« 「エタバラ」思惑どおりです | トップページ | FNS歌謡祭 »

2004年11月28日 (日)

「そうだ、京都いこう」を実践

 このところ週末がとても充実してまして、あちらこちらへと出かけております。そのあおりで、こちらの更新頻度が落ちているのですが(笑)
 この週末は、京都を訪れました。私は時々、無性に、しかも突然京都へ行きたくなるときがあります。まあ一種の中毒みたいなもので、暫く行っていないと行きたくなってくるのです。今回も「そうだ、京都いこう」ってな具合で急に行きたくなった次第。もちろん、いま京都は紅葉シーズンで一年で一番観光客の多い時期。突然行こうとしても宿など取れませんから、今回は行きも帰りも夜行列車で宿泊なしという、実質日帰りとしました。
 寝台急行銀河は6時43分京都着。地下鉄に乗り換えて烏丸御池で降り、5分ほど歩けばちょうど、開店直後のイノダコーヒ本店に到着します。ここで「京の朝食」を食べるのが私の朝の定番ですね。とにかくコーヒーがうまい。喫茶店としてはモーニングの値段が高い(1050円)ですが、バイキングスタイルのホテルの朝食と大して値段が変わらないことを考えると、出来立てでハムなんかもしっかりしたものが出てくるイノダさんのほうが個人的にはいいです。イノダさんは色々思いいれがあるのでこれだけで一本書けてしまいそう。なのでこのぐらいにしておきます。
 早めの朝食のあとは、紅葉といえばここ、という東福寺へ。境内外の臥雲橋から通天橋を望む構図もこれまた定番であります。今年は全山燃えるような赤、という感じではありませんでしたが、その分黄色とのバランスが良く結構きれいでした。9時前というのに既にかなりの人だかりでしたが、出る頃にはさらに人が押し寄せていて通天橋へは長い行列が出来ていました。
 この後、「そういえば久しく見てないなあ」ということで三十三間堂へ。久々に千手観音の大群衆(笑)を前にするとやはり言葉が出ませんね。圧巻です。
 午後は、音楽夜話(裏)で紹介されていた洛北・円通寺へ。近くの妙満寺は以前行ったことがありますがここは初めて。確かに比叡山の借景庭園は素晴らしいです。ちょうどモミジが色づいていて、日が差すとキラキラと輝きだしてそのきれいなことといったら・・・。そんなわけで光の具合で表情が変わっていくものですからかなり長居をしてしまいました。円通寺への道すがら、あちこちで区画整理の工事中でした。これが出来上がると、あの庭園の眺めも変わるんでしょうね。
 夜はやはりこの時期ですから「ライトアップ夜間拝観」を見てみたいもの。永観堂は門前まで行ってみたもののあまりの行列にパス。ならばと青蓮院と高台寺に行きましたがどちらも良かったです。ライトアップされた竹林があんなに美しく幻想的だとは・・・。高台寺では池の周りをライトアップしているのですが、水面がちょうど鏡のようになって池のほとりのモミジをはじめとする木々を映し出し、まるで池の底から木が生えているかのような不思議で美しい光景を生み出していました。青蓮院の門前ではマンションの建築工事中で、景観問題の種は尽きないですね。
 帰りの寝台急行銀河の京都発は22時58分。夜まで丸々観光しても余裕が充分あるのが夜行列車の良いところです。とはいえ、時間に余裕があれば1泊ぐらいはしたいのも本音ですが(笑)

|

« 「エタバラ」思惑どおりです | トップページ | FNS歌謡祭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/2097161

この記事へのトラックバック一覧です: 「そうだ、京都いこう」を実践:

» 京都もいい [ラナの日々]
一昨日、奈良は京都にない落ち着きがあると書きましたが、京都が嫌いという意味ではあ [続きを読む]

受信: 2005年1月 9日 (日) 20:55

« 「エタバラ」思惑どおりです | トップページ | FNS歌謡祭 »