« アンプ変われば音変わる | トップページ | 貴重なご指摘とエピソード »

2004年6月15日 (火)

ココログから2題

 私は定期的にココログルで河合奈保子さんの話題が出ていないか検索しているのですが、キーワードとして「河合奈保子」「奈保子」どちらもなかなか引っかかりません。たいていは自分の所がずらっと並ぶんでありますが・・・
 ところが、珍しく記事がヒットしましたのでご紹介。

あやや@夢・音楽館(kimaroki's blog)

そいえば昔『ザ・ベストテン』で河合奈保子のコンサート会場から中継があって、舞台袖だったと思うけど曲目表が貼ってあって、その中に洋楽のカバーの他に細川たかしの「北酒場」とか入ってて(!?!?)って思ったことがあった

 松浦亜弥さんの話題なんですが、関連で取り上げられております。
 私としては、奈保子さんの魅力のひとつはポップスから演歌まで歌いこなせる幅の広さだと思っています。往年の名番組「夜のヒットスタジオ」のオープニングで他人の持ち歌を歌ってもしっかりしてましたしね。当時のアイドルはこれでメロメロになるかたも珍しくなかったですが。
 松浦さんも歌唱力には一定の評価があるようですが、
 <参考ブログ>
 松浦亜弥から多国籍軍まで(今日のひとネタin午前零時の旋律)
 夢・音楽館(L'agenda capricciosa)
 あやや@夢・音楽館(劇団天野屋 Part3)
私は「いかにも作りこまれたアイドル」というか「アイドルを演じてます」って感じがどうも苦手です。それが良い悪いじゃなくてあくまで個人的な好みの話なんですが、奈保子さんの対極ですからどうも心ひかれませんですね。

---
「Harbour Light Memories」河合奈保子(賽は投げられた)

この曲の作詞者である「公文健」さん、宝塚歌劇のレビューの原案や劇中歌の作詞なども手がけられており、実は阪急電鉄の現相談役・小林公平さんのペンネームである。

 このところ「水曜どうでしょう」或いは「大泉洋」の話題が多かったのですが、久々に楽曲の話題です。
 うーん、これは知らなかったなあ。奈保子さんの楽曲の作詞者リストを眺めていて、なんか異色だなあとは思っていたのですが・・・。この曲、先日も書いたとおりカラオケで歌ってみたのですが、ポップでなかなか良いです。ジャケットも素敵ですよね。(CDシングルだと2バージョン見られてなお良かったりする・笑)

---
とまあ、時々こんな感じで紹介して参りたいと思います。

【追記】
 ひとつめの話題について、別サイトにてご指摘を頂きましたので6月17日の雑記帖にて紹介しております。

|

« アンプ変われば音変わる | トップページ | 貴重なご指摘とエピソード »

河合奈保子」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/770221

この記事へのトラックバック一覧です: ココログから2題:

» あやや@夢・音楽館 [劇団天野屋 Part3]
松浦亜弥がNHKの「夢・音楽館」に出てた。ジャズ演奏をバックに歌ってたんだけど、 [続きを読む]

受信: 2004年6月20日 (日) 16:12

« アンプ変われば音変わる | トップページ | 貴重なご指摘とエピソード »