« ヒロシマ新聞 | トップページ | 今日は一日「なつかしのアイドル」三昧 »

2007年8月 8日 (水)

初めてのディナーライブ

 きのう8月7日夜は、東京・グランドプリンスホテル赤坂(旧・赤坂プリンスホテル)へ。尾崎亜美さんのディナーライブを見てきました。
 ホテルでのディナーライブ(ディナーショー)なんて私は今まで行ったことがなくて、このライブを知ったときどうしようかと迷ったのですが、まあこういう機会でもなければ行くこともないだろうし、一度は話の種にでも行ってみるか、ということで切符を申し込んだのでした。

 まずはディナータイム。前菜には「マイピュアレディ」、冷製スープには「蒼夜曲」とおなじみの曲の名前がついてました。メインはローストビーフでしたが、いずれも美味しかったです。ドリンクには「マイ・ピュア・レディ」と名づけられたスペシャルカクテルがあったのですが、料理の名前とかぶってるじゃん(笑)。美味しい料理を食べて、お酒を飲んでいい気分になったところでライブがスタート。
 なにせ未経験なのでちょっとドキドキだったのですが、何と30年以上の芸歴をもつ亜美さんも実はホテルでのショーは初めてなんだそうで・・・。なんだお互い初めてどうしじゃん(笑)。ということでだいぶ気持ちが楽になりました。と言うことで、亜美さんはいつもと変わらぬ元気で楽しいステージを展開。場内も最初からバンバン声掛けがあったり手拍子も大きかったりといい雰囲気です。ちょっといつものホールコンサートと違うかな、と思ったのは、事前の曲紹介が丁寧だったことかな。
 選曲は、特別ゲストが加藤和彦さんだったこともあって先週のザ・シルクデーのサウンドフォーラム第1部に近い構成ながらサプライズな選曲もあってとても楽しめました。まさか竹内まりやさんの「不思議なピーチパイ」が来るとは。。加藤さんの作曲だったんですね。それと「帰ってきたヨッパライ」のボサノババージョン。美濃加茂「ほたるコンサート」でちょろっと披露されたとき、フルコーラス聴いてみたいと思ったのですが、早くもここで聴けるとは。
 そんなこんなで終盤はおなじみ「天使のウィンク」-「プリズムトレイン」の流れで盛り上がり、亜美さんも跳ねていたのでついつい私も立ってしまいました。後ろの方すいません。。。
 あ、そうそう久々に矢嶋マキさんがKBとコーラスで参加されてました。ちょっと嬉しかったので声掛け実行(笑)。なんといっても河合奈保子さんの名盤「さよなら物語」のアレンジャーですからね。
 約90分、楽しくて贅沢なひとときでした。お財布のほうも贅沢だったんですが、まあシルクデーが無料だったので良しとしましょう(笑)。

※会場には野田幹子さんもいらっしゃったそうです。気がつかなかった~
尾崎亜美さんディナー・ライヴへ。 ~野田幹子の香音な日記

|

« ヒロシマ新聞 | トップページ | 今日は一日「なつかしのアイドル」三昧 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/16052934

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのディナーライブ:

« ヒロシマ新聞 | トップページ | 今日は一日「なつかしのアイドル」三昧 »