« 映画の中の「音」 | トップページ | 芸能人・著名人のblog »

2004年3月 5日 (金)

ラブレター

 最近よく出入りしている当店リンクサイト「尾崎亜美研究室」の管理人さんがBBSで「ラブレターはアイドルポップスの王道ではないか?と思ったりもした」なんて告白されておりまして、う~ん、なかなか目の付け所がシャープだ、などと思った次第です。
 確かにこの曲、ファンの人気も高く、自作期以前のコンサートではアンコールでよく歌われていたそうですし(参考:「JEWEL BOX」添付のブックレット)、自称B級ライターの吉村智樹さんも、『河合奈保子の凄さは「ラブレター」で存分に堪能できる』と語っておられます。(カッコ内引用:「別冊宝島 100万人のアイドルポップス 青春復刻!ときめきアイドルポップス150」より)
 マイナーからメジャーに、またマイナーにと転調してゆく構成は「ヤング・ボーイ」などとともに奈保子さんお手の物と言った感じのものですね。よく作りこまれた感じといったらいいのかな。そしてレコードでは切なさが伝わってくる歌唱が良いです。コンサートでは一転、ファンとの掛け合いで大いに盛り上がる曲に変身するわけですが・・・・
 個人的にも、初期の奈保子さんの曲では、この「ラブレター」と「夏のヒロイン」が好きですねえ。

 それから忘れてはならないのは、NHKホールでの転落事故(81年10月)から復帰後の楽曲(81年12月発売)ということで、ご本人にとってもファンにとっても思い入れ深い曲でしょうね。このあたり、後追いのマスターではなかなか推し量れないものがあるのですが、よろしければ当時からのファンの方のご意見などもお聞きしたいなって思います。

☆ラブレターの歌詞はこちら

|

« 映画の中の「音」 | トップページ | 芸能人・著名人のblog »

河合奈保子」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/264425

この記事へのトラックバック一覧です: ラブレター:

» またもやアイドルについて考える [太陽別館・午前零時の旋律・今日のひとネタ]
 掲示板で河合奈保子の「ラブレター」という曲について何気なく、「ああいうのがアイドルポップスの王道ではないだろうか?」と書いたら、確かにファンの間でも評価が高い... [続きを読む]

受信: 2004年3月 5日 (金) 22:30

» 何処か懐かしい「ラブレター」 [河合奈保子音楽夜話日誌 - wordpress]
ラブレターは馬飼野康二さんお得意の”音の隙間のない疾走感溢れる”佳曲です [続きを読む]

受信: 2004年3月20日 (土) 04:06

» ラブレター [イベスタ歌詞とる]
ラブレター(歌:河合奈保子/作詞:竜真知子/作曲:馬飼野康二) [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 00:59

« 映画の中の「音」 | トップページ | 芸能人・著名人のblog »