« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月27日 (月)

ピアノトリオで優雅なひととき

 週末は東京・目黒のオープンカフェで行われたピアノトリオ「La mer」(ラ・メール)のミニコンサートを聴いてきました。
 実は、ピアノ担当がソワレさん率いるタツノコ座のアヤさんなんですね。で、一度ラ・メールとしての演奏を聴いてみようということで、HPを定期的に覗いていたらコンサートの告知があったという次第。

 ふだん聴くタツノコ座の編成は唄・ピアノ・ヴァイオリン・ヴィオラですが、ラ・メールはピアノ・ヴァイオリン(長瀬さん)・チェロ(柏木さん)という編成。ホテルやレストランなどの披露宴や祝宴での生演奏なども多いそうで、リーダーの柏木さんも前説で「会話を楽しんだりおいしいお酒を飲みながら気楽に聴いてください」みたいなことを言っておられました。(記憶不確か)

 ということでクラシックやセミクラシックに映画音楽やポップスも交えた、いわゆるイージーリスニングの趣きで、心地よいひとときを楽しませていただきました。選曲の雰囲気としてはTBSラジオ「バック・グラウンド・ミュージック」を思わせるものがありますが、なんといっても生演奏ですし、ピアノも最近流行の電気モノではなくグランドピアノ。ラジオとは比べ物になりません(当たり前だ・・・)。1時間ほどの演奏でしたが、殆どの曲がどこかで聴いたことがあるもので、ワインを飲みながらだったこともありすっかりいい気分です(笑)。
 それと、タツノコ座ではまず無いアヤさんのピアノソロも聴けてちょっと嬉しかったり・・・。

 今回のミニコンサートは第3回なんだそうですが、また機会があれば伺いたいですね。ちなみに今回のセットリストはこちら。耳で聞いたものを字にしてますが、素養が無いので一部誤表記があるかもしれません。間違っていたらご指摘ください。梅雨時を考慮して選曲したのに天気がすっかり夏っぽかったが想定外だったみたいです(笑)

 1/歌のつばさに
 2/アベマリア
 3/酒と薔薇の日々
 4/白い恋人たち
 5/恋は水色
 6/魅惑のワルツ
 7/オネスティ
 8/雨の日と月曜日は
 9/愛はかげろうのように
 10/ウィズアウト・ユー
 11/ヒーロー
 12/ひまわり
 13/虹の彼方に
 14/いつか王子さまが
 15/星に願いを
 16/いい日旅立ち
 17/カバレリア何とか(→ごめんなさい)
 E/涙そうそう

☆6/30追記
セットリストの17曲目は
『「カヴァレリア ルスティカーナ」の中の間奏曲で、“アヴェ マリア”』
であると、演奏者のアヤさんからお便りを頂きました。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

『夏のヒロイン』2題

 当店リンクサイト「河合奈保子MusicWorld」さんのBBSで知ったのですが、河合奈保子さんの82年のシングル「夏のヒロイン」を堀ちえみさんがカバーすることになりました。

■堀ちえみの'80s IDOL SONGS COLLECTION
 (2005/9/7発売)
 収録曲 (カッコ内はオリジナル歌手)
 M01 恋のハッピー・デート (石野真子)
 M02 夏のヒロイン (河合奈保子)
 M03 抱きしめたい (松本伊代)
 M04 ダンデライオン (原田知世)
 M05 渚のライオン (早見優)
 M06 魔女 (小泉今日子)
 M07 青空のかけら (斉藤由貴)
 M08 夏色片想い (菊池桃子)
 M09 話しかけたかった (南野陽子)
 M10 セシル (浅香唯)
 M11 ちえみシングル・メドレー
     潮風の少女~夏色のダイアリー~稲妻パラダイス~
     クレイジーラブ~夢千秒~愛を今信じていたい

 (上記出典:ポニーキャニオン「ぼくらのベスト」)

 タイトルからも判るとおり、80年代アイドル歌謡曲のカバー集となっています。ボーナストラック(M11)にはご自身の曲についても新録されたメドレーが・・・。さらに発売に合わせてコンサートまでやってしまうとは。

 うーん、やられましたね。こういう企画はありそうでなかったと思います。今回のカバーについて奈保子さんのファンがどのように感じるかは様々だとは思いますが、私としては提供作家以外に殆どカバーされた実績のない奈保子さん(第一本館談話室参照)の曲をカバーしていただけるのはありがたいと思います。そして注目点は、作曲した馬飼野康二さん自身がアレンジを担当するということで(オリジナルは若草恵さん)、どのように生まれ変わるのか楽しみです。
もしかしたら酷評だったsantaroさんの評価が変わるかも(笑)
・・って元記事探してたら、今回のカバーについて既に記事をUPされているのを発見。さすがですね!


 そして、その「夏のヒロイン」ですが、「大きな森の小さなお家」とともに本家のコロムビアが出すコンピレーションアルバムに収録されることになりました。

 まちどおしい夏休み~海編 (2005/6/29発売)
 まぢとおしい夏休み~山編 (2005/6/29発売)

 「夏+海」「夏+山」をキーワードにして選曲したのでしょうが、正直言いまして構成がちょっと・・・。でも、こうして奈保子さんを取り上げていただけるだけでも良しとしましょうか(笑)。次回は是非「Eternal Ballads」のような構成のものを期待したいですね。

(追記)
 「夏のヒロイン」のカバーを聴きました。記事はこちら

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年6月21日 (火)

LA CUMPARSITA

 6月18日に「クレデンザで聴くラ・クンパルシータ競演(戦前編)」というレコードコンサートに行ってきました。場所は東京・神田神保町の三省堂書店自遊時間店。この中に「レコード社」という中古レコード店があり、そこの主催です。

 で、「クレデンザ」って何?となるわけですが、これは蓄音機の中でも最上級の名機と言われているもの。以前、金沢蓄音機館へ寄った話を綴りましたが、そのとき学芸員の方が「クレゼンザの音なんて滅多に聴けるものじゃありません。貴重です。」とおっしゃっていていたんですね。「そんなに貴重なものならもう一度聴いてみたい」ということで出かけた次第。別にタンゴファンというわけではありません。

 蓄音機のレコードコンサート、しかも演目が演目ですから会場の年齢層はかなり高く、60代が中心だったかな。はっきり言って30代の私は浮きまくりです(笑)。しかしかなりの熱気でしたね。併設のコーヒーショップが会場だったのですが座席を追加する盛況ぶりです。

 レコードコンサートは戦前の名盤や歴史的に意義のある盤20枚をひたすらかけまくるというもの。ラ・クンパルシータは私ももちろん聴いたことがありますが、別にタンゴファンでもないので基礎知識は全くなし。でも解説の方の説明がわかりやすく、かつ名調子でかなり楽しめました。最初に吹き込まれたラ・クンパルシータという貴重な音源も聴けたのですが、ラッパに向かって直接吹き込む時代ということで録音状態が悪く、かなり聴きづらい感じ。しかし、技術革新により電気録音の時代になると音がはっきりとしてきて、クレデンザの実力が発揮されます。音に厚みがあり音量も豊かですね。以前も書きましたが電気を使わずにこれだけの音がでるというのがすごいです。
 演奏のほうも今の形になるまでは試行錯誤があったようで、その変遷も興味深かったです。意外だったのは、「歌入り」のものがあるということで、淡谷のり子さんのテイクも聴くことができました。34歳ごろの声だったそうですが、淡谷さんの綺麗な(はずの)ソプラノの再生は残念ながら蓄音機ではつらい感じ。いかにクレデンザといえども高域の特性が悪いので・・・。

 そんな訳で、2時間以上、ラ・クンパルシータを聴きまくって、すっかり洗脳されてしまいまして(笑)、旋律が頭の中をぐるぐる回ったままです。ここで、受け売りのうんちくをひとつ。ラ・クンパルシータは第1主題が何回か繰り返されますが、終わり間際の繰り返しの部分に各楽団とも創意工夫、つまりバリエーションを注ぎ込むのだそうで、そこが聴きどころ、ということです。もし聴かれる際はそのあたりに注目しては如何でしょう・・・って誰に向かって言ってるんだか(^^;

ちなみに、会場で配られた街の情報誌がこちら。
honnomachi_1honnomachi_2
裏表紙が中古レコード市の告知なんですが、河合奈保子さんのLP「トワイライト・ドリーム」が写っていたりするのがちょっと嬉しかったりして。ピクチャーレコードとは知りませんでした・・・。うーん、欲しいかも(笑)。

| | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

戦う翼

 尾崎亜美さんの6年ぶりのシングルとなる「戦う翼」が、来週6月22日に発売されます。この曲、福島をホームとする東京電力女子サッカー部・マリーゼのオフィシャルチームソングとして書き下ろしたもの。とはいえ、販売店サイトの寸評によれば、一般のPOPSとしても充分楽しめるとのこと。どんな感じか楽しみです。

で、発売日が近づいたからか、地元テレビの番組「熱烈応援マリーゼくらぶ」に出演されたようで、番組レギュラーの大竹奈美さんがブログに写真レポートを載せています。

 シンガーソングライター 尾崎亜美さんと!
 福島放送収録現場で!
   ~namiのお気に入りアルバム♪

『気さくで素敵な方でした』というのは全く同感。ただし、時にちょっぴりやんちゃでいけずなときもありますが(笑)

収録日がブログの日付どおり(14日)だとすると、放映は今週末、6月18日と思われます。視聴可能な方は是非どうぞ。私はエリア外なのでダメですが・・・残念。

☆追記(6/20)
 結局、18日の放送には出演シーンはなかったそうです。次の週かな?
☆さらに追記(7/22)
 結局、放映は確認できませんでした。大竹さんのブログはかなり前の放送の思い出を綴った内容だったのかもしれませんね。結果としてガセになってしまい申し訳ないです。

| | トラックバック (1)

2005年6月13日 (月)

平松愛理チャリティーコンサート

当サイト本館の「お便り広場」に次のようなお便りをいただきました。

 ☆ ☆

はじめまして。埼玉県狭山市の「みのり福祉会」と申します。私たちは障害を持つ方が通う施設を営んでいます。今年10周年を向かえ記念行事として「チャリティーコンサート」を企画いたしました。マスターのページを拝見させていただいたら「平松愛理さん」の記事が乗っていたので配信させていただきますが、当コンサートに「平松愛理さん」が出演して下さいます。
あまりコンサートを開かれない方なのでこの機会に是非お出かけ下さい。気のいい仲間たちとともにお待ち申し上げます。

         記
 7月23日(土)午後6:00開演 料金4000円
 場所 埼玉県狭山市「市民会館大ホール」

チケット購入等、詳細は『平松愛理オフィシャルウェブサイト』をご覧ください
(「インフォメーション」の中程、「ライブ&イベント情報」にあります)

 ☆ ☆

えー、過去にこの雑記帖で書いた平松愛理さんに関する記事
 1.17、そして平松愛理さん
 YOU ARE MINE
 平松愛理さんのミニライブ
 Usa-Bara
 平松愛理さんのコンサート
をご覧頂いてお便りをくださったようです。個人ではなく団体の方からこのようなイベント告知のお便りを頂くのは初めてのことですが、チャリティーという趣旨に賛同しこちらに掲載いたしました。大ホールがいっぱいになるとよいですね。私も楽しみにしてます。

 ☆

既に切符を予約した方もおられますね。もしかして結構「濃い」会場になるのかも(笑)。

 平松愛理チャリティーコンサート
   ・・・宇治十帖 ~続・ミッチーの日記~

 ☆

せっかく告知を頂いたので、ささやかなプロモーション?として愛理さんのことを書いているブログにトラックバックを送ってみました。

 もう 笑うしかない♪
  ~(~o~) なんでだろう~ブログ
 母性あふれるシンガー・ソングライター 平松愛理
  ~やまの日記

| | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

路面電車の日

 きょう6月10日は「路面電車の日」。95年に制定されたのですが、何か歴史的由来のある記念日というわけではなく「路(6)面電(10)車」という何とも苦しい語呂合わせから採ったもの。要は路面電車の啓蒙・アピールのための日であります。
 各地の電車事業者はこの日に合わせて記念イベントをするのですが、やはり平日では人が呼べないということで6月10日の前後の土日に開催するケースが多いです。で、日本最大の路面電車会社である広島電鉄の場合、今年は6月5日にイベントがありましたので行ってみました。
matsuri_gate 広電の「路面電車まつり」の開催場所は千田車庫(本社)。もう第10回ということで、すっかり定着しています。ゲートの写真だけみると寂しそうですが(^^;、中は子供連れの家族を中心に結構な賑わいでした。ちなみに昨年の来場者は14,000人だったとのこと。

kensadaisha 路面電車まつりではふだんは入れない車庫に入れるだけでなく、修理工場や変電所の内部も公開されています。点検ピットでは、元大阪市電がたたずんでいます。そして修理工場の内部では、点検で取り外した台車が展示されていたりします。そのほかにもパンタグラフやドアが実際に動く形で展示されていたりして、子供さんがカチャカチャとスイッチを触っておりました。

