« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月26日 (月)

「nahoko 音」発売2ヶ月を迎えて

 長らく休業中だった河合奈保子さんが発表したピアノ作品集「nahoko 音」。早いもので発売から2ヶ月から経ちました。あまりに突然だったこと、iTunesMusicStoreでの限定発売だったこと、ピアノインストルメンタルで歌声がないことなど、驚きづくめの発表でありましたが、とにかく奈保子さんが音楽活動を再び再開しつつあることがわかったことが何より嬉しかったです。最初この情報に接したとき、夢かと思いましたもん、正直なところ。

 iTMS限定発売でプロモーションらしいプロモーションがない状況ではありましたが、iTunesのトップページにしばらく表示されたことや、アップルのメルマガを読んでブログ記事にしてくださったアップルユーザーが多数いらしたことでネットでは思った以上に個人レベルの情報発信が多数ありました。まさに草の根っていう感じがします。

 これを受けてiTMSでの販売もなかなか好調で、5月上旬には「bule」がアルバム総合トップ10入りしたのは記憶に新しいところ。さすがに現時点では総合トップ100には入っておりませんが、POP部門では依然トップ100に入っています。2作ともほぼ同じ順位に位置しているので、殆どの方が2作とも買われているんでしょうね。ネット上の反応やiTMSでのカスタマレビューも概して好評でこれも嬉しい限り。

 ただ、それでも発売中であることには気づきにくいですよね。当然こんな方もいらっしゃいます。

 河合奈保子さんの新作アルバム発見
   ~寝言は寝てから言えよ、少年

 今後もマスプロモーションが期待できない状況と思われるので、引き続き草の根で情報発信していくことが必要なんだなと改めて思いました。「nahoko 音」についてはこれからも折をみて触れていきたいと思います。

※本館の私設案内ページはこちら。よろしければ参考に。

【おことわり】タイトルを見て「nahoko音」じゃないの?という突っ込みが入りそうですが、これはココログの仕様で大文字または小文字のどちらかしか表示できないのです。現状、このブログでは大文字表示に設定していますのでこうなってしまいます。ご了承ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

亜美さん山陰ツアー

 尾崎亜美さんのデビュー30周年記念コンサート「三重マル」は4月25日の大阪で一区切りだったのですが、すでに第2本館で紹介しておりますとおり、来週は山陰方面で「三重マル」コンサートが続きます。

■2006年6月30日(金)19:00開演
 島根県江津市
 江津市総合市民センター
 前売3800円,当日4200円

■2006年7月1日(土)18:30開演
 島根県松江市美保関町
 メテオプラザ
 前売3800円,当日4200円

■2006年7月3日(月)19:00開演
 鳥取県日野郡江府町
 江府町山村開発センター
 前売3950円,当日4300円

 そういえば、2005年のコンサートツアーは、1月の浜松で開幕して、2月は鳥取県淀江町、同江府町、島根県雲南市と回り、3月の京阪神、東京で終了だったのでした。今年は大阪が終わって、なんかツアー終了みたいな気分でいたのですがちょっと油断してました(笑)。亜美さん山陰方面が好きなのかな?
 いずれの公演も切符取扱所が地元のみとなっており空席情報が不明なのですが、料金もお値打ちですしお近くのかたは是非どうぞ。聴き馴染みの懐かしい歌から最近作までてんこ盛りの楽しいコンサートになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

ネット世界における引用

 ネットの世界では「引用」が頻繁に行われておりますが、久々に引用って怖いなあと思う出来事がありました。

 当店リンクサイト「河合奈保子音楽夜話」では、奈保子さんがiTunesMusicStore限定で新作をリリースしたことに関して「新生nahokoがデビューした(再デビュー)と考えたい」という論を展開しておりますが、その流れの記事のなかで、そうした根拠の一つとして奈保子さんがJASRACと信託契約したことを挙げて、当店雑記帖の記事を引用していたのです。
 その記事の中では、当店記事の引用を次のように綴っています。

 『河合奈保子さんのこれまでの自作曲は一部を除き
 芸映音楽出版や日音といった
 著作権管理を代行をする出版者がJASRACに信託
 河合奈保子さんの新作はJASRACに著作権管理を信託
 (著作権管理を代行する)出版者は登録がありません
 既存の音楽業界に頼らずに新譜をリリースすることに
 なった結果、著作権管理も自らJASRACに信託した』

問題なのは最後の2行です。この部分、もともと私はこう書いていたのです。

既存の音楽業界に頼らずに新譜をリリースすることになった結果、著作権管理も自らJASRACに信託した、ということになるのでしょうか。あるいは音楽創作活動の本格再開への布石、なのかな。』

 私は「どうなのかな?」と疑問を投げかけているにすぎないのですが、音楽夜話で引用された文章を読むとあたかも私がそう断定したかのようになってしまっています。リンクと言う形で元記事を紹介していただいてはいるものの、引用部分があえて大文字で記述されていることも合わせて、ある種の作為を感じずにはおれないです。

 確かに、著作権法による引用の要件として「引用は必要最低限であること」とはなっていますが、あまりに削りすぎて意味が曲げられてしまうのでは本末転倒で「改変の禁止」にも抵触するものと思います。とてもとても、残念な引用でした。

 なお私の立場を説明しておきますと、再デビューという解釈自体については細かい根拠は別として大枠で異論ありません。この件については近いうちに、本館談話室で綴ってみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ファイト!遠距離リスナー

 この4月から始まったラジオ大阪「Music Cafeいいおとな」。以前紹介しましたように金曜日は尾崎亜美さんがパーソナリティですのでもちろん毎週聴いています。北関東での聴取ですが、今のところ特に問題なく聴けています。あ、先週16日はタイマーを仕掛けたラジオの置き場所をしくじってノイズだらけでしたが(苦笑)

 この番組、当初はポッドキャスティングを始めるという触れ込みでしたが、諸般の都合なのでしょうか、現在はその告知が消えています。ということで、番組を聴きたい方は直接大阪の電波をキャッチして聴きましょう。この遠距離受信というのはFM放送では不可能で、中波(AM)・短波ならではのもの。いわば醍醐味と言ってもいいと思うので、ぜひ関西以外の方にも受信にチャレンジしていただきたいと思います。ラジオ大阪は送信電力が大きく比較的簡単に受信できますので・・・。

 さて私もいっぱしの遠距離リスナーですが、さらに遠いリスナーの存在が確認できました。6月9日の週は関西地区では聴取率調査の時期ということで番組からはプレゼントがあったのですが、その当選者発表のなかに山形県のリスナーさんがいらっしゃったのです。こんな感じできっと全国で聴いている人がいるんだろうな、と思うと不思議な連帯感みたいなものが沸いてきます(笑)。混信やフェージングなど、リスナーでは回避できない現象と戦っている方もいらっしゃると思いますが、ファイト!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

三信ビルに大きな変化

 東京・日比谷の三信ビル内にある喫茶店「ニューワールドサービス」の状況をコメントで寄せてくださる猫が好き♪さんから最新のコメントを頂いたのですが驚きました。

 2006年6月14日現在、ついに2階、そして1階の西半分が立入禁止になっていたそうです。(1階東側の「ニューワールドサービス」は営業中)

 実は私、6月12日は会社の休みを取って東京に出ていたのですが、三信ビルにも寄ったのです。「ニューワールドサービス」のモーニングセットとランチを食べに・・・。そのときはまだ、1階と2階は普通に立ち入ることができました。トイレを借りる名目で2階にもあがって、「もしかしたら見納めになるのかなあ」などと考えながら、しばし吹き抜けのアーケードを見下ろしていたのですが・・・本当に見納めになってしまったとは。

 確かに、12日のときも様子がおかしいとは思っていました。元々間接照明のため明るくはなかったアーケードの照明が、一つおきに間引きされていてさらに薄暗くなっていました。そして驚いたのは館内の案内板がことごとく撤去されていたこと。まだ営業中の店もあるし地下鉄への連絡通路も健在なのに・・・。さらに1階から地下へ降りる階段にあった壁面のイラストも消えていました。3月に見たときとの変わりように、なんだか見ていて少し痛々しい感じさえしていたのですが・・・。

 ビル閉鎖の日が一日でも先へ延びて欲しいという想いの反面、できることなら華やかな雰囲気のまま引退させてあげたい、という想いもよぎって複雑です。

 ちなみに「ニューワールドサービス」は、閉鎖の方針が出たビルであることを忘れてしまうほど、淡々といつもどおりの営業を続けていました。私の後ろのお客さんが店員さんに『このビルはいつ解体されるんですか』と尋ねてましたが、店員さんもFAQなのでしょう、慣れた感じで答えてました。『そういうことは三井さんに聞いてもらわないと・・・。立ち退きなんですがウチは話がついてないんですよ』・・・今しばらくは営業続行のようですが、状況が状況だけに予断を許さないですね。

 その他の営業店舗は地下の書店と薬局のみになっていましたが、猫が好き♪さんによると書店は6月末で閉店とのこと。いよいよ淋しくなってきました。いつか来るであろう最後の日は・・・うーん、見たくないかもしれません。

★追記
 「ニューワールドサービス」は現時点で淡々と営業中ですが、予断を許さない情勢でありますので情報が集積できるよう『トラックバック・ピープル』を開設してみました。⇒こちら
 関連記事をお書きの際にご利用いただければ幸いです。

★さらに追記
 超小型カメラのミノックスでニューワールドサービスの写真を撮られてるブログをご紹介します。独特の粒子感がありながらも解像度は高いミノックスの画像がなんともいい雰囲気です。
 ニューワールドサービス ~ミノックスでスナップ!

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

結婚式で歌ってみたい

 きょうは久々にブログ検索で見つけた話題から。
 以前、結婚式のBGMという記事を綴ったのですが、こんなブログを見つけました。

 結婚式に歌ってみたいベスト100 ~for Wedding(JPOP)

 出来立てほやほやのブログのようです。この記事のなかで45位に河合奈保子さんの『Sky Park』が入っています。この曲はシングルではありませんがファンの間でトップクラスの人気を誇る名曲。ベスト100がどのようにして選ばれたものなのかは読み取れなかったのですが、数ある曲の中でこうして取り上げていただけるのは嬉しいですね。なかなかお目が高いです(笑)。

(追記)
 歌詞はこちら
 またコロムビアのHPでは試聴も可能です。
 (JEWEL BOX2のDisk1収録曲目から)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

祝!26周年

 今日は河合奈保子さんのデビュー(満)26周年の記念日です。奈保子さんおめでとうございます。

 25周年のときは節目にあわせて何かオフィシャルな動きが無いかなあと淡い期待をしつつも、でもやっぱり動きがないなあ・・・なんて思っていたらやってくれましたよね、4月になって突然(笑)。
 この日を、新作『nahoko 音』を聴きながら迎えることができたのはとても嬉しいです。マイペースでよいから、創作活動を続けていただければと思います。

 そう、今年もデビュー記念日むけのメッセージフォームを用意してみました。よろしければみなさんの思いをお寄せください。今年はキリの良い年ではないですけど、新作も出ましたしね。ある程度の数が集まりましたら専用ページを立ち上げてお祝いしたいと思います。

| | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »