« 神園さやかさんを聴きました | トップページ | グリーンムーバーmaxに乗る »

2005年5月11日 (水)

広電電車に乗る

 5月8日の雑記帖では中国地方の旅行について「神園さやかさんを追いかけていたわけではない」と書きました。では何を追いかけていたかというと「広島電鉄」通称・広電(ひろでん)です。ここに話題の新車が入ったので是非乗ってみたいということで・・・。
 広電は日本最大の路面電車ネットワークを持っています。世間一般の路面電車に対するイメージというと「時代遅れの乗り物」とか「ノスタルジー」とか「ガラガラの電車が街中をごろごろ走る」といったものになりがちですが、広電にはそういったイメージはありません。
 広島を訪れたのは丁度フラワーフェスティバルの開催中。例年、大型連休中の人出第2位を誇るイベントであり(ただし今年は3位)、広電も観客・参加者の輸送に大車輪です。
ekimae1 広島駅前のりばにはJR広島駅から吐き出された人の波が押し寄せてきて、ホームは人で溢れています。ここで普通の路面電車だと「積み残し」のような問題が出てくるのですが、広電では大量輸送の切り札である「連接車」が頻繁に運転されており、乗客をドンドン運んでゆきます。広電の連接車は3車体又は5車体を繋ぎ全長が約30mに達する大型のもので、名古屋地下鉄東山線の車両2両分ぐらいはあります(定員ではなく長さが、です)。
ekimae2 込み合ったホームも連接車が乗客を乗せるとご覧の通りで、輸送力の大きさが良くわかりますね。広電は幹線である1号線(広島駅-紙屋町-広島港)と2号線(広島駅-西広島-宮島口)は基本的に連接車で運転されていますが、車両が大型でドアの数も多い(4箇所)ため車掌が乗務しています。人件費の面では不利ですが、広電は輸送需要が大きいため車掌を乗せてでも連接車を運転したほうが良いという判断をされています。それだけ活気がある証拠でしょう。
ekimae3 広電ではフラワーフェスティバル輸送対策として臨時便も多数運転してました。写真左の電車は系統番号「0」を掲示した臨時便で「広島駅-紙屋町-日赤病院前」の臨時系統。こちらにも連接車が投入されています。他にも通常系統の6号線(広島駅-紙屋町-江波)でも臨時便が出ていました。駅前のりばを間断なく発車してゆく様には「ノスタルジー」のかけらもなく、都市の大動脈、交通の主役の風格が漂っています。
 さて、注目の新車なんですが・・・既に記事が長くなっているのでまた次の機会に(^^;

 ☆   ☆

 ところで河合奈保子さんって、時の人なんでしょうか。
 ■河合奈保子
   ~時の人追いかけレポート

 確かに間もなくデビュー満25周年ではありますが、ファンの目から見ても世間的な注目度は・・・(苦笑)。
 なお、上記リンク先記事から5/8の神園さやかさんの記事へトラックバックがあったのですが、当サイトとは関係深いものの神園さんの記事との直接の関連性は無いと判断してトラックバックは削除させていただきました。
 ちなみに当サイトでは奈保子さん関連の記事を書いた場合はトラックバック・ピープルへトラックバックを送っています。参考までに。

|

« 神園さやかさんを聴きました | トップページ | グリーンムーバーmaxに乗る »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/4084347

この記事へのトラックバック一覧です: 広電電車に乗る:

« 神園さやかさんを聴きました | トップページ | グリーンムーバーmaxに乗る »