 しかし、なんといっても人気が高かったのは実物の電車の展示公開でしたね。
tenji滅多に動かない外国電車や、最新のグリーンムーバーmaxの運転台に乗り放題、運転機器も触り放題となれば子供さんが飛びつくのは無理ありません。
 他に、いわゆる鉄道マニアに人気だったのは不要部品の即売会でしたが、私はちょっと・・・。停留場の標識なんて持ち帰れませんから(笑)
 とても手作り感の強い祭りで、社員の方を始め実行委員の方は大変だったと思いますが、こうしたイベントを通して市民により電車に愛着を持ってもらったり公共交通問題を考えるきっかけになってもらえたら良いですね。


☆「路面電車まつり」のレポがあるブログご紹介

 「第10回路面電車まつり」 ~雑記帳@F-Page広島

| | トラックバック (1)

2005年6月 7日 (火)

「全員集合」収録確定!

 毎度ご来店ありがとうございます。このたびは河合奈保子さんのデビュー25周年にあたり、後追いファンの後発サイトにもかかわらず多くの方からメッセージを寄せていただきました。ありがとうございます。御本人に伝わるかどうかは別として(というか伝わらないですよね・・・苦笑)、多少なりともファンの方々どおしで思いを共有するお手伝いができたのかな、と思います。

 さて、以前雑記帖で話題にした、「8時だヨ!全員集合」のDVD第2弾について、本館のお便り広場に「私もロミオ」さんが情報を提供くださったように奈保子さんの映像が収録されていることがわかりました。また、発売元のポニーキャニオンのサイトでも収録詳細情報がアップされていることがわかりました。
 ポニーキャニオンHP
  ⇒左サイドバーの「映像」DVD⇒6月発売

これによると、1枚目の「学校コント」に松田聖子さん、小柳ルミ子さん、藤本あきさんとともに登場することになっています。コントはおそらくフルサイズで収録されているのでしょうから、数秒映って終わり、ってことはないような気がしますが、どんなもんでしょうか。
 また、生放送中のハプニング映像も収録とのことですから、奈保子さんが出演した回で起きた有名な停電騒ぎも収録されている可能性もあります(上記サイトでは明示されていません。悪しからず)。ちょっと期待してみましょう。
 それにしても収録コント数は全26本にもなる予定だそうで、これだけ多数のゲストの方の許諾を取り付けるには苦労も多かったことと思います。まずは制作者に拍手。もちろん、承諾していただいた奈保子さんにも拍手ですね(^^)

| | トラックバック (0)

2005年6月 1日 (水)

祝!25周年

 今日は河合奈保子さんのデビュー(満)25周年の記念日です。奈保子さんおめでとうございます。

 かっこ書きで(満)とつけたのは、ギョーカイ的にはデビュー○周年を「数え年」、つまり会社でいうと「入社○年目」という言い方に相当する方法も取られていますので、一応区別の為に・・・・。実際、奈保子さんは1980年デビューですが、「5th ANNIVERSARY」とクレジットの付いたアルバム「サマー・デリカシー」は84年6月1日の発売です。

 休業中なだけに直接的なお祝いが出来ないのはちょっぴり残念ですが、本館の「お便り広場」でも話題が出たようにこの日に合わせて祝電や手紙を送られている方もいらっしゃることと思います。当店でもメッセージコーナーを設けましたので、よろしければみなさんの思いをお寄せください。ささやかですが、この日を皆さんで共有できればと思います。ただ、毎度のことですがBBSではありませんのでリアルタイムで反映されません(^^;。その点はどうぞご容赦下さいませ。

 ちなみに、昨年の雑記帖ではこんなことを書いてました。

☆デビュー25周年関連ブログご紹介
 デビュー25周年! ~河合奈保子LovelyBlog
 It's a beatiful day! ~Kの日記
 河合奈保子デビュー25周年! ~日誌
 河合奈保子デビュー25周年 ~僕の弾き語り
 デビュー25周年! ~徳俵永翠日記

| | トラックバック (2)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »