« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

合歓フェスティバル2006

 10月29日は三重県の合歓の郷で行われた「合歓フェスティバル2006 Part2」を観てきました。開園40周年記念のイベントで、2週連続企画の2回目。だからPart2。
 出演は、ビリーバンバン、尾崎亜美、海援隊、イルカ、南こうせつ(出演順・敬称略)と豪華メンバー揃い踏み。私としては亜美さんが一番の目当てではあるのですが、もちろんその他の方も大変魅力的で、一度に生で見られるというものですから、ちょっと無理して遠征してきたという次第です。

 会場は合歓の郷の野外ホール。開場までは河合奈保子さんもバースデーコンサート前の合宿練習で使ったというミュージックキャンプの前の芝生広場で会場ブロック別に整列して待機。イルカさんいわく、これがまるでハイキングの集合のように見えたらしいです(笑)。12時に開場。会場には椅子がなく芝生に座り込むスタイルで、私もシートを広げて座ります。場内は満員。

 13時に開演。今回のまとめ役はこうせつさんで、最初から大いにのっています。まずは全員で「あの素晴らしい愛をもう一度」。ちょっと意外・・・これって割とフィナーレにやるパターンが多いような。そして出演者紹介が始まったのですが、さすが口達者な皆さんが揃っているだけに最初からトーク爆発!いきなり笑わしてくれます。トークによると、名古屋からのバスの道中もまるで遠足みたいだったようで。もちろん先生役は武田鉄矢さん(笑)。

 それぞれのステージは13時20分から。最初はビリーバンバンのお二人。歌はラジオなどで聴いたことがあるのですが、トークはおそらく初めて。こんなに面白い人だとは知りませんでした。「白いブランコ」「さよならをするために」などヒット曲ほか、新作という「春夏秋冬(はるなつあきふゆ)」など6曲を披露。

 お次は亜美さん。なんと今日のステージでは最年少だそうで。トークは控えめで、新作の「待っていてね」やちょっと懐かしい「マイ・ピュア・レディ」「天使のウインク」など全出演者中最多の7曲を披露。ちなみに持ち時間はみなさん舞台準備の時間も含めてきっちり40分ずつでしたので、トークの分量で曲数が違ってきます(逆か?)。締めは「オリビアを聴きながら」でしたが、『杏里に書いた歌で・・・』と言っただけでうなりのような歓声が聞こえてきたのにはびっくり。ソロコンサートではこういうノリはなかなか無いですもの。ノリといえば場内からは声援も結構飛んでいて、私も負けずに何回か声掛けを断行。2回ほど拾っていただけました。亜美さんありがとう!こういう場面で、『三重マル』ツアーのように立って歌い踊ってくれたらとも思うのですが、今日はキーボードの前に座りっぱなしでした。ちなみに配偶者(=小原礼さん)は『芝刈り』で欠席とのこと(笑)。

 3番手は海援隊のみなさん。「思えば遠くへ来たもんだ」など全出演者中最少の4曲のステージ(笑)。つまり武田鉄矢さんのトークにウェイトがあったわけです。鉄矢さんいわく、以前こうせつさんとジョイントしたときに、トークを控えて歌をメインでやったら、あとでこうせつさんからクレームが来たそうで。確かに鉄矢さんの話に会場は大爆笑で、私も笑わしてもらったのですが、一部ほかの歌手に対して攻撃的なネタもあったりして、その部分はちょっといただけないなあと感じたのでした。まあいろいろコンプレックスを抱いていることは良くわかりました(苦笑)。

 4番手はイルカさん。この人は声も姿も本当に変わらないですよねー。でも8歳の孫がいるれっきとしたおばばなんだそうで。「サラダの国から来た娘」「ラピスの丘で」など5曲を披露。『夏でも歌ってます』という「なごり雪」は1番を韓語で歌うスペシャルバージョンでした。イルカさんもトークが絶好調。「かわいいー」と後ろのほうから声が飛んできたら『そういうことはもっと大きな声で言いなさい』なんてすばやく反応したりして(笑)。

 そしてトリは南こうせつさん。場内にファンが多いようで一段と歓声が高くなります。最初に歌ったのが「たどりついたらいつも雨ふり」で、あれっ、これってこうせつさんの歌だっけ?と思ったら、よしだたくろうさんの歌と紹介してました(っていうかモップスへの提供曲だよね)。9月のつま恋コンサートつながりの選曲だったようです。『つま恋はやって良かったと思うけど抜け殻みたいになっちゃった』とは本人の弁。「うちのお父さん」で大いに盛り上がったり、「妹」「神田川」をしっとりやったりと、全5曲を披露。

 そして16時40分、ついにフィナーレへ。出演者全員で「遠い世界に」。もちろん、フォークコンサートでおなじみの歌詞誘導付きで場内も一緒に歌います。そしてこうせつさんが「これじゃ終われないよな」と。場内大いに盛り上がり、ちょうどぴったりの時間になってきたということで、夕日の差すなか「贈る言葉」を。さらにもう1曲ということで「今日の日はさようなら」を歌ってお終いとなりました。時刻は17時、当初予告されていた終演時間を30分ほど過ぎていました。実は公共交通で来ていた私、1時間に1本しかない路線バスの発車時刻(17:01)を過ぎてしまいどうしようかと思ったのですが、諦めモードで正面ゲートに向かったらちゃんと臨時便が待っていてくれました。助かったー。

 いやー、大満足でした。早めに切符を買って前のほうで見られたということも大きいのですが、やはりこれだけのアーティストを生で聴けて、トークも楽しくてなんとも贅沢な時間でした。ステージと場内が一体となって盛り上がって、このまま終わらずにオールナイトでやって欲しいなと思うぐらい。家にたどり着いたのが24時少し前になるほど遠方でしたが来てよかったです。素敵なパフォーマンスを見せてくれたすべての出演者の皆さん、まとめ役をしていただいたこうせつさん、素敵な企画をしていただいた合歓の郷の皆さんありがとうございました。

【11/4追記】
いろんな方がブログでレポされていますのでちょこっとご紹介。

合歓の郷 40周年記念コンサートパートII ~ととかか舟
 私と同じく亜美さん目当てだったそう。MC結構詳しく書いてます。

合歓の郷フェスティバル ~流れ星のしらべ
 こちらはこうせつさんのファンのようです。会場で目があったり指差されたりすると嬉しいですよね。曲名も詳しく書いてあるので参考に。なお亜美さんの1曲目は「Walking In The Rain」でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月26日 (木)

『nahoko 音』発売半年を迎えて

 長らく休業していた河合奈保子さんの12年ぶりの作品「nahoko音」が2006年4月26日にリリースされてから半年が過ぎました。能書きや感想は以前綴ったとおりですので割愛しますが(4月30日とか6月26日の記事参照)、嬉しいのは今もiTuneMusicStoreでは結構な売れ行きで、POP部門ではアルバムトップ100に入ることもしばしばということ。10月25日夜にチェックしてみたら「nahoko音/blue」が56位でした。アップル社のサイト以外にオフィシャルなプロモーションが無く、あとは当店のような私設奈保子ファンサイトやアップルユーザーによる情報発信ぐらいという状況のなかで大健闘していると思います。きっと作品の良さが口コミや草の根ネットで広まっているのではないかなあと想像します。
 歌声は聴けませんが、奈保子さんらしさが感じられる作品集になっていますので、現役当時の奈保子さんをご存知の方も、そうでないお若い方にも聴いていただければなあと思います。ダウンロード購入未経験の方も、これを機会にどうですか?購入手順は本館の私設案内ページでもご案内しておりますので、参考にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

奈保子さん「自作自演」デビュー20周年

 この記事を書いているのは22日なのですが、意図的に日付を巻き戻しています。その理由はタイトルにあるわけですが・・・。

 1986年10月21日は、河合奈保子さんの全作曲アルバム第1弾『スカーレット』が発売された日で、2006年はちょうど発売20周年なんですね。言い換えると、奈保子さんの自作自演歌手としての本格デビュー20周年ということになるわけです。おめでとうございます!

 もちろん奈保子さんは、これ以前にも「秘めやかなラヴ・ストーリー」(作曲)や「夢かさねて」(作詞・作曲)などを発表していますし、『スカーレット』収録の「ハーフムーン・セレナーデ」も、コンサートでは発売のかなり前から披露されていてファンの間で話題になっていたようです。ですから作曲活動は84年ごろからスタートしていたことになるのでしょうが、アルバムというまとまった形で作品を発表し世に問うたという点で、やはり記念すべき日なのだと思いますし、第2のデビューと言っても差し支えないのかなあと思います。

 『スカーレット』は完成度の高いアルバムで、今の時代に聴いてもそん色ない、というか今だからこそ聴いてほしいアルバムだなあと、先日も一通り聴いていて思ったのでした。CDは廃盤ですが、あーる盤で今でも容易に入手できるのが嬉しいですね。もちろん、オリジナルCDが復刻されればなお嬉しいのですが。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

「ジュエル・バラッズ」発売1周年

 早いもので、当店で推しております女性ボーカルのコンピ盤「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」が発売1周年を迎えました。ファンに人気の高い(世間的には隠れた)名曲、歌い継がれている名曲をセレクトしたこのCD、店頭ではなかなか見かけないながらもAmazonを中心にネット通販では好調な売れ行きを記録し、好評の声が続いています。当事者でも何でもない私ですが、発売前から縁あって推してきただけに感慨深いです。
 改めてこのCDを手にとってみると、様々なことが思い出されます。発売を初めて知ったときの、選曲に対する驚き。まだ詳細もわからないくせに勝手に応援サイトを立ち上げ、あちこちのサイトに発売を触れて回ったこと。発売前に全曲の試聴をしたときの、各楽曲のすばらしさに対する驚き。発売当日のAmazonの品切れと好順位発信。突然すぎた本田美奈子さんの訃報と当店へのアクセス急増、などなど。
 私自身は尾崎亜美さんの「蒼夜曲」が収録されることがきっかけで応援を始めたわけですが、このCDで数々の名曲にめぐり合うことができました。多くの方に手にとってもらい、聴いていただきたい名盤です。最近はAmazonなんかでは割引価格で購入できますので、ぜひどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

岩崎宏美「Dear Friends III」

 好評の岩崎宏美さんのカバーシリーズ第3弾「Dear Friends III」が2006年9月27日に発売されておりますが、遅ればせながら私も手に入れました。
 早速自宅のオーディオセット(ちなみにCDプレーヤー、プリアンプ、メインアンプは安価なキットを組み上げた球式です)にて聴いてみたのですが、これ良いですね。
 全体のトーンは、穏やかで包み込むような感じで統一されています。80年代のぐいぐいひっぱる感じのイメージを念頭に置いていると意外なほどあっさりしているかなという感じにも取れるのですが、なんというんでしょう、関西の食文化のように「薄味に見せて実はしっかり味がついている」といった趣でコクがあるんですよ。なので、どの曲を聴いても説得力ありますね。
 個人的には「どうぞこのまま」とか「元気を出して」が特に好みですね。「卒業写真」も妹の良美さんとのデュエットがすばらしいですが、2コーラス目の「ゆれる柳」のところで音が上に跳ねる荒井由実バージョンなのがちょっと残念。私はオリジナルのハイ・ファイ・セットのバージョンが好きなもんで(^^;
 「愛の賛歌」も本来なら絶唱してもいいような歌ですが(オリジナルのE.ピアフバージョンは最初から最後まで絶唱しているらしい・・・)流麗な歌唱になっていて「新解釈」みたいな感じで聞けます。
 そして最後には「つばさ」が収録されています。リクエストで圧倒的1位だったということで、おそらくは本田美奈子さんのファンが大挙投票されたのだと思いますが、ある意味でプレッシャーだったのではないかと思います。しかし、これも良い作品になっていますね。美奈子さんが奮い立たせるような感じなのに対して、宏美さんは抱きこむような感じ。歌詞からキーワードを拾えば「勇気」に対して「優しさ」。私はそんな風に感じました。美奈子さんへの想いも伝わってきてじんときます。演奏・アレンジも徹底して盛り上げるオリジナルよりはシンプルなので、santaroさんのようにどこか大仰な感じと思っている方にもいいかもしれません(微笑)。いずれにしても、こうして名曲が歌い継がれていくことは素敵なことだと思います。

 ということで、私がリクエストしていた「ハーフムーン・セレナーデ」は選外になりましたが、おすすめでございます。世間やCD店ではカバーアルバムというと徳永英明さんばかり目立つのですが、こちらもどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

いまのまい「十六夜物語」を歌う

 いやー、もうタイトルだけで用が済んでしまう勢いですが(笑)、それほどまでに私にとっては印象深い出来事となりました。

 2006年9月18日に「懐かしのアイドルソングの巻」というライブイベントを観てきたことは以前綴りました。で10月は昨10月9日の開催日がまたまた祝日ということで、三たび東京・四谷のライブインマジックに出かけたわけであります。
 このライブイベントの企画者でもあるいまのまいさんはいつものとおり最後に登場。数曲歌ったあとのMCで「6日が中秋の名月でしたよね」という振りがあって、私はこの時点で「あ、これは来るな」と。「お月様の曲を歌いたかったので・・・」と続いて曲紹介されたのが河合奈保子さんの「十六夜物語」でした。もう心の中では大盛り上がり(笑)。
 琴のイントロに続いての歌唱はすばらしく、そう、私はDVDでしか知りませんが読売ランドイーストでのバースデーライブを彷彿とさせるに足る、感情をこめた熱唱いや絶唱でした。燃え尽きるようなまいさんの歌唱に驚かれた来場者も多かったのではと推察します。
(実際、まいさんはこれでかなり消費してしまったらしく、その後のMCがメロメロになったりしたのですが・・・)

 私ね、これは画期的な出来事だと思うのですよ。だってこういうイベントでこの曲が歌われること自体が通常では考えられないですもの。私もスペシャル版を含めこのイベントは3回観たことになるのですが、基本的には手拍子できるような曲で占められているわけです。しっとり系の曲だとしても、それなりに手拍子があったりして。しかし、十六夜物語についてはまったく手拍子なしで皆さん聴き入るのみ。河合奈保子ファンでありながらこういうことを言うのも変ですが、明かに異質なのです。それを承知であえて選曲し披露してくれたまいさんに大拍手。たぶん、季節感重視のまいさんとしては、この時期こその曲だったのでしょう。
 まったく盛り上がれない曲ではありますが、終演後に「十六夜物語よかったですよ」なんてまいさんに声をかけてる来場者もいましたし、ああきちんと届いていたんだと思ったのでした。そしてこれを機に「河合奈保子はこういう曲も歌っていたんだ」ということが知ってもらえたとすれば嬉しいなあと。掘り起こして頂いたいまのまいさんに改めて感謝。

 で、今だから言いますと・・・「十六夜物語」が選曲候補になっていることは、実は先月の段階でわかっていました。「ハーフムーン・セレナーデ」とともに候補であるという話を終演後の雑談で聞いていました。他に「Harbour Light Memories」も候補だったようです。みんな月が出てくる歌ですね。記事の中では「どうやら来月も奈保子さんの曲を候補のひとつにしてるらしいです」としか書かなかったのですが。これは、あくまで予定の話ということもあるし、そもそも選曲情報を先出ししてしまうのは避けるべきだと思いましたので・・・どうぞご理解を頂きたいと思います。あ、来月の情報は全く持っていませんので念のため。その次回「懐かしのアイドルソングの巻」は11月6日だそうです。うーん、平日ですね・・・。

【2007.6.28追記】
 公式ブログによる当日のセットリストはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

三信ビルとニューワールドサービスの近況

 何だかんだとこのひと月ほど、東京方面へ行く機会が結構ありまして、日比谷近辺を通った際には解体の方針が決まっている名建築・三信ビルにも寄るようにしてました。そこで近況をちょっとご紹介しておきます。

 まず、8月から地階が閉鎖されたことまで以前の記事で綴りましたが、これに伴ってでしょう、1Fアーケードの閉鎖区域も西側区画に続いて中央エレベータホールに拡大、仕切り壁がエレベータホール東側に移動して、入館可能な範囲が1Fアーケード東側区画だけとなっています。ビル東端にあった階段室も壁で塞がれてしまい、壁から一部はみ出している階段の手すりが寂しさを倍加させます。地階の閉鎖で地下鉄連絡の役目も無くなり、本当にアーケード東側の喫茶店「ニューワールドサービス」だけのための建物になってしまいました。このため休日に加え土曜もビル閉館となっています。

 そのニューワールドサービスは10月6日現在、引き続き淡々と営業中。変わったことといえば、お店の前に出していた移動式の看板(ミニサイズのバス停のよう・・・)が、ビルのシャンテ側出入口すぐのところに移動しているぐらい・・・他にテナントがないですもんね。この日は大雨だったこともあってランチの時間帯でもそれほどぎゅうぎゅう詰めではなかったです。本日のスペシャル(いわゆるランチ)はロールキャベツホワイトクリームとキチンカツのセットでした。

 また、各所で既報のとおり9月からはビル1Fに設置されている地下鉄日比谷駅A11出入口が今年12月までの予定で閉鎖されています。名目は「解体準備のため」。

 今後の動向ですが、少なくとも10月7日現在、解体作業を伺わせるような足場の構築はありませんし、解体作業告知も掲示されていません。また1Fにはもともとトイレが無かったのですが、地階閉鎖に伴ってでしょう、今年3月までカメラ店「ノックスフォトサーヴィス」があった場所がトイレに改装されています。これらのことから、今すぐ解体という状況とは思えません。「ニューワールドサービスの従業員が12月までは営業すると話していた」なんて話がネットで散見さることとあわせて、年末ぐらいまでは現状のままなのかな。もっとも公式情報はないので確証は持てないのですが。

 また、閉鎖区域では何をやっているか、ですが、ビル側の告知では「現建物の記録資料の作成作業」となっています。すでに内装の撤去が始まっているのではという憶測もあるようですが、少なくとも9月4日の時点では、それはありませでした。実は、本当に偶然なのですが9月4日の昼、1Fアーケードの閉鎖区域へ入っていく係員が開けたドアから、内部を垣間見ることが出来たのです。ほんの10秒程度のことだと思いますが、1F通路中央に2Fまで届く大きなやぐら(足場?)が組まれてはいましたが、アーケードの内装はそのままでした。入っていく係員も背広姿であり工事作業員の風体ではありませんでした。建物や装飾の細部を記録しているのかな。

 まあ、いずれにしても三井さんの解体方針は変わっておらず、近い将来姿を消すことになるのでしょうが、ニューワールドサービス同様、淡々と動向を見ていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

11年越しの復興

 きょう10月4日、神戸の三ノ宮駅前に大型複合ビル「ミント神戸」がオープンしました。
 ミント神戸・・・正式名を神戸新聞会館ビルと言います。そしてこの場所にはかつて、阪神淡路大震災で被災し解体された旧・神戸新聞会館がありました。実に11年ぶりに復活したことになるのです。その当時、神戸に住んでいたわけではありませんが、三宮は以前に何度も通っただけに感慨深いものがあります。ようやく復興したのだと。

 震災前の新聞会館は、その名のとおり神戸新聞の本社が入っていたほか、映画館やレストランなどもあり市民に親しまれていたビルでした。北側の壁には富士山のタイル画があって、JRのホームからよく見えたものです。あの日、新聞会館は倒壊こそ免れたものの主柱が損傷してわずかに傾き、一部フロアが沈むなど全壊判定となるダメージを受けました。そして神戸新聞本社は紙面制作用のコンピュータシステムが壊滅してしまいます。しかし、神戸新聞はその日の夕刊も休むことなく発行されたのです。京都新聞との相互援助協定を発動、新聞会館で書いた記事を電話で京都に送り込み、京都新聞で制作した印刷フィルムを神戸市西区の製作センター(印刷工場)に運んで刷り上げたのでした。夕刊用記事に続いて翌日の朝刊の記事を送り込んでいる途中で、安全確保のため神戸新聞は神戸ハーバーランド近くに開設した臨時編集局に移ります。そして新聞会館は約1ヶ月後には解体作業に入り、以後ずっと空き地になっていました。

 今度の新しいビルには神戸新聞は入っていません。オフィスフロアもある複合ビルですが、シネコンやレストラン、ファッション、食料品などの商業施設が中心になるようです。ですから、厳密には新聞会館の復活ではないのかもしれません。しかし、震災当時すでに神戸新聞は神戸ハーバーランドに新社屋(神戸情報文化ビル)を建設中でしたから、仮に震災がなかったとしても、いずれは本社移転により今回のような再開発ビルが建っていたのかもしれません。ですから、感傷に浸ることなく新しい出発をお祝いしたいと思います。またひとつ、街に賑わいが増えることを祈って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

店内改装

 10月1日は衣替え、だからというわけではありませんが、当店第二本館 Tearoom Amii の店内を改装してみました。まあ、単にトップページのテキストの配置を変えてみただけ、なんですが。。。

 このページもこっそり開店してから2年、尾崎亜美ファン宣言をしたあと本格開店して1年半になりますが、もともとはコンサートレポを中心に私のメモ帳代わりに書き綴っていたページだったのです。ところが、だんだんとファンサイトとしての欲が出てきて(笑)、ライブ予定などリアルタイム系の情報を加えるようになり、ページのレイアウトに少々無理が出てきました。メニュー一覧も最新情報も、最初にページを開いたときにその存在が目に入るようにしたかったのです。で、結局ブログもどきのスタイルに変更しました。ただしフレームは使ってません。見た目だけということで・・・。
 フレームを使ってないのは、構築がめんどくさい(爆)ということもあるのですが、古い機種やWinCEハンドヘルド機のような環境でも無難に表示できるようシンプルにしたいという狙いがあります。世の大画面化の流れに抗して、いまだに幅640ドットで設計しているのもそのためです(笑)。まあ幅はこのご時世なので800でも良いかなとも思ってるのですが、私自身がいまもPalmTopPC110やシグマリオンIIIのユーザーなので。。。

 というわけで、中身は変わっていませんがこれからもどうぞよろしく。あ、第一本館のTEAROOM☆NAOKOは今のところ改装予定はありません。トピックスが極端に膨らむことはそんなにないでしょうから(微笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »