« ラジオドラマ「大阪レジスタンス」を聴く | トップページ | そんなこともあるんですね »

2005年8月18日 (木)

見たかった番組に再会

 8/14の記事に放送ライブラリーでラジオドラマ「大阪レジスタンス」を聴いた話を綴りましたが、このとき私が大好きで見たかった番組に出会うことができました。
 NHKの「音楽・夢コレクション」(89年4月-91年3月)・・・1本だけ公開されてまして、見入ってしまいました。この番組は歌ありコントありの音楽バラエティーで、当時他局ではない構成でとても面白かったです。まあNHKなのでしゃれているというか上品さがあるところが、人によってはつまらなく感じるかもしれませんが。

 レギュラー出演者は、司会に由紀さおりさんと松尾貴史さん、歌手(兼コント)に島田歌穂さん、中島啓江さん、森久美子さんという布陣。ということで歌は本格派ですが、絵柄がなんともコミカル(笑)。オープニングでテーマソング(これが素晴らしい)を歌うのですが、島田さんが中島さん森さんを両脇に従えて歌う図がおかしかったです。

 番組の定番コーナーは、オープニング直後にゲストも含めた出演者全員でハンドベル演奏をする「ベル・コレクション」、音楽用語をネタにコントを展開する「ワードコレクション」など。テーブルマジックのコーナーもありましたね。もちろんメインは歌で、毎回ゲストやレギュラー陣が素敵な歌を披露してました。もちろんオープニングも含めバンド生演奏という今となっては贅沢なつくり。ヒット曲をスペシャルアレンジで歌ったり、ミュージカル系の歌が多かったですね。ゲストも実力派が中心で、公開されていたものはアルフィーの皆さんが出演してました。金曜夜10時という放送時間もあって、いかにも「大人が楽しむ音楽番組」という感じでしたね。

 番組が生放送だったことも特徴のひとつでした。当時、歌番組は生放送が珍しくありませんでしたが、しっかり作りこまれたバラエティーの生放送は珍しく、生放送のかもし出す何ともいえない緊張感がまた良かったのです。諸事情で後期は録画になりましたが、それでも極力生放送に近い雰囲気で進行してました。

 毎週楽しみに見ていたのですが夏場や年末年始は放送休止が多く本当に待ち遠しかったですね。放送は2年間で終わってしまいましたが印象深い番組でした。今回もライブラリーで見ていて、オープニングテーマ曲が自然に口パクできたり・・・。

 この番組が終了したあと、放送時間を日曜深夜に移して「夜にありがとう」という同系統の番組が始まります。以後、バラエティ色は抜きつつ「ときめき夢サウンド」、「音楽は恋人」、「青春のポップス」、「夢・音楽館」など、連綿と『大人の音楽番組』が受け継がれていき、今の「音楽夢くらぶ」に至っているわけですが、残念ながら「夢コレ」を上回るワクワク感が得られないです。ゲストが良かったら見てみようかな、っていう感じで。
 今となってはあんな贅沢な番組は作れないのかもしれませんが、もう一度再現してもらいた番組です。

|

« ラジオドラマ「大阪レジスタンス」を聴く | トップページ | そんなこともあるんですね »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「夜にありがとう」ってありましたね。私は亜美さんがゲストで出た一回分だけビデオで持ってます。なんかゆったりして不思議な空間という感じの番組でした。

投稿: ハイパパ | 2005年8月18日 (木) 21:43

■ハイパパさん
おや、「夢コレ」ではなく「夜にありがとう」への反応ですか・・・。NHKの夜の大人向け音楽番組は大体がゆったりした作りですね。「夢コレ」は適度なせわしなさとにぎやかさが良かったです。

投稿: MARU | 2005年8月19日 (金) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/5521427

この記事へのトラックバック一覧です: 見たかった番組に再会:

« ラジオドラマ「大阪レジスタンス」を聴く | トップページ | そんなこともあるんですね »