« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

都電荒川線の誘客施策は・・・

 ラッパのライブを見に行くついで、というか抱き合わせで、前日に久々に都電荒川線をぶらり旅としゃれこんでみました。というのも、乗客誘致のために施設の整備が行われたということを聞きましたので。

 まずは荒川車庫へ。ここに「都電おもいで広場」というのが出来てました。簡単にいうと、懐かしい引退車両の展示場で、ベンチなども置いてあってちょっと休むこともできます。
Omoide_square 展示されているのは戦後鳴り物入りで登場した高性能車5500型と、比較的近年まで動いていた7500型旧バージョン車。5500型は、クルマに押されつつあった米国で路面電車の社長会が「クルマに負けない車両を」ということで開発したPCCカーの技術を輸入して作られたもので、ハンドレバーではなく自動車のような足踏みペダルにより加速減速を操作するようになってました。しかし運転士には在来車と運転操作が異なるために不評だったようで、のちに在来車と同じように改造されてしまったということです。5501
今回、車内に入ってみたら運転席まわりは復元されていましたが、座席などは取り払われていてがらんどうになっていたのには驚きました。どうやら写真ギャラリーとしての役目を持っているようで、懐かしい写真などが飾られていました。
 7500型旧バージョン車は実際に乗った人も多いのではないかと思います。濃い黄色にブルーの帯は長い間荒川線の定番でした。内部も現役当時とほとんど変わっておらず、私も懐かしかったのですが、さっそく車内掲示物を盗んだ不届き者がいたようで残念。あと、行き先表示に「荒川車庫前」と表示しておきながら、系統番号は「9」を出しているのはつじつまが合わないですね(27又は32でしょう)。
 この広場、土休日しか中に入れないそうですが、柵の外から眺めることは出来ます。行ったときは子供連れでそれなりににぎわってました。

 続いて三ノ輪橋へ移動。途中、熊野前では建設中の新交通システム「日暮里・舎人ライナー」の構造物が見えました。町屋駅前で乗客が結構入れ替わり、終点の三ノ輪橋に到着。
Minowabashi_1 ここは「昭和30年代をイメージして停留場をリニューアルした」とのことなのですが・・・、降りてみると、うーん、確かに。木造っぽく見せた柵や塀など、確かに懐かしい感じになっています。そして驚いたのが、懐かしの停留場のサインポールまで復元されていたこと。これですよねえ、やっぱり都電の停留場というと。Minowabashi_2
塀にはホーロー看板の複製品や、写真では写ってませんが古い映画のポスターなんかもあったりして、「三丁目の夕日」の世界がある、といってもいいかもしれませんね。

 さて三ノ輪橋というと気になる存在が停留場近くの日光街道沿いに建つ「梅沢写真会館」ですが、健在でした。
Umezawa
もとは荒川線の前身「王子電気軌道」の本社ビルとして建てられており、アーケードをくぐって停留所へ向かうところが良い雰囲気なのですが、そのアーケードに面した商店街に閉鎖店舗が多いのが残念。近くの三ノ輪商店街は元気なんですけどね・・・。

 とまあ見てきましたが、なぜに今更昭和30年代なのか・・・。路面電車→レトロ,ノスタルジックという図式はもういい加減やめたほうがいいのではないだろうかと思うのですよね。先進国では路面電車を最新の交通機関としてのライトレールへ脱皮させつつるのですから。そして我が日本でも富山ライトレールが成功を収めつつある(初年度黒字!)わけです。「路面電車は時代遅れ」という、その“時代遅れの考え方”を払拭せねばならないのに、今回の交通局の施策は逆行しているのではないかなあ。まあ、そういう私も訪れているので、乗客誘致という点では一定の成果を挙げていることになるんですけどね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ラッパのライブ

 日ごろ尾崎亜美さん関連でお世話になったりブログに突っ込みいれさせてもらって(笑)いるハイファイパパさんや、先日ご紹介したてーさんちのプレハブ小屋でも案内されていたライブに行ってきました。
(実は別件と抱き合わせ)
その名も「昼間っからラッパがうるさくてごめんねライブ」というものですが、ZaboonとReSPECTという社会人バンドのジョイントライブで、お二人ともバンドメンバーなんですね。タイトルから判るとおり、どちらもブラスセクション主体のバンドです。

 場所は東京・飯田橋のSpace Withというところ。少し遅れて行ってみたら決して広くはないスペースとはいえ立ち見も出るほどの満員御礼状態。チャージなしということもあるのかもしれませんが(笑)、おじさん主体の社会人バンドでこれだけ人が集まるのはすごいなあと感心。

