« MY SONG FOR YOU | トップページ | 奈保子さんの扱われ方に異議あり »

2004年1月11日 (日)

個人サイトの音楽著作物使用

当店リンクサイト「河合奈保子音楽夜話」の日誌コーナーにて、ウチの本館をご覧になってこんなお話をされています。

TEAROOM ☆ NAOKO さんでは、JASRACの許諾を得て奈保子さんの歌詞を掲載されています。個人サイトでそんなことが可能なのか!

 確かに、私の乏しいネット経験では、いわゆるファンサイトでJASRACの許諾マークを掲げているところには行き当たったことはありませんね・・・そういう点では、ウチのサイトは異色なのかもしれません。
 しかし、よくよく考えてみればわかることなのですが、JASRACは別に楽曲使用の制限をする団体ではないんですね。むしろ、許諾さえとれば楽曲の使用は大歓迎という立場でしょう。ですから、商用使用と非商用使用では取り扱いが若干異なるものの、個人サイトだから使用を制限する、といったことはありません。JASRACもインターネット時代に対応してホームページで許諾申請を受け付けていますし、サイト運営者の方で楽曲を使用したいという方はチャレンジしてみては・・・ただし、JASRACが管理していて許諾を出している対象は、純粋に詞と曲だけです。その詞と曲を用いてアーティストが演奏し録音されたもの(つまり市販CDに収録された演奏)はレコード会社にも権利があり、そちらの許諾は別途の扱いとなります。(コロムビアは理由の如何を問わずHPでの利用はすべて断っているようです)

 さて、上記引用の日誌のなかで

一番影響を受けたと思われる職業作詞家さんから順に掲載していただきたい

というご要望をいただいておりますが、そもそも歌詞掲載をするメインの意図が違うのでご期待には添えない結果となっております(笑)。歌詞の解説はオマケみたいなもので、ルーツや下敷きの探索に至ってはマスターにとってどうでもよいことです。ではウチの本当の意図は何か・・・
 それは、河合奈保子さんをもっと具体的に応援したい、ということです。遅れてきたファンであるマスターは、奈保子さんの活躍期に一度もレコードを買ったり、本を買ったり、コンサートやディナーショーへ行ったりしたことがありません。大変な不届き者です。追いかける立場のマスターは、現行商品はあ~る盤も含めほぼ入手したものの、それ以上のことは出来ずとてももどかしかったのです。そして、マスターにできることで残っているのは、「サイトで楽曲を使用すること」という結論に至ったというわけです。曲そのものは許諾の関係で無理となれば、対象は歌詞。だからなるべく奈保子さんの作詞曲がいい。そういう観点で掲載曲を選んでいます。もちろん、歌詞を掲載したからといって奈保子さんや関係者へ行く金額は微々たる物です。それに奈保子さんは印税方式でなく芸映音楽出版に権利を売り渡しているかもしれないし・・・

 はっきりいってお客様不在の独りよがりの考えかたですし、ええかっこしいと思われるかもしれない。それなんで歌詞探訪コーナーを開設したとき、その意図は黙っていたのですが、音楽夜話さんに話題を振られてしまったので正直にお話ししました。後追いという特殊な環境下の、マスターなりの応援スタイルとして、ご理解いただければ幸いです。

|

« MY SONG FOR YOU | トップページ | 奈保子さんの扱われ方に異議あり »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7234/90345

この記事へのトラックバック一覧です: 個人サイトの音楽著作物使用:

» 印税の行方 [音楽夜話日誌 - wordpress]
芸映ホームページのタレントプロフィールに実際に具体的な芸能活動をしていない奈保子さんが掲載され続けている 大きな理由がこの印税にあるのかな [続きを読む]

受信: 2004年1月11日 (日) 01:01

« MY SONG FOR YOU | トップページ | 奈保子さんの扱われ方に異議あり »