2021年1月17日 (日)

26年目の1.17

 きょう1月17日は阪神淡路大震災から26年の日でした。新型コロナ禍の中、関東ではますます扱いが小さくなって、ラテ欄に阪神の字のなんと少ないこと。テレビジョンに日中帯のワイドショーがなく、ラジオもいわゆる昼ワイドのない日曜ということもあるのかもしれません。

 きょうは午前中、radikoでラジオ関西(神戸558kHz)を聴いていました。
 9時からは「サンデー神戸」の拡大生放送版。神戸市消防局の方が出演していましたが、当時の消火活動の生々しい証言が印象的でした。そして、「教訓は『課題』と置き換えられる。教訓をあたりまえのことにして教訓を消していくのが私たちの役目」と言っていたのも印象的でした。
 10時からは特別番組「知らないけど知っている~私たちの1.17」。震災を直接知らない高校生の放送部員がワークショップなどを通じて震災を知り、自分たちがどう震災を伝えていくかということに取り組む姿を紹介していました。最後は防災CMを制作し発表してましたが、実際に使えそうな出来でした。「サンデー神戸」でも舞子高校の生徒が震災を伝えていく取り組みを紹介していましたが、若い方がこうして伝えることに取り組んでいるのは心強いことだと思います。放送の中で高校生が、直接知らないことを人に伝えることに悩む姿も紹介されていました。自分たちがしゃべっても「知らないくせに」と言われないかと。。。これは私にも当てはまることです。リアルタイムで大量の報道に接し、半年後に現地も訪れていますが、自分自身も親戚縁者も被災したわけではありません。

 今年は新型コロナ禍の影響で関連行事が縮小や中止になっているそうですが、伝えていくことは不要不急ではありません。

 「明日が1.17かもしれない」

 放送でもそんな言葉がありました。

こちらもどうぞ。

神戸新聞 【特集】阪神・淡路大震災
1.17→ (イッテンイチナナカラ)
 ・・神戸の大学生を中心に活動しているプロジェクト。

【追記】
 放送協会もラジオ関西も、震災で取り上げる歌が、被災直後に学校の先生が作ったという物語性のためか、合唱曲にアレンジされて歌い継がれたせいか「しあわせ運べますように」ばかりなので、私としてはこちらを紹介します。

 『美し都~がんばろや We Love KOBE ~NIPPON version』
 YouTube 平松愛理 Channel *SLOWROOM* より
 新型コロナ禍のなか、KOBEをNIPPONに置き換えた特別バージョンです。

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

「NAOKO ETERNAL SONGS」実見

 あっという間に松の内も明けてしまいましたね。なんだか正月らしくない正月というか。

 さて先月発売された河合奈保子さんの40周年記念DVD-BOX「NAOKO ETERNAL SONGS」、ディスクの1枚目から観始めました。遅いって?はい、遅いですね(^^; 買ってそのままの姿で愛でるというのが案外好きだったりします。昔から、プラモデルとかラジオキットとか、手に入れてから暫く組み立てずに箱のまま眺めていたものです。作ったらおしまいですからネ。

 さて、観た感想としては、改めて奈保子さん素敵だなと。(←あたりまえだ) 歌唱が当初から安定してますね。アレっと思う一瞬がないわけではありませんが、生演奏に合わせてこれだけ歌えるんですから。そして83年からは圧巻の歌唱です。圧倒的にかわいいだけでなく歌にまっすぐなことがわかる表情もいいですよね。

 ま、そんなことはわかりきったことなんですが、このDVDではテレビジョンの番組をどう収録しているかというところも関心事でした。いろんな意味で編集がすごいですね。17年に出たNHK映像集「河合奈保子プレミアムコレクション」では奈保子さん以外に映り込む人物に徹底的にスモーク処理が施されていましたが、今作ではスモーク処理はなし。ですのですっきりクリアに観られるのですが、奈保子さん以外のタレントは徹底的に映らないように編集してありますね(バンドメンバーや中継先の群衆はふつうに映ってます)。そして「ザ・ベストテン」ではイントロにかぶせて司会の久米宏さんなどのリクエストはがき紹介などが入ったものですが、それもカット。よく聞くとイントロだけレコード音源などに差し替えられていたりします。これが森友問題なら「改ざん」ですが、権利処理上このようにしなければ発売できなかったのだとすれば、そこは静かに受け入れるところかなあと。そういうところを突き過ぎて「次なる展開」に影響してしまうのは本意ではありませんしネ。奈保子さんの歌唱に特化した形でテンポよく編集してある、と捉えるのが良さそうです(^^)。 曲によって収録数が違っていたりしますが、衣装違いなどを考慮しているのかなと思いました。そういうところはよくできていると思います。

 そうそう、パネル展が開催されていたタワーレコード新宿店を1月11日に偵察したところ、パネル展は終了していましたが特設コーナーはそのまま継続していました。DVDの特典ポスターもまだあるようです(見本に特典ありのシールが貼付されてました)。緊急事態宣言の発令中ですが、通りがかったらお立ち寄りいただければと。お前はどうしたんだって?はい、献血のついでに立ち寄りました。



| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

1週遅れでセ・ノエル

 2021年になりました。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 新年がスタートしたばかりなのに、先月のクリスマスの話題を。ちょうど河合奈保子さんのDVDが発売されたりラジオの特集があったりと盛りだくさんだったので書きそびれたものを、やっぱり書いておきたいなということで。

 ひとつは、藤田朋子さんのクリスマスライブ。12月21日の夜に開催され、東京・南青山MANDALAから配信されまました。店内にも限定で20人入場できましたが、私は配信で視聴。8月にも無観客・配信のみでバースデーライブがあったそうなのですが私は見逃してしまい、TOKOさんのライブは久しぶり。曲はほぼクリスマスソング、そして讃美歌。持ち歌にもクリスマスソングがあるんですねー。サポートミュージシャンはいつもの桑山哲也さん(Acc)と黒木千波留さん(pf)。配信の都合なのかハコの都合なのか時間に制約があったようで、途中休憩なし、夫婦漫談も少なめ、それでも押したようで予定曲を何曲か削っていたようです。TOKOさん、生き生きして楽しそうでしたねー。観ているこちらも楽しかったです。TOKOさんのブログでは、久しぶりにお客様を入れてのライブが出来た嬉しさが綴られています。やっぱり拍手などの反応が返ってくることって嬉しいんですよね。

 もう一つは尾崎亜美さん。例年、TOKOさんのようにクリスマスライブを開催していましたが、昨年は残念ながら無し。その代わり、YouTubeのチャンネル「Stay Home Music 尾崎亜美 小原礼」で例年のクリスマスライブでの定番曲をアップしてくれました。

 Joyful Joyful
 Have Yourself A Merry Little Christmas

 亜美さんは過去にはライブビデオを出したこともありますが、近年はライブ音源を残すことがほぼないので、こうしていつでも視聴できる形で公開してくださるのはありがたいです。そういえば Have Yourself A Merry Little Christmas はTOKOさんもライブで歌ってましたが、TOKOさんは楽しさを前面に出した歌唱とアレンジ(ちょっとジャジー)でした。こうした聞き比べも面白いです。

 というわけで今さら感満載の2題でした。

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

扉座公演「お伽の棺2020」を観る

 きのう12月29日は劇団扉座の公演「お伽の棺2020」の千秋楽を観てきました。この芝居の上演は28日1回、29日2回の計3回のみ。もともとは6月に予定されていた公演でしたが新型コロナ禍で中止になり、東京都の文化芸術支援プログラム「アートにエールを!」のステージ型の助成を得て復活したもの。で、助成の条件が上演を12月31日までに行うこととなっていたために、この歳末の時期の公演になったということです。ちなみに「アートにエールを!」には配信動画を制作する個人型もあって、私が推しているユニット「昭和とらいあんぐる」も参加しています(浅香唯さんのBelieve Againをカバー)。

 さて前置きはこのぐらいにして、「お伽の棺2020」の話。あらすじは扉座のサイトで確認できますので見ていただければと思いますが、私が今まで観てきた扉座の芝居の中でもっともシリアスな内容でした。嘘偽りを語らないことという掟のある村で、ひとつの嘘がまた次なる嘘を生むという展開。純朴な男は嘘をつき続けることに苦しみ、ついに知人に真実を話すも、それは村にとって都合が悪いと、さらなる嘘を強いられる。まるで今大きな問題となっている国会議員の虚偽答弁を彷彿とさせるかのよう。初演は94年なので今の政治を意識して書かれた作品ではありませんが、なんというタイミングでの上演かと思いました。そして、嘘偽りを語らないことという掟の理由がまたあっと驚く内容なんですね。上の目を盗んで不正を働くために正直さで信用を得ようという矛盾。主宰の横内謙介さんらしい、重層的な内容で、正直とは何か、嘘とは何かということを考えさせれた芝居でした。結局、嘘というのは何かを守るためにすること。その守る対象が何かが問題。。。

 シリアスな内容を一層引き立たせるのが演出と舞台の効果。演者はたった4人。蝋燭の光と尺八の生演奏の中で繰り広げられる濃密な芝居。効果音は演者みずからラジオドラマ用の器具で作り出していました。幽玄な世界という感じで、これも初体験でした。

 どーんと重かったけど、観て良かった作品でした。これにて今年の観劇納め。来年、音楽や演劇の公演を取り巻く環境が少しでも良くなることを願わずにはいられません。

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

午前0時の歌謡祭「河合奈保子meets筒美京平」後篇を聴く

 前週に引き続き、28日0:00からの1時間(27日深夜)、FMおだわら「午前0時の歌謡祭~デビュー40周年!河合奈保子meets筒美京平」の後篇が放送されました。

 いやあ、アツイ放送でした!
 後篇はリクエスト人気上位曲を集めて、とのことでしたが、B面曲・アルバム曲が続々登場。今回は筒美京平さんの作曲しばりですのでシングルA面曲に限りがあるという背景もありますが、これだけ幅広くリクエストがあったというのは、さまざまなタイプの曲それぞれに魅力があるということですよね。ちなみにリクエストの人気ベスト3は
 1位:エスカレーション
 2位:モスクワ・トワイライト(アルバム「さよなら物語」)
 3位:唇のプライバシー
とのことでした。これは安定の3曲という感じですね。そして3曲とも吠え系!奈保子さんの「ターボがかかったような」と評される声のドライブ感が生きる曲ですねえ。私は「さよなら物語」の哀愁を感じさせる歌唱も吠え系も好き♪この多様な歌いこなしが奈保子さんの魅力だと思います。

 前週に引き続きリクエストのコメントは想いがこもっているものが多く、いきおい長文のものも(私と同じだ・・・)。奈保子さんのリイシュー作品に多数関与し河合奈保子ナイトも開催しているシャンソン歌手のソワレさんまでリクエストを寄せておられたのにはびっくりしました。20代の若い方からもリクエストがあったのも嬉しかったですね。オーガナイザーの濱口英樹さんは、進行役を離れていちファンとしての思いも少し織り交ぜたトークで当時の考察なども。デビュー40周年を、こういう形でみなさんと思いと時間が共有できたことは、とても良かったです。他のラジオではここまで出来ないでしょう。濱口さん企画いただきありがとうございました。放送がアツかっただけに、終わって虚脱感が(^^;

 解説付きの曲目は、近々番組ブログで出ると思います(←手抜き)

 前週の前篇の曲目はこちらでどうぞ!

 

| | コメント (2)

«4日連続で