« 今日は一日「なつかしのアイドル」三昧 | トップページ | またまた「懐かしのアイドルソングの巻」 »

2007年8月17日 (金)

五山送り火

 きのう8月16日、京都では伝統行事の「五山送り火」でしたね。放送協会がテレビ中継をしていたので、ご覧になった方も多かったかと思います。全五山の模様を中継、しかも点火場所からのレポートもあったりして興味深かったです。大文字の中心に大師堂があるなんて知らなかった・・・。

 私も送り火は現地で3度、見たことがあります。加茂川の出町橋付近から大文字と船形を見たのが1回。北山通りから妙法を見たのが1回。そして嵐山渡月橋付近から鳥居形を見たのが1回。近寄ってではありませんが、妙法を見たときに左大文字も見えたので、いちおう全五山の送り火を生で見ていることになります。現地で見たときの感想は、思った以上にあっという間というものでした。大文字の場合、20時に点火しますが最初は火の勢いがちょろちょろで、きれいな大の字になっていません。数分後、くっきり大の字が浮かび上がってきます。火の勢いがあるのは10数分で、その後少しずつ火勢が弱くなり、細々としたした大の字に。そしてぽつぽつと、静かに消えてゆきます。その間約30分でしょうか。夏の夜空に浮かぶ炎の字は、本当につかの間のもので、とくに焼け残りの大を見ていると「無常観」というものがひしひしと感じられるのでした。

 送り火は、河原や路地で見るならもちろん観覧無料ですが、送り火の伝統を守っている地元の方は大変な労力を払っているわけで、私のような観光者でも護摩木くらいは奉納しておきたいですね。その護摩木が送り火の火床となって燃えるのです。今さらこんなこと書いても、もう終わっちゃってるのですが。

 余談ですが、京都では一般的に、送り火のことを「大文字焼き」と言ったりしません。NGワードですから注意しましょう(笑)。五山送り火、または単に送り火というのが普通です。しかし、これだと地元以外にはアピールできないのか、ニュースや行事案内などでは「大文字五山送り火」と表記していることが多いです。

 送り火が終わると、地蔵盆。路地に子供の声が響くのでしょうね。夏の終わりが、少しずつ近づいてきます。この連日の猛暑では、なかなか実感できないでしょうが(笑)。

|

« 今日は一日「なつかしのアイドル」三昧 | トップページ | またまた「懐かしのアイドルソングの巻」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/16150189

この記事へのトラックバック一覧です: 五山送り火:

« 今日は一日「なつかしのアイドル」三昧 | トップページ | またまた「懐かしのアイドルソングの巻」 »