« 亜美さんライブ情報続々 | トップページ | Cプロもすごいぞ!猫森集会 »

2007年9月17日 (月)

猫森集会Aプロはすごかった!

 今年も谷山浩子さんのシリーズ物ライブ「猫森集会」(東京・新宿/スペースゼロ)の季節がやってまいりました。(猫森集会が何なのか、と言う方は2005年2006年の記事を参考にどうぞ)
 で、手始めに昨夜はそのAプログラム(2日目)へ。
 今年のプログラムが発表になったとき、AからDまで見渡して目が釘付けになったのがこのAプロでした。だってサブタイトルが“由貴ちゃんとにんじんポテト”・・・つまりゲストが斉藤由貴さん!近年、由貴さんがライブに出てるという話は聞かないので、これは由貴さんのファンも巻き込んで売切必至だろうと考え、台風をものともせず発売時刻にチケットぴあの窓口へ出向いて切符を取ったのでした。果たしてぴあ扱い分の切符は即日完売、満員御礼につき当日券もなしという盛況ぶり。

 浩子さんもその辺はわかっていて、冒頭のトークで「きょうはチケットの売れ方からして斉藤由貴さんが目当ての方も多いと思いますが、前半は我慢してください(笑)。でもいい曲なので聴いてくださいね」などと話していました。猫森集会で呼ぶゲストは基本的に楽器演奏とかコーラスで参加する形なのですが、由貴さんは歌う人。したがって、谷山浩子コンサートでありながら後半は「斉藤由貴まつり」(浩子さん談)状態。ジョイントコンサートのような趣となりました。

<曲目>
(オープニング)
 放課後  ←これから発売のアルバムから
(知らない人のために代表的なところから)
 まっくら森の歌
 テルーの唄
(最近の谷山浩子はこれだ)
 空の駅
 パラソル天動説
 よその子
(プレ斉藤由貴まつり)
 プラハリアン ←由貴さん作詞曲
 情熱
=ここから由貴さんを迎えて=
(代表的な提供曲)
 MAY *
 土曜日のタマネギ *
(さらに提供曲)
 ブルーサブマリン *
(浩子さんの曲を歌う)
 悪魔の絵本の歌 *
 そっくり人形展覧会 *
(由貴さんの朗読に続いて)
 アトカタモナイノ国
(浩子さんの曲を2人で)
 SEAGULL **
(エンディング)
 ドッペル玄関 **

(アンコール)
 恋するニワトリ **

 無印:浩子さん歌唱 *印:由貴さん歌唱 **印:二人で

 いやあ、由貴さんは思いのほか濃かった。提供曲でない浩子さんの曲も歌ってますが、由貴さんの選曲だそうで。「悪魔の絵本の歌」「そっくり人形展覧会」の選択には浩子さんも驚いたそうですが、それに対して「私、浩子さんのコアなファンですから!」とさらりと言ってのけたり、「SEAGULL」を歌った後に「20年来の夢が叶った」と言ってみたり。さらにエンディングの「ドッペル玄関」も由貴さんの選曲!これは筋金入りの浩子さんのファンなんだなあと思った次第です。
 由貴さんの歌唱は、声は少々細いですが役者さんらしい表現力のある歌い方で、あれこんなに上手かったっけ(失礼)と認識を新たにしました。そして、どの曲も持ち歌のように違和感がない!確かに、浩子さんと由貴さんって似てるところありますよね。ソプラノというかファルセット領域というか・・透明感のある歌声だし、何とももいえないふわふあ感があったりとか。浩子さんの提供曲を岩男潤子さんと並んで一番多く歌ったのが由貴さんだそうですが、なるほどという感じです。
 逆もまた真なりで、浩子さんが歌った由貴さんの歌も違和感が無かったです。「情熱」はオールナイトニッポンの最終回でも歌ったほど大好きと話していましたね。