 前半はZaboonのステージ。このバンドは古今東西の?ブラスセクション主体の曲を演奏しているようです。耳馴染みの曲もいくつかありましたが、意外だったのは「シェヘラザード」。これ、思いっきりクラシックなんですけど。。。ちょうど5月の熱狂の日音楽祭で聴いていたんですよね。アラビアンナイトの世界の曲で、クラシックのなかでもちょっと異色の部類に入るのかもしれませんが、ブラスで編曲するとこんなにも違うのかと驚きました。ちなみに曲紹介のMCで「リムスキー=コルサコフって知ってます?」と振られましたが、いきなり言われてもさすがにピンときません(笑)。千夜一夜物語で・・・と来て、あっと思いましたけど。余談ついでに、MCで「こんなに長い曲は初めて」なんていってましたが、オーケストラ版では40分近い作品ですので、それに比べれば十分短いです(笑)

 後半はReSPECTのステージ。このバンドはスペクトラムという伝説の?バンドのコピーなんだそうで。ただ、私はスペクトラムについて全く造詣がないので、残念ながらそのすごさとか、コピーの出来栄えだとかは全くわかりません。途中、花いちもんめみたいなアクションがあったのですが、あれは何だったのだろう(笑)。Zaboonも結構盛り上がっていたのですが、どうやらスペクトラムのファンが多数詰め掛けていたようでいっそう盛り上がっていましたね。最後はアンコールまで出て、想定外だったようであたふたしていたのが微笑ましかったです。

 実は、両方のバンドとも以前、横浜・長者町のライブハウスで聴いたことがあります。そういえば、堀ちえみさんのコンサート「青春の忘れ物」の前日だったなあ。ReSPECTはそのときが初陣だったようですが、そのときよりも結構良かったような気がします。ギターもボーカルもちゃんと音が前に出てきてましたし・・・。って、もしかして音響機器のせい?

 ま、技術的なことは判らないのですが、こうして社会人バンドが楽しく演奏しているのを見るとうらやましいものがありますね。私、楽器はなにも出来ないですから・・・。何か弾けるとかっこいいよなあ・・・などと思いつつライブを見ていたのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

横須賀の行き帰りに

 16日のコッキーポップ・コンサートを観に横須賀へ出かけたことを前の記事で書きましたが、その行き帰りに京浜急行電鉄を使いました。これがなかなか好印象だったのでちょっと書いてみます。

 行きは品川からコンサート会場最寄の汐入まで、帰りは横須賀中央から品川まで、どちらも快特(快速特急)に乗ったのですが、椅子がきちんと進行方向を向いていて座り心地がとても良いのです!なんだ、そんなことかと思うかもしれませんが、長時間の乗車だと座り心地は結構重要です。北関東某所在住の私は、東京方面へ出るとなるとJR在来線を使うのですが、これに連結されているグリーン車の椅子よりも座り心地が良く感じます。JRのグリーンはそこそこの値段を取るので、料金不要の車両でこんなに座り心地が良いというのはポイント高いです。さすがにリクライニングはしませんけど。

 カーブの多い区間ではそんなにスピードは出ませんが、直線だと結構なスピードで突っ走ってくれてメリハリ感がありますね。JR東海道線と併走する横浜あたりのスピードが特に速く感じたのは気のせい?

 そして、京急のお家芸なんでしょうか、こまめに連結や切り離しを行っているのにはびっくりしました。品川から乗った三崎口行き快特の場合、8両で出発して川崎で羽田空港からの4両を後ろに連結。金沢文庫では、川崎で連結した後ろ4両が切り離され浦賀行きになり、もとの8両は終点の三崎口を目指す、といった具合です。こんな面倒なダイヤを組んでいるのにはなんらかの理由があるのでしょうが、たぶん細かいニーズに応えている結果なのかなあと想像します。

 短期ながら関西在住経験のある身としては、関東の鉄道のサービスレベルは(運賃を除いて)関西に比べていまいちと感じていたのですが、京急はなかなかがんばっているなあという印象です。他社もぜひ見習って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

コッキーポップ・コンサート in 横須賀

 6月16日は表題のコンサートを観に横須賀へと遠征してきました。このコンサート、谷山浩子さんの公演を探していて見つけたのですが、庄野真代さん、渡辺真知子さんとのジョイント、しかも司会は大石吾郎さんということで興味がわき切符を取ったという次第です。ただ気が付くのが遅かったので席はほぼ最後方。しかも行ってみたらPA卓の真後ろ(でもS席でした)というあまり芳しい環境ではなかったのはちょっと残念。ただ、会場の横須賀芸術劇場は割りとコンパクトなつくりで、なんとか表情が判別できるぐらいの距離感で収まってました。

 司会の大石さんが冒頭、コッキーポップとポプコンの解説をされていましたが、私自身はほとんどなじみがありませんでした。ラジオの番組の存在は知っていたのですが、確か放送は深夜0時台だったはずで、子供の時分としてはそれ以上起きていられませんでしたね(笑)。そんなわけで、私にとってはかなり新鮮なコンサートだったわけです。

 最初に登場したのは谷山浩子さん。いつもどおりの“落ち着きのない少女”といった風情でしたが、加えて衣装がまたいつになくかわいらしかったような。で、今年が35周年にあたるのだそうで、秋には記念盤とかデビュー盤の復刻も出るそうな。ちなみにご自身の“私設”HPでも触れていますが、浩子さんはデビューが3回ある(笑)そうで、35周年は最初のデビューから数えて、とのこと。

 続いて登場したのは増田俊郎さん。事前の出演リストには載ってなかったので、えっ!と思ったのですが、特別ゲストなんだそうで。。。私は存じ上げてませんでしたが、柳ジョージさん等への曲提供をされているそうです。2曲のみのステージでしたが、大石さんが司会で大プッシュしていたとおり声が綺麗な方です。トークでも随分笑わせていただきました。ここで予想外の展開になったのですが、なんと大石さんが増田さんとのセッションで1曲やったのです。歌うまいですね。

 お次は庄野真代さん。浩子さんに比べるとぐっと大人な感じです(笑)。ライブを聴くのは初めてですが歌唱が素晴らしいですね。庄野さんは学生時代から曲を作っていたそうですが、ポプコンの時期は譜面歌手(ボーカリスト)に徹していたそうで、デビュー後に自作がまた増えてきたという経過をたどっているとこのと。人に歴史あり、ってことでしょうか。

 最後を飾ったのは渡辺真知子さん。地元・横須賀出身ということで心なしか会場の反応も一段と良かったような。この方はパワフルですねー、と書きたいところですが、アコースティックに編曲されているものが多くて、パワーだけではない気品のようなものも感じましたね。1曲目のポプコン参加曲「オルゴールの恋唄」はピアノ弾き語りで。たぶんテレビでは弾き語りなんて見てないので貴重でした。真知子さんは今年が30周年ということで、既に記念盤が出ているということをプッシュしてました。また11月24日には同じ芸術劇場で「鴎30」というワンマンコンサートを開催するとのこと。

 3+1人のステージを見ていて、三者三様だなあと思ったのが選曲。
 浩子さんは最初に宣言した上で初期の曲ばかりをやり、最後に新作の「テルーの詩」を。いわばポプコンの時代にチューニングした感じです。しかも、谷山ワールドのなかでは比較的オーソドックスな曲ばかり(笑)。
 庄野さんは最初にヒット曲「飛んでイスタンブール」をやった後は全て最近の作品であり、現役感を重視した選曲。ちなみに「飛んで~」もアコースティックバージョンであり、聴きなじみのサウンドはなかったです。
 真知子さんは初期のヒット曲を中心にしてましたがアレンジはアコースティックバージョン。「かもめが翔んだ日」に至ってはリスボンのカモメをイメージしたとのことで、3拍子に編曲のうえ2コーラス目がポルトガル語というかなり斬新なものになってました。そして最後は新作の「それでもI love you」。わかりやすさを重視しつつも30年の変化を見せた選曲でした。
 こういったところにそれぞれの考え方が出ていて面白いですね。決してどれが正解というものでもないのですが。

 コンサートのほうは、司会者がきっちり進行を仕切る形だったのでアンコールとかはなし。せっかくの機会なので全員でのセッションとかあったらよかったのになあ、なんて思いました。ただ、フォークコンサートなら「あの素晴らしい愛をもう一度」みたいな全員参加の定番曲があるのですが、ポプコンをキーワードした場合そういった曲がないのかもしれませんね。
 でも総合的に楽しかったし、やっぱり実力派のライブをまとめてしっかり聴けたというのは良かったです。音楽っていいなと思えるひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

20年前の京都

 「てーさんちのプレハブ小屋」で京都ネタのやりとりをしていて「そうだよなあ、京都もこの20年で随分変わったところもあるよなあ」などとしみじみ思い出してしまいました。実はちょうど20年前、修学旅行で京都に行ったのが京都フリークになったきっかけでもあります。そこで思いつくままに20年前と変わったところを書き連ねてみます。

 旅行者にとって一番の変化は京都駅。今のような馬鹿でかい建物はなく昭和27年建設当時の、基本2階建て一部8階建ての駅舎が現役でした。2Fは京都駅観光デパートで、みやげ物だけでなく日用品の類まで売っていた記憶があります。烏丸口の大阪寄りには「銀の竹」という待ち合わせ場所がありました。→ウチのHPのアドレス等はここからとりました。

 京都市役所向かいの京都ホテルも高層建築に建て替える前。このホテルと先の京都駅ビルの60m高層化は仏教会も巻き込んで大論争になりましたが、結局はどちらも建ってしまい反対論はなんだか尻すぼみになってしまったような印象があります。一時期、清水寺などに「京都ホテル宿泊者の拝観お断り」なんて立て看板が出てましたが、どれだけ実効性があったのだろうか・・・。ホテルといえば、京都ホテルや都ホテルなど名門老舗ホテルがいつのまにか東京資本や外資の系列に入ったのは驚き。

 そして仏教会といえば、20年前は古都税紛争の真っ只中で、多くの観光寺院が拝観を停止中でした。その只中に修学旅行先として「京都3泊」を決めた我が母校のセンスはいまだに理解できませんが(笑)。生徒代表の旅行委員会がコースを組み立てたりしてましたが行けるお寺がものすごく少なかった・・・。そんな京都に嫌気がさして班行動では京都を離れ大阪を回ったりしたなあ。でも街のたたずまいとかは好きで、それが京都フリークになっていくきっかけだったんですけどね。

 その修学旅行で行ったときは、京阪電車が鴨川と琵琶湖疏水に挟まれた狭い土手の上を走っていて、三条が終点でした。確か旅行の直後に地下化されたはずで、当時三条駅は板張りだらけの仮駅状態だったような記憶があります。地下化の後に出町柳まで延長され、叡山電車と連絡して格段に便利になりましたね。
 三条からは浜大津までの京阪京津線が出ていて、三条通を2両連結の小さな電車が走っていましたが、10年前に地下鉄東西線の開通でその風景は消えました。そしてその地下鉄開通に合わせて、「東○」という系統番号を掲げた山科地区を走る市営バスが全て撤退、京阪バスに移管されたのでした。

 そういえば・・・1994年が建都1200年ということで祝祭ムードが高まりイベントなども行われた記憶がありますが、それとともに、ちょっと大げさに言えば都市改造が進んだということで、節目の年だったのかなと思います。京都駅、京都ホテル、地下鉄東西線などこの頃でしたもんね。
 京都は遺跡や模型などではなく、現役の大都市です。したがって、大都市としての必要な更新はしなければならないでしょう。しかし、その更新によって「どこにでもある地方都市のような姿」になっては京都の魅力がなくなってしまいます。難しい問題ですが、うまくバランスをとって欲しいなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

音楽は残る、とは言うものの

 ピアニスト,作・編曲家の羽田健太郎さんが亡くなって1週間が過ぎました。
 突然の報に驚いたのですが、なんだかまだ実感が沸きません。なにせほぼ毎週、司会をしていた日曜の朝日系「題名のない音楽会21」を見てましたからね。何の変わりもないように見えたのですが。

 きょうの「題名~」は羽田さんの追悼特集でした。山尾敦史さんの「山尾好奇堂」でも触れられていた、ミシェル・フルラン氏との共演の様子も放送されていましたが、「シュルブールの雨傘」をとても楽しそうに弾いていました。これも山尾好奇堂で触れられていた「ラプソディー・イン・ブルー」も。クラシックもジャズもいけるピアニストということで、駄洒落とともに親しみやすいキャラクターでした。「題名~」で青島広志さんと組んでいつだったかにやった、ジャズ講座は面白かったなあ、なんてことも思い出したり。
 別の角度からは、つのだ☆ひろさんが6月4日のNHK-FM「ミュージックプラザ第2部ポップス」でテレビドラマ「西部警察」のテーマ曲を流しつつ思い出を語っていたのが印象に残ります。スタジオミュージシャン仲間として親交があったそうですが、その語り口からはただただ残念という感情が溢れていました。

 その前の週にはZARDの坂井泉水さんの訃報もあって、そのとき「亡くなっても音楽は生き続ける」みたいな感想というかコメントを見聞きしたのですが、なんだかなあ。それはそれで正しいのだけれど、まだ若いのだからやっぱり元気でいて欲しいよね。

 「題名~」は来週も追悼特集だそうです。録画しておこう。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

尾崎亜美@ほたるコンサート

 というわけで、尾崎亜美さんが出演するということで以前告知していた6月2日のほたるコンサート2007(美濃加茂市)に行ってきました。
 実はこのコンサート、事実上クルマでしか会場にたどり着けないので当初は参加見送りの予定でした。ただ、素敵な企画なので、亜美さんへの応援と開催趣旨への賛同の意味を込めて、TearoomAmii名義で協賛をさせてもらったのです。それで終わりにするつもりだったのですが・・・前週の宮崎が出演時間が短く自分の中で燃焼しきれていなかったところに、協賛者用の招待券が届きまして・・・。もう抑えることが出来ずに行ってしまいました(笑)。
 ネックだった現地の交通はレンタカーを使用するという強硬手段に打って出て解決。

 会場は小学校の体育館。その床に座って観るのですが、ちゃんと座る部分にはじゅうたんが敷かれていました。何回も来ているであろう地元の方は用意が良くて、座布団持参でした。そういう私もエアクッション持参でしたが(笑)。客席は子供から御年を召した方まで幅広かったですが、主力は私と同じか少し上の世代かな。
 1部は小学生の劇で「ほたるの里」再生の取り組みを紹介。妙に大人びた台詞が入っていたりして大人にウケてました。
 そして2部が亜美さんのライブ。まず小学生の合唱団とのコラボで「ふるさと」。そのあとはいつものコンサートに近い進行でしたが、心持ちふだんよりも「一見さん」を意識してか曲紹介とか丁寧だったような気がします。前半ではやはりヒット曲「マイ・ピュア・レディー」の反応が良かったですね。「待っていてね」では亜美さんがレアなアコースティックギターを披露。なんでも生舞台では初めてだとか。そして後半、特別ゲストの加藤和彦さんが登場し、一段と場内が沸きます。その流れで「グルメ天国」「天使のウィンク」「Prism Train」と続いて手拍子で盛り上がりました。ラストは定番の「オリビアを聴きながら」。やっぱり拍手が大きいですね。

 アンコールでは再び加藤さんが呼び込まれて「タイムマシンにお願い」。ここで小学生から花束贈呈があったのですが、誰が誰に渡すという段取りを決めてなかったのか、4人ともなかなか前に出ようとしなかったのが微笑ましかったです。そして最後の最後はホールコンサートでは絶対外さない「蒼夜曲セレナーデ」。

 曲目は最近のコンサートでよく歌われているものから多く選ばれていて、蒼夜曲をやったことも含め「手加減してないなあ」(もちろん良い意味で!)と感じました。それについてきてくれたお客さんにファンとして感謝。でも「蒼夜曲をやります」といった途端に場内からまばらとはいえ拍手が出たということは、ファンもそこそこ潜んでいたということでしょうか(笑)。正味100分ぐらいだったと思いますが全17曲、大満足です。

 そんなこんなで、会場からして手作り感の強いコンサートでしたが、とってもあったかい感じで雰囲気も良かったです。そうそう、場内はあったかいというよりは暑くて(笑)、日がとっぷりと暮れてから体育館の窓が開放されたのですが、それに伴って蛙の合唱が聞こえてきたのも「ほたるコンサート」ならではなんでしょうね。のどかだー。また、去年の感想をチェックしていたら「子供の声がうるさかった」という声がありましたが、私の座った位置ではさほど気になりませんでした。

 いつもより少し気張って遠征した今回のコンサートでしたが、やっぱり行ってよかったです。素敵なパフォーマンスを見せてくれた亜美さん始め小原礼さん、是永巧一さん、加藤和彦さんに感謝。もちろん、亜美さんを呼んでいただいた事務局や当日走り回っていたスタッフのみなさんにも。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月 1日 (金)

祝!奈保子さん27周年

 きょう6月1日は河合奈保子さんのデビュー記念日。今年で満27周年ですね。おめでとうございます。
 昨年のピアノインストアルバム「nahoko 音」リリースにより、2006年4月26日が第2のデビュー記念日ともいえるわけですが、ここはやはり通算でお祝いしたいですね。
 昨年は、その12年ぶりの作品発表(しかもiTunesで!)と、その音源のCD化に沸いた1年でしたが、今年もなにか動きがあれば嬉しいですね。作品リリースに伴って明らかになったコメントや付属情報からは、あくまでも家庭を優先したマイペースの音楽活動をされてるようですので、ファンとしてもゆったりと見守りたいと思います。大好きな音楽を作り続けられますよう。

 今年は専用のお祝いメッセージ受付コーナーを特に設けませんでしたが、よろしければこちらのコメント欄に直接お書きください。ある程度まとまったら例年のような専用ページに移行しようと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »