« 1981年10月5日(2) | トップページ | タンゴ・ロマンティック »

2004年10月 8日 (金)

環状運転

 全国的にはそれほどの話題になっていないようですが、名古屋周辺では大変な話題となっているようです。そう、6日から名古屋市営地下鉄名城線の名古屋大学-新瑞橋(あらたまばし)間が開通、全国初の地下鉄の環状運転が始まりました。(名古屋市交通局のPDFポスターはこちら
 全国初、とうたっていますが実は今から4年前、平成12年12月12日に東京都営地下鉄12号線の全線開業により環状路線を持つ地下鉄が誕生しています。しかし「ぐるぐる廻る」運転ではなく「6の字運転」であったこともあり、環状線というアピールが今ひとつでした。路線名にしても、一般公募までして選考委員が「東京環状線」に一旦決定したものの、知事の「山手線のようにぐるくる廻らないのに環状線はおかしい」の一言でひっくり返り、その知事が「これでいいんじゃないか」といった「大江戸線」という名称を選考委員が追認、という曲折を経ています。
 知事の言い分は一見理にかなっているようにも見えますが、ぐるぐる廻らないまでもちゃんと一周してくるのですから環状線でいいんじゃないかと思うのですがね。だいたい都営12号線が環状線と名乗ってはいけないのなら、道路の「環状七号線(環七通り)」と「環状八号線(環八通り)」は直ちに他の名前に改称してもらわなければバランスが取れません。アノ通りは一周すらしないのですから・・・。知事はもっと勉強してもらいませんと。記者に勉強させるだけじゃダメですぜ(笑)。といってアノ御仁が人の意見など聞くはずもないのだが(笑)。
 名古屋の名城線は名実ともに環状線なんですが、全ての列車が環状運転するわけではありません。データイムの時刻表を見ると、環状運転列車は2本に1本(10分間隔)。残りは名港線へ直通する大曽根-金山-名古屋港の区間運転列車です(10分毎)。都心側で乗客の多そうな大曽根-金山は両系統の列車合わせて5分毎の運転、そのほかの区間は10分毎となかなか良く出来たダイヤだと思います。そういえば、かつての国鉄大阪環状線も、データイムに環状運転するのはやはり2本に1本程度で、あとは大阪-京橋-天王寺という東側半周の区間列車でしたね。JRになってからは関西線や阪和線の列車が環状線の西側半分にたくさん直通するようになって、ダイヤががらっと変わりましたが・・・

 北関東在住なのになぜか名古屋ローカルのネタを綴ってしまいましたが、「全国初」のうたい文句に敬意を表してみました。

※ココログだけでも各種話題になっております

地下鉄・あおなみ線乗車記 ~たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
開通! ~Groovy Sound
名古屋の地下鉄 ~うどんの打ち方
環状線 ~Morning View
地下鉄開通を祝う日 ~壊れる前に…
【名古屋】今日は名古屋の日(^^) ~淡海の国から on blog
地下鉄環状線 ~(Blog版)毒談と変見
名城線 ~ひさ茶屋

などなど・・・

|

« 1981年10月5日(2) | トップページ | タンゴ・ロマンティック »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/1621939

この記事へのトラックバック一覧です: 環状運転:

« 1981年10月5日(2) | トップページ | タンゴ・ロマンティック »