« 『nahoko 音』発売半年を迎えて | トップページ | あれから1年 »

2006年10月31日 (火)

合歓フェスティバル2006

 10月29日は三重県の合歓の郷で行われた「合歓フェスティバル2006 Part2」を観てきました。開園40周年記念のイベントで、2週連続企画の2回目。だからPart2。
 出演は、ビリーバンバン、尾崎亜美、海援隊、イルカ、南こうせつ(出演順・敬称略)と豪華メンバー揃い踏み。私としては亜美さんが一番の目当てではあるのですが、もちろんその他の方も大変魅力的で、一度に生で見られるというものですから、ちょっと無理して遠征してきたという次第です。

 会場は合歓の郷の野外ホール。開場までは河合奈保子さんもバースデーコンサート前の合宿練習で使ったというミュージックキャンプの前の芝生広場で会場ブロック別に整列して待機。イルカさんいわく、これがまるでハイキングの集合のように見えたらしいです(笑)。12時に開場。会場には椅子がなく芝生に座り込むスタイルで、私もシートを広げて座ります。場内は満員。

 13時に開演。今回のまとめ役はこうせつさんで、最初から大いにのっています。まずは全員で「あの素晴らしい愛をもう一度」。ちょっと意外・・・これって割とフィナーレにやるパターンが多いような。そして出演者紹介が始まったのですが、さすが口達者な皆さんが揃っているだけに最初からトーク爆発!いきなり笑わしてくれます。トークによると、名古屋からのバスの道中もまるで遠足みたいだったようで。もちろん先生役は武田鉄矢さん(笑)。

 それぞれのステージは13時20分から。最初はビリーバンバンのお二人。歌はラジオなどで聴いたことがあるのですが、トークはおそらく初めて。こんなに面白い人だとは知りませんでした。「白いブランコ」「さよならをするために」などヒット曲ほか、新作という「春夏秋冬(はるなつあきふゆ)」など6曲を披露。

 お次は亜美さん。なんと今日のステージでは最年少だそうで。トークは控えめで、新作の「待っていてね」やちょっと懐かしい「マイ・ピュア・レディ」「天使のウインク」など全出演者中最多の7曲を披露。ちなみに持ち時間はみなさん舞台準備の時間も含めてきっちり40分ずつでしたので、トークの分量で曲数が違ってきます(逆か?)。締めは「オリビアを聴きながら」でしたが、『杏里に書いた歌で・・・』と言っただけでうなりのような歓声が聞こえてきたのにはびっくり。ソロコンサートではこういうノリはなかなか無いですもの。ノリといえば場内からは声援も結構飛んでいて、私も負けずに何回か声掛けを断行。2回ほど拾っていただけました。亜美さんありがとう!こういう場面で、『三重マル』ツアーのように立って歌い踊ってくれたらとも思うのですが、今日はキーボードの前に座りっぱなしでした。ちなみに配偶者(=小原礼さん)は『芝刈り』で欠席とのこと(笑)。

 3番手は海援隊のみなさん。「思えば遠くへ来たもんだ」など全出演者中最少の4曲のステージ(笑)。つまり武田鉄矢さんのトークにウェイトがあったわけです。鉄矢さんいわく、以前こうせつさんとジョイントしたときに、トークを控えて歌をメインでやったら、あとでこうせつさんからクレームが来たそうで。確かに鉄矢さんの話に会場は大爆笑で、私も笑わしてもらったのですが、一部ほかの歌手に対して攻撃的なネタもあったりして、その部分はちょっといただけないなあと感じたのでした。まあいろいろコンプレックスを抱いていることは良くわかりました(苦笑)。

 4番手はイルカさん。この人は声も姿も本当に変わらないですよねー。でも8歳の孫がいるれっきとしたおばばなんだそうで。「サラダの国から来た娘」「ラピスの丘で」など5曲を披露。『夏でも歌ってます』という「なごり雪」は1番を韓語で歌うスペシャルバージョンでした。イルカさんもトークが絶好調。「かわいいー」と後ろのほうから声が飛んできたら『そういうことはもっと大きな声で言いなさい』なんてすばやく反応したりして(笑)。

 そしてトリは南こうせつさん。場内にファンが多いようで一段と歓声が高くなります。最初に歌ったのが「たどりついたらいつも雨ふり」で、あれっ、これってこうせつさんの歌だっけ?と思ったら、よしだたくろうさんの歌と紹介してました(っていうかモップスへの提供曲だよね)。9月のつま恋コンサートつながりの選曲だったようです。『つま恋はやって良かったと思うけど抜け殻みたいになっちゃった』とは本人の弁。「うちのお父さん」で大いに盛り上がったり、「妹」「神田川」をしっとりやったりと、全5曲を披露。

 そして16時40分、ついにフィナーレへ。出演者全員で「遠い世界に」。もちろん、フォークコンサートでおなじみの歌詞誘導付きで場内も一緒に歌います。そしてこうせつさんが「これじゃ終われないよな」と。場内大いに盛り上がり、ちょうどぴったりの時間になってきたということで、夕日の差すなか「贈る言葉」を。さらにもう1曲ということで「今日の日はさようなら」を歌ってお終いとなりました。時刻は17時、当初予告されていた終演時間を30分ほど過ぎていました。実は公共交通で来ていた私、1時間に1本しかない路線バスの発車時刻(17:01)を過ぎてしまいどうしようかと思ったのですが、諦めモードで正面ゲートに向かったらちゃんと臨時便が待っていてくれました。助かったー。

 いやー、大満足でした。早めに切符を買って前のほうで見られたということも大きいのですが、やはりこれだけのアーティストを生で聴けて、トークも楽しくてなんとも贅沢な時間でした。ステージと場内が一体となって盛り上がって、このまま終わらずにオールナイトでやって欲しいなと思うぐらい。家にたどり着いたのが24時少し前になるほど遠方でしたが来てよかったです。素敵なパフォーマンスを見せてくれたすべての出演者の皆さん、まとめ役をしていただいたこうせつさん、素敵な企画をしていただいた合歓の郷の皆さんありがとうございました。

【11/4追記】
いろんな方がブログでレポされていますのでちょこっとご紹介。

合歓の郷 40周年記念コンサートパートII ~ととかか舟
 私と同じく亜美さん目当てだったそう。MC結構詳しく書いてます。

合歓の郷フェスティバル ~流れ星のしらべ
 こちらはこうせつさんのファンのようです。会場で目があったり指差されたりすると嬉しいですよね。曲名も詳しく書いてあるので参考に。なお亜美さんの1曲目は「Walking In The Rain」でした。

|

« 『nahoko 音』発売半年を迎えて | トップページ | あれから1年 »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

なかなかいいものを見ましたね。スペシャルな編成は羨ましいです。それにしても、配偶者はミカバンドで忙しいのかと思ったら芝刈りですか。まぁ天気良かったですしね。

投稿: ハイファイパパ | 2006年10月31日 (火) 22:51

■ハイファイパパさん
まあ芝刈りで欠席というよりは、欠席なので芝刈りに行ったというのが本当なんでしょうね。基本的にはフォークコンサートなので、電気式のギターやペースは似合わないということだったのかも?お馴染みの是永さんもいませんでしたので。

投稿: MARU | 2006年11月 1日 (水) 23:01

トラバありがとうございました!とても楽しいコンサートでしたね♪

こうせつさんのゲストでよく亜美さんをおみかけしますが本当にかわいらしいからですね☆

投稿: ゆめきらっ☆ | 2006年11月 4日 (土) 20:33

■ゆめきらっ☆さん
お越しいただきありがとうございます。亜美さんはフォークっぽくない感じではあるのですが、ささいなジャンル分けを超えて幅広く共演されていて楽しいですね。しかしこうせつさんのハイテンションぶりには驚きました!盛り上げ上手ですね♪

投稿: MARU | 2006年11月 5日 (日) 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/12492412

この記事へのトラックバック一覧です: 合歓フェスティバル2006:

» 合歓の郷フェスティバル [流れ星のしらべ]
行ってきました♪ メイン司会はこうせつさん。出演者は他に海援隊、イルカさん、尾崎亜美さん、ビリーバンバン。 まずは全員揃って登場。開口一番「みなさん、お元気ですか?三本締めいきます!(三本締め)さよなら〜」とこうせつさんのテンションは高かった(笑) 「あの素晴らしい愛をもう一度」 出演者紹介。このとき、武田鉄矢さんが言うことには、全員で前の日、バスに乗ってやってきたのだが、その時のこうせつさんの一言「慰安会にしゅっぱ〜つ!」だったそうです(笑) まずはビリーバンバンのステージ。 「白いブ..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 20:29

« 『nahoko 音』発売半年を迎えて | トップページ | あれから1年 »