« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

「nahoko音」CD発売2ヶ月を迎えて

 早いもので昨年11月28日に河合奈保子さんの新作ピアノインストアルバム「nahoko 音」のCD版が発売されて2ヶ月が経ちました。amazonを時々チェックしてますが、コンスタントに売れてますね。おおむね10000位以内、5000位前後を動いているときが多いようですが、時に1000位台に上がっていることもあってにんまりしてしまいます。。。そのamazonには、素敵なショートストーリーでバラードコンピ「Eternal Ballads」収録全曲を紹介いただいたひらりんさんが、これまた素敵なレビューを寄せてらっしゃいますね。今のところレビューはこれひとつだけですが、ここまで完成度の高いものが出てしまうと、正直後が続かないというものです(笑)。

 iTMS独占配信時代は紙媒体でのプロモーションが全くない中で、ネットのみで大きな話題となりダウンロードランキングでもトップ10入りするほどだったのですが、これほど話題になっているのにメディアがどこも取り上げてくれないことに歯がゆさも感じていました。しかし今回CD化されたことにより「CDジャーナル」誌が2007年1月号で注目盤として取り上げてくれたのは嬉しい限り。音楽配信が浸透しつつあるといっても、やっぱりCDの「重み」というのはあるなあと改めて思った次第です。もちろん、配信では手に入れられる環境になかった方でも聴けるようになったということがCD化の一番のメリットですね。実際にCDを手にして歓喜されたかたも多いことと思います。サプライズな“仕掛け”も含めてね♪

 インディーズレーベル(roots maker records)ということもあってか店頭では数えるほどしか見かけませんが、そんな中で山野楽器銀座本店でのジャケ面出しでの陳列は嬉しかったです。その素晴らしい扱いに個人的に「聖地」と呼んでいましたが(笑)、その銀座本店は1月25日から改装に伴う仮営業となっています。さて3月の新装開店時にはどうなりますか。

 今のところメディアや販売店への浸透度はまだまだなのは確かですが、ネットを中心に確実に広がっていることは間違いないですね。そして奈保子さんのもつ音楽性がさらに広く伝わったらと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

地味に更新中

 本館という存在がありながら、ついつい別館たるこの雑記帖だけでお茶を濁している場合が多いのですが、実は地味に更新しています。

 第1本館のTEAROOM☆NAOKOでは久々に「談話室」に話題追加。改めて見たら年間1本しか書いてなかったのね(^^;
 お決まりの「昨年を振り返って」という話ですが、もう昨年は河合奈保子さんの音楽活動再開というビッグニュースに尽きるわけで・・・。今年も何か嬉しい動きがあるといいですね。
 そういえば大晦日にNHK-FMで放送された「今日は一日みんなのうた三昧」にはちょっと期待していたのですが、残念ながら「雨のてん・てん」は流れず。まあ、全ての年を振り返って各年ともに3~5曲程度の紹介だったので狭き門には違いなかったのですが・・・。
 でもですね、「まっくら森のうた」「メトロポリタン美術館」は年代別紹介でも流れた上に18時からのリクエストタイムでもまた流れたりして、何でかなと思いましたよ。同じ曲を2回流すことないじゃん。少数派のひがみなのかもしれませんけど。

 第2本館Tearoom Amiiではトップページで尾崎亜美さんのスケジュールを随時追加中。5月の予定が結構でてきましたね。3月の名古屋ブルーノートのライブは良さそうなんだけど、お値段が少々・・・。
 直近の予定では何といっても2月8日の東京文化会館。これは昨年聴きましたがおススメです。まだ切符があるようですのでお時間のある方はぜひどうぞ。小ホールなので後ろのほうでも十分楽しめるはず。
 それから亜美さんの料理本の発売も2月なのですが、ちょっと情報が錯綜中。12月に聴いたコンサートのトークでは「2月15日発売」と言明していたのですが、ネット通販の情報では2月23日発売予定となっています。肝心の版元である講談社がHPで発表していないので、まだ確定情報とは受け取ってはいませんが。
 他にはカラオケ情報も更新してますが、提供曲全てをチェックしているわけではないので参考程度ということで。JOYSOUNDが結構がんばっていますね。

 というわけで、直接ここをご覧になっている方もいらっしゃると思いますが、どうぞ本館へもお越しくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

クラシック系カメラの楽しみ方

 随分前に、カメラのことも綴ってみようなどと思いつつほったらかしになってたりするのですが、「今日のひとネタ」のコメントで問題提起されたこともあって久々に。

 私はカメラマニアといえるほどではありませんが、それでもそこそこ中古(クラシック系)を買い集めているので、人よりは沢山フィルムカメラを持っています。

 で、「そんなに買い集めてどうするの?棚に並べてニンマリしているだけなの?」という疑問が沸いてくるかたもいらっしゃるわけです。確かに「写り」だけを考えたとき、よほどチープなカメラでなければ、サービス判ぐらいのプリントだと、そう見た目は変わらないものです。逆に言えば、かなり古いカメラであっても、現代のフィルムを詰めて撮影すれば遜色ない写真が撮れるということで、この辺がデジタルカメラとは違いますね。そこに、中古カメラを楽しむ要素がまずあると。

 そして、利用シーンの違いによっていくつかのカメラを使い分ける意義が出てきます。それほど気合が入っていない旅行ついでのスナップであれば小型軽量優先とか、紅葉なんかを背景ぼかして撮ろうとすれば一眼レフとか。あくまで自然な感じの撮影を楽しみたいときには、片目をつぶらすにフレーミングできる等倍ファインダー搭載機を使うとか。。。もちろん、使い分けないと撮影できないなんてことはないのですが、やはり適不適はあるものです。クルマでいえば、街中の足であれば軽自動車がいいけど、遠乗りするならやっぱり普通自動車、みたいなものです。ま、クルマは高価なので目的に応じて複数所有ということはまずないのですが。。。

 さらに、使い心地という視点もあります。仕事で使うのとは違い写真を撮っている過程も楽しみの一つなので、いかにも「撮影している」という操作感があるほうが個人的には好き。これに関連してですが、特に60年代あたりまでのカメラというのは進化の過程で様々な機構が考案されていて、結構特徴あるものが多いんですよね。そういうギミックの楽しみというのもあるわけで・・・。

 まあそんなわけで、趣味人としてはひとつの機種に絞り込んで使うというのがなかなか難しいわけですね。
 ちなみに私が良く使うカメラはこんな感じです。

 *旅行ついでの撮影(気軽)
  ペンEE(オリンパス),A110(ローライ)
 *旅行ついでの撮影(ちょっと気合入り)
  Rollei35(ローライ),RolleiB35(ローライ)
 *気合を入れた撮影(広角寄り)
  OM-10(オリンパス)
 *気合を入れた撮影(標準~望遠)
  ペンFT(オリンパス),ビトマチックIIa(フォクトレンダー)

 旅行ついでとしたものは全てピントが確認できないタイプ(つまり目測又は固定)ですが、結構ピントは当たるものです。さすがに近距離の撮影だと外しやすくて不向きなんですけどね。なので花を撮る予定があれば迷わずそれ以外のものにスイッチします。ペンFTはファインダーが若干暗いですが一番好きなカメラ。ペンシリーズはいわずと知れたハーフサイズなので、フィルムの量が半分で済むし一眼でもレンズが小さく軽いので長旅にはうってつけです。

 ちなみに私、ライカやコンタックスといった超高級カメラは手が出ませんし、ニコン、キヤノンといったプロ御用達みたいなカメラはゴツくて興味がありません。ということでもっぱら大衆機、そしてつくりの良さが味わえるものに惹かれます。まあ、ローライは本来大衆機ではないのでしょうが・・・中古だと大衆的ということで(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

12年

 毎年ワンパターンとは思いつつも、やはり1月17日はこれに触れないと。
 阪神淡路大震災から12年。干支(正確には十二支)が一回りしたことになります。今日の神戸はぐずついた天気だったようですね。しかし、各地で追悼行事が行われています。
 テレビの世界では半ば「歳時記」のひとつと化している雰囲気も感じられますが、震災が今もなお現在進行形であることは、神戸新聞社のサイトをご覧いただければわかりますので、ぜひこの機会に。よそ者の私に何が言えようかという思いもありますが、「あすはわが身」の思いをこめて。合わせて、新潟中越地震のことにも思いを馳せたいと思います。

 そう、平松愛理さんは今年も神戸で支援ライブ「KOBE MEETING」を行っています。この1年ライブ活動のなかった平松さんですが、この日だけはという思いがあるのでしょうね。やっぱり「美し都」を歌っているのかな。私は「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」を聴いてライブの代わりにしたいと思います。


【1/18追記】
 KOBE MEETINGをご覧になった方のブログをご紹介します。
 ■平松愛理1.17 KOBE MEETING 2007 ~Harpin' Essays
 ■平松愛理@神戸ファッション美術館オルビスホール ~のっちまだかな~?

やはり、「美し都」はアンコールで歌われていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

成人の日と弓引き初め

 今の成人の日は1月第2月曜日とされていて今年は8日でしたが、かつては明日15日に固定されていましたよね。今の制度は土曜も入れれば3連休というのが魅力ではありますが、ぐだぐだした正月3が日が明けて仕事なり学校なりが始まって、休みが欲しいなあというころに祝日が来たかつての制度も良かったと思うのですが。。。

 その「15日時代」の成人の日の年中行事といえば京都・三十三間堂で行われる「弓引き初め(ゆみひきはじめ)」が定番でありました。しかし、成人の日が“流浪の民”となった後は、15日に近い日曜日に行うようになっているようです。ということで、今年はきょう14日に執り行われます。私はテレビニュースでしか見たことありませんが、華やかそうでいいですよね。そういう場面しか撮ってないからかもしれませんが(笑)。

 この時期の京都は全国都道府県対抗女子駅伝も開催され、今年はこれもきょう14日開催。大きな行事が2つ重なっているわけです。ま、人出は駅伝のほうが多いのでしょうね。

 そうそう、「弓引き初め」のことを俗に「通し矢」と言ったりすることがありますがこれは大きな間違い。弓引き初めは通し矢にちなんだ行事ではありますが、江戸時代の通し矢とは三十三間堂の縁側の端から端までを一昼夜かけて何本射とおせるかを競ったもの。したがってお堂には当時の矢の傷が残っていたりするわけです。今じゃできませんねえ、こんなこと。現代の「弓引き初め」は、縁側ではなく境内で、距離も約半分に縮めてお上品に的を射ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

アキハバラデパートの閉店

 何をいまさら、の感ありありですが、昨年12月31日に秋葉原駅併設の「アキハバラデパート」が閉店してしまいました。最終営業日に立ち寄ったこともあり、ちょこっと思い出など。

 少年時代にラジオ工作に目覚めてしまった私にとって、秋葉原はどんな部品も揃う聖地であり、小遣いを貯めては買出しに出かけるということをしていました。ガード下を中心としたパーツ屋めぐりをしていたわけですが、当時は今のように飲食店が充実していませんでした。そんななか、アキハバラデーパートの1Fには今風に言えばフードコートがあり、うどんやお好み焼きが廉価で食べられる便利な存在でした。特にうどん屋は当時はまだめずらしかった「さぬきうどん」で、おいしかったことに驚いたものです。
 2Fや3Fには紳士服売場や日用品の売場があったのですが、少年時代には用がありませんでした。大人になってからも書店を利用したぐらいかな。デパートとはいうものの三越や松坂屋などのそれとはまるで違い、狭いスペースに店舗がひしめくといった印象のきわめて庶民的な売場でした。

 2F・3Fで買い物をしたことはほとんどないのですが、よく通り抜けで使っていました。というのも3Fには秋葉原駅の改札(デパート口)があったからです。Akihabara_dpt
つくばエキスプレス乗り入れに伴う改造工事前の秋葉原駅は電気街口改札へ通じる構内通路が狭く、土日ともなると押し寄せる客であふれ返ってなかなか先へ進めなかったものですが、そんなときこの「デパート口」は抜け道として重宝でした。総武線6番ホームから通じる階段室ではステンドグラスがいい味を出していました。
 そして店頭の「実演販売」も名物でした。私自身は買ったことはないのですが、流暢な口上についつい覗いてしまったものです。

Akihabara_dpt2 どこか垢抜けない感じのアキハバラデパートも、何年か前にはレストランの充実など大きく改装されて、このまましばらくは行くのかなあと思っていたのですが、なんだかあっけない幕切れでした。惜別ということで、閉店間際の写真を一枚。。。
 この後はどうするんでしょうね。取り壊すといっても、総武線のホーム下に一体化してますし・・・。できることならどこにでもあるものではなく、秋葉原の「匂い」が感じられるものになってほしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

奈保子さんCD店頭在庫の動き

 河合奈保子ファンとしては、CDショップの近くを通ると用事もないのに在庫状況が気になってしまい、ちょこっと覗いたりしているのですが、年末年始に東京で見かけたことをいくつか。

 まず、昨年12月発売の「しんぐるこれくしょん」は既報のとおり一時メーカー品切れ状態だったものの、追加プレスが入ったためか大きなCDショップでは高確率で見かけるようになってきました。品切れだった山野楽器銀座本店や石丸電気(秋葉原の3店)にもきちんと在庫してましたし、秋葉原のタワレコ、池袋の五番街、同HMVでも置いてました。東京だけでなく、地元(北関東某所)のHMVや新星堂でもありましたし。ちなみに石丸ソフト2では上段ジャケ面出しとなかなか扱いが良かったです。隣には先輩・榊原郁恵さんの「しんぐるこれくしょん」(1日発売)が仲良く並んでました(笑)。

 一方、昨年11月発売の「nahoko音」のほうは相変わらずといった感じ。でも驚いたことが二つありました。以前1枚見つけた秋葉原のタワレコには、年末時点でなんと2枚在庫。売れ行き見合いで追加注文しているのでしょうか?そして山野楽器銀座本店では、昨日7日の時点でついに品切れ。年末にはまだ最上段でジャケ面出しで在庫してたのですが・・・品切れは残念だけど確実に売れているってことで、それはそれで嬉しかったり。
 実は「nahoko音」については、とあるルートで「一部で入手困難」という情報が出ています。現在流通経路の拡大を進めているということですが、私の見る限り店頭で入手できなくても通信販売なら特に入手困難ということはないと思います。販売店によっては在庫ありで即発送してくれるようですので、すぐに聴きたいという方は活用してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

遅ればせながら・・・

 明けましておめでとうございます。里帰りから戻ってきて、当店もこれから平常営業に戻ります、って言っても何が平常営業なんだか(笑)。昨年の11月・12月はいろいろと話題があって、かなりの頻度でこちらに書いたりしていたんですが、まあ今年も話題の量に合わせてぼちぼちとマイペースで歩んでいきたいと思います。昨年のように嬉しいニュースが飛び込んできたらいいなあなとど思いつつ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »