« 奈保子さんCD店頭在庫の動き | トップページ | 成人の日と弓引き初め »

2007年1月10日 (水)

アキハバラデパートの閉店

 何をいまさら、の感ありありですが、昨年12月31日に秋葉原駅併設の「アキハバラデパート」が閉店してしまいました。最終営業日に立ち寄ったこともあり、ちょこっと思い出など。

 少年時代にラジオ工作に目覚めてしまった私にとって、秋葉原はどんな部品も揃う聖地であり、小遣いを貯めては買出しに出かけるということをしていました。ガード下を中心としたパーツ屋めぐりをしていたわけですが、当時は今のように飲食店が充実していませんでした。そんななか、アキハバラデーパートの1Fには今風に言えばフードコートがあり、うどんやお好み焼きが廉価で食べられる便利な存在でした。特にうどん屋は当時はまだめずらしかった「さぬきうどん」で、おいしかったことに驚いたものです。
 2Fや3Fには紳士服売場や日用品の売場があったのですが、少年時代には用がありませんでした。大人になってからも書店を利用したぐらいかな。デパートとはいうものの三越や松坂屋などのそれとはまるで違い、狭いスペースに店舗がひしめくといった印象のきわめて庶民的な売場でした。

 2F・3Fで買い物をしたことはほとんどないのですが、よく通り抜けで使っていました。というのも3Fには秋葉原駅の改札(デパート口)があったからです。Akihabara_dpt
つくばエキスプレス乗り入れに伴う改造工事前の秋葉原駅は電気街口改札へ通じる構内通路が狭く、土日ともなると押し寄せる客であふれ返ってなかなか先へ進めなかったものですが、そんなときこの「デパート口」は抜け道として重宝でした。総武線6番ホームから通じる階段室ではステンドグラスがいい味を出していました。
 そして店頭の「実演販売」も名物でした。私自身は買ったことはないのですが、流暢な口上についつい覗いてしまったものです。

Akihabara_dpt2 どこか垢抜けない感じのアキハバラデパートも、何年か前にはレストランの充実など大きく改装されて、このまましばらくは行くのかなあと思っていたのですが、なんだかあっけない幕切れでした。惜別ということで、閉店間際の写真を一枚。。。
 この後はどうするんでしょうね。取り壊すといっても、総武線のホーム下に一体化してますし・・・。できることならどこにでもあるものではなく、秋葉原の「匂い」が感じられるものになってほしいです。

|

« 奈保子さんCD店頭在庫の動き | トップページ | 成人の日と弓引き初め »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今の秋葉原・・・私が働いていた頃(約8年前)の風景と比べても隔世の感があります。
「デパート口」は便利でしたね♪
”アキバ初心者”は知らないので、混雑を避けたいときに利用していました。
懐かしいなあ~~~^^

投稿: hyakute | 2007年1月12日 (金) 01:22

ご無沙汰です。
アキバの記事、なつかしく、いろんなコト思い出しました。
あそこ、なくなったんですか!

大昔、私が高校生の頃、たまに行ってました。石○電気とかに“レコード!”買いにね^^;
その後も何度か…
そう、デパート、あそこは何かウロウロするだけでテンション上がりましたね。
電気の知識なんかまるで無かったんで、なんにも買わないんだけどネ^^;
そしてソバとか食べて帰って来てたっけ。

投稿: カズP | 2007年1月12日 (金) 07:56

■hyakuteさん
いらっしゃいませ。
隔世の感。そうですねえ、いまや秋葉原駅を降りるとまず目に付くのがメイドカフェ?の呼び込みですもんね。「ラジオ会館」もすっかりフィギュアに占領されてしまったし・・・。元ラジオ少年としては残念至極です(笑)

■カズPさん
お久しぶりです。
私も「レコード購入」デビューは、その石○電気です。
当時は買うときに「検盤されますか?」なんて聞かれたりしてね。
アキハバラデパートは閉店しましたが、「東京ラジオデパート」やガード下の部品店街(ラジオストア、ラジオセンター)が健在なのは嬉しい限りです。あれがないと秋葉原らしくありません(笑)

投稿: MARU | 2007年1月13日 (土) 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/13428554

この記事へのトラックバック一覧です: アキハバラデパートの閉店:

« 奈保子さんCD店頭在庫の動き | トップページ | 成人の日と弓引き初め »