やはりループアンテナと出力300kWは伊達ではなかったです。ということで、久喜周辺ではNHKなら電池なしでラジオが十分聴けることが実証できました(笑)

 ただ、見た目がねえ・・・。ケースには収めなかったので、ぐるぐる巻きにした電線が怪しげな雰囲気を醸しだしてましてね。会場で会ったある尾崎亜美ファンからは「絶対職質される」と言われてしまいました。ま、かばんの中に入れたままの実験だったので、そういうことはなかったのですが。

 ディスカウントショップに行けば1000円ぐらいでスピーカーの鳴る実用的なポケットラジオが手に入るこのご時世に、何で1500円も掛けて原始的なゲルマニウムラジオを作るのか・・・というご意見もあるでしょうが、そこはまあ趣味の世界ですから。それに、原始的なもので少しでも良く聴こえるようにしていくというのはある種のロマンがあるんですよね。ちょうど、人力でどこまで飛べるかを競う毎年恒例の「鳥人間コンテスト」のようなものだと思っていただければよいかと思います。

 ちなみにこのゲルマニウムラジオをできるだけ日用品で作ってしまおうということにまじめに取り組んでいる高専の研究室があります。100円ショップの傘がラジオに変身!コイルが大きいだけに高感度が期待できそうです。

東京高専 小池・阿津研による傘ラジオホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

尾崎亜美+加藤和彦 in 久喜

 昨夜は、第二本館のお便り広場にも告知をいただいた久喜総合文化会館のコンサート「尾崎亜美meets加藤和彦」に行ってきました。亜美さんのコンサートは今月2回目。
 久喜駅からは歩いて15分ほどと、やや離れてはいますがホールは立派で良かったです。椅子も割りとゆったりしていましたし。それに今回は2列目の比較的中央寄りが取れたので近いこと近いこと。6日の鎌倉歐林洞も2列目でしたけど、亜美さんとは反対側の右側に座ったので今回のほうが感覚的にはより近かったです。

 今回のサポートメンバーは、いつもの小原礼さん、是永巧一さんに加えてキーボードで矢嶋マキさんが参加。さらに加藤和彦さんが共演ということで、8月のディナーライブ(東京・赤坂)のような感じになるのかなと想像していたのですが、曲目は秋冬仕様に衣替えがあったり追加曲があったりして楽しめました。季節の移ろいに合わせて曲目が変わっていくのもライブの楽しみの一つで、これだからライブ通いは楽しいしやめられません。そんな中、このところ毎回歌われているのが「シーソー」。小野真弓さんへの提供曲ですが、かなりのお気に入りのようです。これからも、きっと候補曲のなかに残っていくのでしょうね。残念ながら河合奈保子さんへの提供曲は残っていないようですが(苦笑)。まあ最近のコンサート構成だと、ファンタジックな曲は入れにくいのも事実ですが。。。
 加藤和彦さんは第3次ミカバンドの新曲でコンサートでは一度やったきりという「in deep hurt」を披露。貴重なものを聴けました。他に「帰ってきたヨッパライ」のボサノババージョンを、その出来た経緯も合わせて披露してましたがウケてましたね。

 今回嬉しかったのは客席の反応が良かったことで、終盤の「天使のウィンク」「Prism Train」では場内が“まばら立ち”に。普段は立っても私だけ、みたいなことも多いので、久しぶりにお仲間がいて嬉しかったです。さらにアンコールでは加藤和彦さんも交えてミカバンドの定番「タイムマシンにお願い」をやりましたが、亜美さんが煽ったこともあってどどっと立ち上がり、たぶん総立ち状態。かなり前だったので後ろのほうは良くわからないのですけどね。みなさん楽しまれているようで良かったです。私も楽しかった~。

 そうそう、「グルメ天国」を歌うときには地元のおいしい名物を織り込むのが定番ですが、今回は結構苦労したみたいです。いちおう、客席との掛け合いの結果「クキクッキー」「そば」「梨」に落ち着きましたが、そばには「ちょっと微妙」という注釈が入ることに(笑)。個人的には、久喜といえばNHKラジオ菖蒲久喜放送所なんですけどね・・・もちろん食べられませんが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

さて、どこで予約しましょうか

 河合奈保子さんのオリジナルアルバムBOX「NAOKO PREMIUM」の発売情報が出て1週間たちましたが、各大手販売店サイトの予約受付状況を紹介してみます。

 まずはメーカー直系、コロムビアファミリークラブですが、こちらは以前紹介したように特設サイトを設け、オリジナル特典もつけて誘惑(笑)してます。ただし送料サービスとはいえ定価販売(税込39800円)。

 当初から比較的情報が多かったタワーレコードは、定価販売ながらWポイントサービスで予約受付中。石丸電気の通販サイト・レフィーノも定価販売ですが、17%ポイント付与は大きいです。

 と思ったら即値引きの店もありまして、HMVでは10%引きの35820円かつダブルポイントで予約受付中。今回のBOXにはDVDが含まれているので再販制度の対象外らしく、新商品でもこんなことができるのですね。それにしても同時購入商品の筆頭に、同日発売の岩崎宏美さんのライブCDBOXが入っているとは!これも定価25200円の高額商品なんですが・・。
 そしてさらに上を行くのがamazonで、こちらは15%引きの33830円に加えて5%ポイント付与で予約受付中となってます。即金での割引率の高さにひかれたのか、高額商品にもかかわらずamazon売上ランキングが昨日あたりから300位~500位ぐらいのところに位置してます!ただ、何故か「河合奈保子」でサーチしても「NAOKO PREMIUM」がヒットしないのは親切ではありませんね。

 そうかと思えば新星堂なんか予約すら取らないわけで、まあ各店の販売方針なんでしょうが面白いですね。

 さてみなさんはどちらで予約なさいますか。特典を取るか、割引を取るか悩ましいですねえ。私ですか?本当は通販ではなく、店頭で買いたいんですよね。買い物をしている実感が沸くのが好きだし、単身住まいだと通販は受け取りが案外難しい・・・絶対的に家にいる時間が少ないので(笑)。でも、今回は「JEWEL BOX2」発売時のような店頭特典(告知ポスターや生写真を先着で、みたいな)はなさそうな感じだし、予約しないと予約特典のオリジナルカラオケコレクションが手に入らないし・・・。ということで、通販も含めて早めに予約先を決めなきゃなとは思っているのですが、ただいま思案中です。

※上記記事は2007年10月26日時点の情報です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

亜美さんライブ情報

 前記事のとおり河合奈保子さんのオリジナルアルバムBOX「NAOKO PREMIUM」発売決定に沸いている当店ですが、ここで第二本館で推している尾崎亜美さんのライブ情報を。今年は昨年の「三重マル」発売に合わせたツアーこそないものの、ライブ活動そのものは活発で嬉しい限りです。第二本館では案内済みなのですが、最近はブログだけ検索を掛ける人も多いようなので、こちらでも書いておきます。

 まず直近では、今週末にライブがあります。

 2007年10月28日(日) 久喜総合文化会館(埼玉県)
 「尾崎亜美meets加藤和彦」

 これはタイトルのとおり加藤和彦さんとのジョイントです。8月のディナーライブのような感じになるのかな、なんて思ってます。

 そのあともまだまだありますよ。

 2007年11月15日(木) 桃源文化会館(山梨県)
 「LIVE in 南アルプス」

 2007年11月24日(土) 渋谷C.C.Lemonホール(東京都)
 「渋谷フォークジャンボリー あの素晴らしい歌をもういちど」

 2007年12月22日(土) 中野サンプラザ(東京都)
 「江原啓之チャリティーコンサート」

 2008年1月20日(日) 東京国際フォーラム(東京都)
 「Vintage」

 2008年2月11日(月) 宝山ホール(鹿児島県)
 「NATURAL Songs ~うたを歌おう!みどりをふやそう!~」

 上記は残念ながらソロコンサートではなくて、すべてジョイントまたはゲストなのですが、この機会に他の歌手も合わせて聴いてみるのも幅が広がってまたよろしいかと。ちなみに江原さんのコンサートはチケットぴあとイープラスではもう売り切れてますね。注目は来年2月の鹿児島でしょうか。こちら方面でのライブ出演はなかなか無いですし、共演も豪華ですよ。詳しくは第二本館TearoomAmiiをご覧ください。ライブ情報はわかり次第随時追加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

「NAOKO PREMIUM」発売 コロムビアから発表

 前回の記事でお伝えしたとおり既に販売店サイトから情報が出ていた河合奈保子さんのオリジナルアルバムをコンプリートしたCD-BOX「NAOKO PUREMIUM」の発売について、コロムビアミュージックエンターテインメントのサイトでも16日に発表されました。
 これに伴って、従来の「JEWEL BOX 2」特設ページが「NAOKO PREMIUM」特設サイトにリニューアルされています。(うーん、あのページ自体は残して欲しかったのだが・・・シングルディスコグラフィーとか掲載されてたからねえ)

 特設サイトのリンクをここに書きたいところですが、建前上はコロムビアへの届出が必要とされているので、アドレスを記入しておきます。
 http://columbia.jp/kawai/
 面倒な方は、当店本館のリンクページから飛べます。
 (上記ページからのリンクはコロムビアへ届出済)

 この特設サイトによって、収録内容がある程度具体的になってきました。詳しくはコロムビアで確認していただきたいのですが、高橋伸明さんとのコラボレーション「SKY NATIVE」まで収録されるとは思わなかった・・(ただし前半のNAO&NOBの部分だけ)。その他ボーナストラックも用意されるようですが曲目までは発表されていません。ライブ盤は残念ながら入ってないですね。なお、収録内容についても「10月16日時点」という但し書きが付いてますので、発売までに調整が入る可能性もあるのでしょう。

 このサイトを見て嬉しかったのは、発売にあたっての口上です。

『河合奈保子本人は2006年から一部の音楽活動を再開しており、このタイミングでオリジナルアルバムBOXをリリースすることで"アーチスト河合奈保子"の音楽活動の軌跡をまとめ、彼女の持つ才能の再評価につなげていきたいと思います。』
(NAOKO PREMIUM特設サイトより)

 そうですよ、「河合奈保子はアーティスト」ですもん。そして、今の奈保子さんの活動にもつなげていきたいですよね。さらにこのBOXが営業的に成功すれば、音楽活動の軸のひとつであり大きな魅力であるライブ活動・・・つまり今回入らなかったライブ盤の再発にもつながっていくのではないかと個人的に期待しています。ですから、少々特典の内容が手持ちのCDとダブったとしても、まずは予約をして実績を積み上げることが今後のためにも大切なのではないかと思っているのですが、如何でしょう。

 なお、コロムビアファミリークラブでも特設サイトを開設しており(ここはリンクについて条件ないようです)、予約とメルマガ会員を募っています。ここで予約をするとさらに特典があるそうなので要注目ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

奈保子さんのオリジナルアルバムついに復刻

 本館トップページでも既報の通り、河合奈保子さんのオリジナルアルバムが紙ジャケット仕様のBOXセットとして復刻されるという一報が入ってきました。本日現在、コロムビアからの情報はありませんが、複数の販売店サイトで情報が出ています。

 「NAOKO PREMIUM」 CD22枚組+特典DVD1枚
 39,800円 2007年12月19日発売予定

 いやあ、とにかく嬉しい!奈保子さんのオリジナルアルバムは全て廃盤で、あーる盤という代替措置はあったものの後追いファンとしては正直淋しかったです。それに、あーる盤の対象になっていないアルバムもありますし、そういうアルバムの中古CDは高騰していますし。。。
 最近、岩崎宏美さんを初めとしたオリジナルアルバム復刻の動きを横目で見て、「奈保子さんでもできないかなあ。でも編集盤の“JEWEL BOX2”やあーる盤との兼ね合いもあるし難しいだろうなあ」なんて思っていたのですが。。。それが実現するなんて本当に嬉しいっ!

 ただし、今のところ詳細な情報がありません。比較的詳しいのはタワーレコードの情報ですが、「収録内容は変更になる場合がある」と注釈が付いてます。おそらく細部を詰めている段階なのだと思いますが。。。

 早く詳細が知りたいですね。そして12月が待ち遠しいです♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

丸一日ライブ三昧

 10月6日は尾崎亜美さんのライブに出かけたことは前回書きましたが、連休最後だった10月8日は、またまた祝日開催だったライブイベント「懐かしのアイドルソングの巻」へ。場所は毎度お馴染み東京・四谷のライブインマジック。

 今回の懐アイは、これまで見たものとちょっと雰囲気が違いましたね。ゲストにもも子さんと鈴木まりえさんを迎えての進行でしたが、そちらのファンの方が大挙していらっしゃったようで、やたら場内のテンションが高い(笑)。いつもは割とまったりとした感じの雰囲気なんですけどねえ。このゲストのお二人は歌もビジュアルもなかなかだったんですが、MCが長くて・・・。ゲストの割には随分時間が長かったので、遠距離参加組としては終演時間が気が気でなかったです(苦笑)。
 今回の個人的なツボは、主宰のいまのまいさんがプロデュースする丹羽晶子さん。「幾千の涙を贈りたい(山口由子)」を歌ったのですが、これが尾崎亜美さんの作品。といっても作詞は夏目純さんなんですけどね。正直この歌がくるとは思わなかった。。。私は亜美さんのセルフカバー(POINTS-3に収録)でしか知りませんが、歌詞が外部の手によるだけにいつもとちょっと違う雰囲気で、第一印象では亜美さんとはわからないような感じです。
 レギュラー陣では、竹田眞弓さんの企画力に拍手。「Fight!(杉本理恵)」 「ファイト!!(森高千里)」「Fight!([高橋由美子)」とファイト3連発(笑)。なるほどねー。
 そしてまいさんの歌唱は相変わらず冴えてます。このライブに機会あれば行っているのは、今やまいさんの歌唱を聴きたいからといっても過言ではありません。どんな歌もこの人にかかるとかっこよく聞こえますからねえ。「嵐の素顔」なんて惚れ惚れします。
 今回も公式ブログに曲目が出ていますので参考に。次回は平日開催なので、残念ながらたぶん無理。

 さて、懐アイは夜のライブでしたが、昼は昼で、東京・錦糸町駅前へ。以前紹介した「神園さやか駅前ライブ」を再び偵察してきました。雨だったのですがしっかりコアなファンが集結してましたね。私は例によって遠くから聴いていました。曲目はこんな感じ。
1回目
 素敵なラブリーボーイ(林寛子)/ロマンス(岩崎宏美)/迷い道(渡辺真知子)/青春の坂道(岡田奈々)/初恋(オリジナル)
2回目
 木綿のハンカチーフ(太田裕美)/芽ばえ(麻丘めぐみ)/ミカンが実る頃(藍美代子)/なごり雪(イルカ)/初恋(オリジナル)
3回目
 異邦人(久保田早紀)/かもめが翔んだ日(渡辺真知子)/いい日旅立ち(山口百恵)/みずいろの手紙(あべ静江)/初恋(オリジナル)

 いやー、ものの見事にカバー曲は70年代で統一されてます。前は80年代とかも歌ってたんですけどねー。そのときどきでも違うようですが。。。
 みずいろの手紙は初めて歌ったらしく、いい調子で歌ってたのに2番のサビ手前で歌詞が飛んで演奏中止。もう一度やりなおしたのですが、今度は1番でつまづいて結局次の曲へ行ってしまいました(苦笑)。歌唱自体は良かったんですよね。なんというか、ああいう正統派歌謡曲を歌うとはまる感じです。こんどはぜひ歌詞飛びなしで。
 さてこんなことを綴っていると、ついに神園さんの追っかけも始めたのか?と思われそうですが・・・。実は公式サイトのBBSを覗いてみたら、別の駅前ライブで「けんかをやめて」を歌ったという書き込みがありましてね。ついに奈保子さんのカバーを始めたか、と思って偵察に出向いたのでした。残念ながら今回は空振りでしたが。また機会があればレポートしてみたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

“スペシャル”なライブ

 きのう10月6日は、鎌倉歐林洞プレゼンツ「尾崎亜美“Special”」を観てきました。亜美さんのライブは先週の結城に続いて2週連続。個人的には“お祭り状態”です。
 歐林洞ギャラリーサロンでの亜美さんのライブは2005年に初めて行ったのですが、とってもよかったので「またあったら行きたいなあ」と思ってました。2年越しで念願が叶いました(^^)

 この会場は洋菓子店併設のギャラリー、つまりホールというよりも「部屋」なんですが、その小ささゆえにとてもアットホームな感じなんですよね。冒頭、亜美さんが「きょうは自分の家でコンサートのつもりで・・・あ、こんな立派じゃないけど(笑)」なんて言ってましたが、まさにそんな感じ。舞台なんてものはなくて完全フラットですし、ぎりぎりいっぱいに椅子を詰めているので亜美さん、ギターの是永巧一さん、ベースの小原礼さんともにとっても近い!ただ、その反面段差がないことから少し後ろの席だともう顔が見えなくなってしまうということも・・・。私は前回とほぼ同じ右側2列目に座ったのですが、舞台左にいた亜美さんは斜めに視界が開けてキーボード、ピアノどちらに着席中でも顔が見えたのものの、礼さんと是永さんは前の人にブロックされて殆ど姿が見えず・・・。この会場は位置取りが難しいです。

 きのうの曲目進行は先週の結城がベースになっているのかな、と思わせる展開でしたがそこは亜美さん、スペシャルの名が付いているだけあって、めったにやらない曲やビートルズのカバーなども織り交ぜてくれて、嬉しい楽しいライブでした。今回はどちらかというとしっかり聴かせる曲が多く、2005年のように立って歌い踊る、ということはなかったけど、後半は「グルメ天国」「天使のウィンク」「Prism Train」と元気ソングの連打で大いに盛り上がりましたねー。本当ならスタンディングしたい気分だったんですが、会場が狭くて床がフラットなのでそこは自粛(笑)。

 そうそう、ここのお楽しみのひとつは、1部と2部の間の休憩でおいしい菓子と飲み物が提供されること。紅茶もあったのですがすかさず赤ワインを手に取った私・・・2部はちょっといい気分で聴いていましたが、これまたライブハウスみたいで個人的には好きです。あ、礼さんも結構飲んでたみたいですが(笑)
 そんなこんなで、正味120分で20曲の素敵な音楽と素敵なワイン(笑)ですっかりいい気分になりました。またやって欲しいな。期待してます!
(あ、今夜の追加公演は?というツッコミは無しということで・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

めぐり来る10月5日

 10月5日・・・。この日がめぐってくるたび書こうか書くまいか考えてしまうのですが、1981年、河合奈保子さんのNHKホール転落事故があった日ですね。昨年はスルーしたのですが、2005年はこんなものを書きました。
 10月5日といえば

 このとき、事故当時のことを記事にしていた夕刊フジBLOGにトラックバックしたのですが、今でも時折トラックバック先の記事からこちらにお越しくださっている方がいらっしゃいます。ということは、夕刊フジのその記事は今でも読まれているというわけですね。もう2年も前のことなんですが・・・。何かのきっかけで思い出した方が検索でたどり着いているのでしょうか。

 大変な事故ではありましたが、その後元気に復帰しての大活躍はご承知のとおり。そして今でもミニマムな活動ながら音楽を紡ぎだし「nahoko音」として発表してくれていることを嬉しく思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »