« アイドルは呼び捨てが当然? | トップページ | あれから1年・・・ »

2004年1月30日 (金)

ラジオ少年

 1/27の雑記帖で
アイドルに面と向かって呼び捨てするのが売り?だった某ラジオ番組のDJ
と書いたのですが、音楽夜話さんにトラックバックでタネ明かしをされてしまいましたね。(笑)
まあ、ウチでも「ラジオ・テレビ」コーナーではしっかり書いてあることなので、気が付く人は気が付いているはずなんですけど・・・・で、読み返してみたら、小川さんの漢字が間違っているのに気づき、あわてて修正しました。(汗)

 さて、そんなマスターは、ちょうど奈保子さんがアイドルとして活躍していた時期、「ラジオ少年」でありました。親の躾が巧みだったのか、親自身がラジオ好きだったのか、とにかく昼間は食事どき以外はテレビをつけないという不文律みたいなのがあったし、小学生のとき長期入院した際、ポケットラジオを友としたのもその後に影響を及ぼしているのかもしれないです。
 土曜や日曜になると、とりたてて特定の歌手のファンではないけど(これが痛恨なのだが)各局の音楽番組をずっと聴いていたりしましたね。その中で印象深いのが、やはり「決定!全日本歌謡選抜(東京・文化放送)」だったわけです。小川さんの馴れ馴れしい司会ぶり、丹羽孝子アナとのバトル?、バックに流れる偽コンピュータ音(ピーヒャラ、ダダ、ダダっていう音だった・・・昔の大型コンピュータね)、電話リクエストの末尾制限、みんな懐かしいなあ。ゲストもスタジオ、電話含め結構登場していて、もちろん奈保子さんも何度となく出演されたと思うのですが、個別の記憶は残念ながら残ってないですね・・・

 で、ラジオ好きが高じて、ラジオ作りに手を染めたのもこの頃。当時、町のおもちゃ屋や模型屋には、当たり前のようにトランジスタラジオのキットが置いてありました。それらを簡単そうなものから順に買ってきては組み立てていましたね。音が出た瞬間の感動がイイのです。
 就職したころから、だいぶテレビ寄りの生活になりましたが、今またラジオ中心の生活に戻りつつあります。原因はインターネットです。パソコンの画面を見ながらテレビはきついですから・・・自然とラジオに手が伸びます。今も傍らで、キットを組み上げた真空管ラジオが「深夜便」のやわらかい音を奏でています。

ん、奈保子さんのラジオの話がないって?
では「賽は投げられた」から「なおたつ賞の思い出」をご覧ください。(笑)

|

« アイドルは呼び捨てが当然? | トップページ | あれから1年・・・ »

ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/148752

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ少年:

« アイドルは呼び捨てが当然? | トップページ | あれから1年・・・ »