« 人波にもまれて・祇園祭2005 | トップページ | 神戸ポートピアランド »

2005年7月20日 (水)

国際色も豊かに・祇園祭2005

 というわけで昨日に引き続いて祇園祭鑑賞記を綴ります。

 17日はいよいよクライマックスの山鉾巡行。私は日常生活では考えられない早起きをして、7時きっかりに堺町三条のイノダコーヒ本店へ。京都を訪れた折にはイノダで朝食を食べないと気がすまない性分なのですが(笑)、連休に山鉾巡行が重なるとなればイノダの混雑は目に見えてるわけで、これは開店一番に行かなければと・・・。
予感は的中、というかそれ以上でした。フライング開店していたのはいつもの通りですが(笑)、なんと既に旧館(禁煙席)は満席でした。本館はまだ空きがあったのですぐに座れましたが、こちらも瞬く間に満席。7時10分ぐらいにはもうウェイティングがかかっている状態でした。結局、店を出た8時ごろは店の外まで長い行列が出来ていました。

 出鼻でいきなり脱線しましたが、8時にイノダを出てまずは堺町通を下がり四条通を東へ。狙いはもちろん四条河原町。鉾の向きを変える「辻回し」の写真は大抵この交差点で撮られています。四条通の歩道はまだ人が少なくて、さくさく歩けたのですが四条麩屋町はかなりの人だかり。ここは四条通を渡した注連縄を、巡行の先頭を行く長刀鉾に乗った稚児が太刀で切る儀式が行われる場所で、見所のひとつなんですね。京都放送の実況席もこのあたりに設けられていました。
 四条河原町に出てみると8時30分ごろでしたがもうすごい人だかり。鉾は西から来て北に向かうので、辻回しを見るなら北東角(高島屋の対角線・UFJ銀行前)がベストポイントなのですが、先客がしっかり座りこんでいてもう立錐の余地も無いぐらい。しかも通行する人もいるので現場の警官も整理が大変です。ものすごい押し合いで倒れるかと思いました。
 ここはあきらめて河原町を少し上がり、ナムコワンダータワーの前あたりに陣取り巡行の到着を待ちます。9時15分ごろ河原町通りは通行止になり、事前準備として信号機やら交通標識を鉾の邪魔にならぬよう歩道側に「畳んで」いったのですが、なぜか沿道から拍手が・・・(笑)。まあ滅多に見られるものじゃないですからね。

naginatahokotourouyama 先頭の長刀鉾が四条河原町に到着したのは9時40分ごろ。辻回しの様子は見えたのですが、少々遠くて音頭取(曳き手に号令をかける人)の掛け声が聞こえなかったのが残念。その後続々と山鉾が通過していきます。今年の山一番は蟷螂山。屋根にからくり仕掛けのかまきりが乗っており、手や頭や羽が動くさまは愛嬌たっぷりで沿道の人気をさらってました。
shijokasahoko 今年は曳き手などに外国人が参加しているのが目に付きましたね。四条傘鉾なんかは先頭の旗持ちからして外国人。鉾町の人口が減り、かなり前からボランティアを募って運営しているのは知っていましたけど・・・。ずいぶんと国際色豊かになったなあと思ったのですが、よくよく考えてみると、山鉾を彩る懸装品にはペルシャ、インド、中国などから伝来のタペストリーも多く、その意味では昔から国際色が豊かだったんですよね。

 ずっと同じ場所で見ているのも疲れるものですし、「ある場所」に行きたかったので11時過ぎには場所を離れ、すこし早めの昼食。そして向かった先は新町通。
 山鉾巡行のコースは、四条烏丸を出発して四条通⇒河原町通⇒御池通なんですが、巡行を終えた山鉾が山鉾町へと帰ってゆくコースが新町通なんですね。事実上の巡行コースなんですが、他と全く違うのは沿道の雰囲気。それまでの巡行コースは大通りで、両側には高いビルが立ち並び、見物人も歩道から遠巻きに見るといった趣き。対して新町通の両脇は2階建てか3階建ての建物で道幅も1車線(一方通行)の狭さ。kikushuihokoniwatorihokoそこを20mぐらいの鉾が、建物や電線をかわしながらゆらゆらと巨体を揺らして近づいてくるのです。もちろん鉾は手の届くところを通過していくのでもう大迫力。しかも華麗な懸装品も間近に見られて大満足です。それと、巡行を終えて帰ってくるコースなのでみんなどことなく和やかな感じがしていて良い雰囲気なのです。鉾の後ろをぞろぞろ見物人がついてきているのもほほえましかったり。

 結局ここで14時過ぎまで見ていました。見ていた場所がちょうど南観音山の町会所の近くで、巡行を終えた山が到着するところまで見届けました。見物人からも拍手が沸き、町役員の挨拶につづいて祝いの三本締め。もちろん私も参加しました。なんかとても良い気分でしたね。

 四条通へ出ると、先に巡行を終えた鉾がもう解体作業に入っていました。それ自体が貴重な文化財ですし、公道を車線規制して鉾を建てているのでやむを得ないのでしょうが、この余韻のなさに切なさ、淋しさを感じてしまうのは私だけでしょうか。まあ祭りとはそんなものなのかもしれませんね。
 というわけで、朝からほぼ立ち通しで疲れました。人出は24万人だったそうです。で、私の祇園祭鑑賞はお終い。京都から次なる目的地へ向かったのでした・・・。これはまた改めて

(2005年7月30日写真添付)

|

« 人波にもまれて・祇園祭2005 | トップページ | 神戸ポートピアランド »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
私も巡行には2度ほど見に行きましたが、
やはり京都の夏は、暑いです
今年は、酒を飲み、はもを食しながらテレビ観賞しておりました。
次に京都に来られるのは「時代祭り」?

投稿: はまぐり | 2005年7月22日 (金) 21:33

■はまぐりさん
テレビ鑑賞も、涼しくて座っていられるのでいいですね。解説もついてますし要所要所でアップにもしてくれますし。でも生の迫力も捨てがたいです。
「時代祭り」今年は土曜日にあたりますね。どちらかというと鞍馬の火祭のほうが興味があります。ものすごい混雑になりそうですが(^^;

投稿: MARU | 2005年7月22日 (金) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/5058473

この記事へのトラックバック一覧です: 国際色も豊かに・祇園祭2005:

« 人波にもまれて・祇園祭2005 | トップページ | 神戸ポートピアランド »