« 震災におけるラジオの役割 | トップページ | バレンタイン・ソング »

2005年2月13日 (日)

鎌倉で「おもてなし。」

 3連休最後のきょうは鎌倉で開かれた尾崎亜美さんのライブへ行ってきました。
 場所は公会堂のようなホールではなく、歐林洞ギャラリーサロンという、洋菓子店に併設されたこじんまりとしたホール。一段高い舞台などはなく、演奏者も観客も同じ高さ。加えて演奏者と観客が近い!最前列のキーボードの正面に座った方が譜面をめくれる位の近さです。(亜美さんに促されて本当にめくってました)
 毎年恒例の公演なんだそうですが、ファンに人気でキャパも小さいということで一見さんの比率は少ない模様。ということで会場の反応もことのほか良かったですね。もう、スローな曲以外は手拍子しっぱなし。前方の客席の会話がそのまま亜美さんに聞こえるぐらいなので予期せぬかけ合いも生れたりして、手作り感のある、あったかくて会場全体が一体となった楽しいライブでした。切符がすぐ売り切れてしまうのもうなずけます。
 終演後、ホールを出たところで余韻に浸っていたら、偶然にも控え室からひょっこり亜美さん登場。とても幸運なことに、少しだけお話する機会を得ることができまして、「元々は河合奈保子ファンなんです」と身分?を明かしたら、「あ、ClubAmiiに書き込みしている人?」ということでビンゴでした(^^)。奈保子さんについては「いい子でしたよ~」ですって。ファンとしては嬉しいですね。
 というわけですっかり「おもてなし。」されてしまったひとときでした。亜美さんありがとう。

 ☆

 あとで長年のファンの方に聞いたら、終演後の出来事はハプニングに近い極めてレアなケースなんだそうです。常にそうしたことをしている訳ではないのでカン違いしないよーに、とのことですので皆さんもどうそ誤解なさらぬよう・・・。

|

« 震災におけるラジオの役割 | トップページ | バレンタイン・ソング »

尾崎亜美」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/2916577

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉で「おもてなし。」:

» 「おもてなし。」到着。 [お化粧落としてクールダウン・・・]
昨年9月発売の亜美ミニアルバム、ようやっと手元に。「負けないキモチ」でひと泣き。心を瞬間的に射るのは、何なのかと思った。実は3日ほど前にすごくへこんでしまったの... [続きを読む]

受信: 2005年2月23日 (水) 21:32

« 震災におけるラジオの役割 | トップページ | バレンタイン・ソング »