 しかーし、歌以上にすごかったのが二人のトーク。
 まず由貴さんが登場する時点でただならぬものを感じました。浩子さんが呼び込もうとしたまさにそのとき、まだ名前も呼んでないのにトコトコと由貴さんが出てきて場内大爆笑。浩子さんが「昨日やったじゃない!きょうのゲスト・斉藤由貴さんです、どうぞっ、っていってから出てくるもんでしょ?」と言ったら、由貴さん素っ気無く「そういうの面白い?」ですって(笑)。これに対しては浩子さん「けんかを売ってるの?」
 その後も“いったい仲が良いんだか悪いんだか”といった趣の爆裂トークを展開。予定調和一切なしの掛け合いに客席は笑いっぱなしでした。由貴さんが気風がいいというか、男らしいというか(汗)、結構ストレートな物言いで、浩子さんよりもお姉さんに見えましたです(笑)。そして、お二人ともかなり「素の状態」に近かったような気がします。それを由貴さんは「きょうの私は卵の黄身に近いほう。白身とか殻の外じゃなくて」と表現してましたが。こういう雰囲気にさせるのは、お互いの仲のよさもあるでしょうが、「猫森集会」という特別な空間のなせる業という気がします。

 でも大ボケもありましてね。きょうはお互いに影響されて相乗効果が出ているということを、由貴さんが「2+2ではなくて2×2」と表現したため場内大爆笑。ところが由貴さんは場内が沸いている意味がわからずポカンとしていて・・・。浩子さんとお客さんの掛け合いで「2+2=2×2」であることにようやく気づいて、その場に暫くうづくまってました(笑)。
 もっとも浩子さんも負けてません。その直後「ふつう2から始める?1からじゃない」と言って墓穴を掘ってました。ちょっとして「あっ、減ってる・・・」みたいな(笑)。

 そんなこんなでお互いに似たもの同士で話が発展して止まらず、トークが行き詰まってようやく「じゃ、歌にいきましょうか」みたいな感じの進行。その結果、全17曲なのに公演時間は何と2時間40分!歌よりトークが長いというステージになりました(笑)。でもきっとみなさん満足だったと思います。アンコールが終わって客電がついた後も拍手が止まず、といって時間も押しているのでもう一度お二人で短く挨拶をしてお開きとなりました。
 ああ楽しかった。何が起こるかわからない猫森集会、やっぱり素敵です。

【追記】
参加された方のブログをご紹介。

谷山浩子 猫森集会2007 Aプログラム~ぼやろぐ
的確にまとめられた感想に思わずうなずいてしまいます。

猫森集会 Aプロ <由貴ちゃんとにんじんポテト> 2日目~物語の記録
トークをかなり詳細に再現してます!読み返して笑ってしまった・・・。

 今回、由貴さんのファンが感想を発信していないか捜してみたのですが、ちょっと見当たりませんでした。由貴さんのファンはどう思ったのかな。。。

【さらに追記】
由貴さんがステージで歌うのは12年ぶりだったそうです(東宝芸能のHPより)

|

« 亜美さんライブ情報続々 | トップページ | Cプロもすごいぞ!猫森集会 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

谷山浩子」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

うわっ、行きたかったですねぇ・・・
谷山さんと斉藤さんは、本当にベスト・マッチングです。07年のこの時期に、その2人。いや、この時期だから実現できたのか・・・。ああ。

投稿: あかね | 2007年9月18日 (火) 01:03

■あかねさん
いらっしゃいませ。
この時期に・・・そうですね。コンサートパンフによると、今年は浩子さんがデビュー35周年ということで、縁の深かった方からゲストを選びたかったとのことです。
由貴さんはあっさりOKしたそうですが「ゲスト」という言葉から2曲ぐらい歌って引っ込めばいいと思ってたみたいで、打ち合わせしてみて「聞いてないよ~」と思ったとか(笑)。
この公演は来て良かったです。おすそ分けしたいぐらい・・・。

投稿: MARU | 2007年9月20日 (木) 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/16473738

この記事へのトラックバック一覧です: 猫森集会Aプロはすごかった!:

» [concert]猫森集会 Aプロ <由貴ちゃんとにんじんポテト> 2日目 [物語の記録]
1日目でスゴイとか言ってた自分を正座させて小一時間問い詰めたい。 猫森集会すごすぎます。浩子さんも言ってましたが、気分はもう最終回です。 以下ネタバレレポート、1日目を超える長文です。 まずは浩子さんとAQ!さんが出てきて1曲 ♪放課後 最初の挨拶の後、コーラスじ... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 14:24

» 谷山浩子 猫森集会2007 Aプログラム [ぼやろぐ]
Aプログラム<由貴ちゃんとにんじんポテト> 行ってきた! ■浩子さん・石井AQさ [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 00:42

« 亜美さんライブ情報続々 | トップページ | Cプロもすごいぞ!猫森集会 »