« 憂鬱な時期 | トップページ | ソワレさんとご対面 »

2004年3月31日 (水)

さよなら「ラジオたんぱ」

 3月31日でおしまいというと、世間では「営団地下鉄(帝都高速度交通営団)」のお話が大量CMもあって話題となっていますね。そんな話題に隠れてしまっていますが、「ラジオたんぱ」という局名も3月31日で消えてしまいます。
 1954年に開局した「日本短波放送」は1978年から「ラジオたんぱ」を局名(愛称)として使用してきましたが、日本短波放送という社名自体が昨年10月に「日経ラジオ社」に変更されており、この4月1日から局名も「ラジオNIKKEI」に変わります。短波放送は継続しているのですが衛星ラジオやインターネット放送にも進出しており、局名と実態が合わないということのようです。思いっきり新聞社の冠がついていて、これまでと全く違った印象になりますが、まあ「毎日放送」「朝日放送」「よみうりテレビ」みたいなもんなんでしょうね。

 ラジオたんぱは学生時代、夕方の公開生放送をよく聴いていました。私よりもう少し上の年代の方だと「ヤロメロ」なんでしょうが私のころは「はしゃいでマルマル大放送」「満載ラジオ555」でした。東京・赤坂の米国大使館向かいにある本社スタジオ(ゼロスタ)にもよく行きましたね。公開番組の最後となった「満載ラジオ555」の最終週のときは、スタジオに入れるのもこれが最後と思って月曜から金曜まで通い詰めだったなあ。とてもリスナーと距離が近い感じでよかったです。自由に録音もさせてくれたし・・・。毎日放送の石田敦子アナウンサー(今は東京に転勤されてアナウンサーから離れているそうですが)も、入社前にこの番組の公募パーソナリティとして活躍されていましたね。今でもスタジオで撮った写真と録音テープを持ってます(笑)。ヤング向け番組が無くなってからほとんど聞かなくなってしまったたんぱでしたが、不思議といまでも愛着があります。

 短波放送は基本的に中継局なしで日本全土をサービスエリアにでき、かつて民放の全国中継網がなかった時代にラジオ東京(現・TBS)も参入する計画があったそうですが免許が下りずに実現せず、今に至るまでラジオたんぱが国内唯一の短波放送局として存在感を発揮していました。そういう意味でも「短波」という響きには特別なものが感じられたのですが、社名に続いて局名からも短波の名が消えるのは時代の流れとはいえ淋しいですね。

冒頭の営団地下鉄の件も感慨深いものがありますが、長くなりますので別の機会に・・・
このところ奈保子さんの話題に結びつくお話をしていないのですが、雑記帖というタイトルに免じてご容赦ください。m(_ _)m

|

« 憂鬱な時期 | トップページ | ソワレさんとご対面 »

ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/378228

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら「ラジオたんぱ」:

» 「ラジオたんぱ」と「AM神戸」 [賽は投げられた]
TEAROOM☆NAOKO-ANNEX-さんをのぞいてみたら、こんな記事を見つけ [続きを読む]

受信: 2004年4月 9日 (金) 10:11

« 憂鬱な時期 | トップページ | ソワレさんとご対面 »