2017年6月16日 (金)

「河合奈保子プレミアムコレクション」発売へ

 いやあ驚きました。ニュースサイト等でも報じられているとおり、きょう6月16日、日本コロムビアよりDVD-BOX「河合奈保子プレミアムコレクション」の2017年8月30日発売が発表されました。概要は事実上のポータルサイトである河合奈保子ファンミーティングに掲載されています。
 奈保子さんのコンテンツの商品化は、35周年でファンリクエストによるベストCD「私が好きな河合奈保子」、36周年でライブDVD「河合奈保子ライブ・ベスト」と発売が続いたので、今年は既にお伝えした「河合奈保子ゴールデン☆ベスト」の高品質CDバージョンの発売でお終いかなと思っていたところに望外の嬉しいお知らせ。やってくれるじゃないですかコロムビアさん。

 いやね、今にして思えば兆候はありました。奈保子さんのライブでバッキングボーカルを務めたMILKの宮島律子さんが6月12日にツイッターで、こんな思わせぶりなツイートを発信。

@anemile88
https://twitter.com/anemile88/status/874158894385201154


 また、大の奈保子ファンで知られるエンタメ系ライターの濱口英樹さんは、パーソナリティを務めるFMおだわら「午前0時の歌謡祭」の放送予告としてこんなツイートを6月11日に発信。

@0jikayou
https://twitter.com/0jikayou/status/873867129858031618


 なんかあるのかも・・・と思いつつも、奈保子さんの名前は出てこないので確証が持てず静観していたのでした。ちなみに6月11日の「ソワレバースデーライブ」でも情報のリークはありませんでした(微笑)。

 発売に対しての所感などはまた改めて。まずは今年も盛り上がれることを喜びたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

ソワレライブ2017

 きょう6月12日は私が贔屓にしているシャンソン歌手・ソワレさんのバースデー。おめでとうございます。
 そして昨11日は、一日早い恒例のバースデーライブを観てきました。場所はお馴染み、自ら社長になっている東京・渋谷のサラヴァ東京。客席が一杯になった会場は、圧倒的に女性が多いのもいつもの光景です。

 演奏は最近のソワレさんのライブではお馴染みの鼓緒太さん(Pf)、うのしょうじさん(Cb)、BunImaiさん(Dr)のトリオに加え、スペシャルゲストプレイヤーにトビウオリアキさん(Vla)を迎えた華やかな編成。いやー、トビウオさんが懐かしかった。当店の古い(失礼!)お客様にはご記憶の方もいらっしゃるかな?私がソワレさんと出会った(正確には会いに行った)ころソワレさんのライブでヴィオラを弾いていたのがトビウオさんで、その後「タツノコ座」なるオペレッタショー一座のメンバーにもなっていて良く観ていたものです。(当時の記事はこちら) 約10年ぶりぐらいにお会いしましたが変わらず素敵でした。

 今年のプログラムは、1部がシャンソン、2部がオリジナル(自作)という構成でした。オリジナルをまとまって歌うのは久々のようでした。全アコースティック編成のバンドということもあり、全体的にはしっとり目、落ち着いた曲が多かったですが、1部・2部の後半には盛り上がれる曲も仕込んであり、事前に呼びかけのあった紙テープも飛んでました。私も投げた(^^)
 2部のラストでは新曲「マイディア」も披露しましたが、いかにも越路吹雪さんが歌いそうな良い感じの曲でした。シャンソン歌手ですがカバーを歌うだけでなく自作を続けているのは素敵だと思います。

 そして、バースデーライブといえば衣装に凝るのも毎年恒例。今年は1部が越路吹雪さんのリサイタルでの衣装を模したもの、そして2部は河合奈保子さんの「デビュー -Fly Me To Love」の時の衣装を模したたもの。スカートではなくパンツルックに変えてましたけどね(微笑)。余談ですが、2部の衣装で登場したときにどの曲の時の衣装だったでしょうとソワレさんに問われましたが、答えられませんでした(^^; 

 で、この衣装が伏線だったんですねえ。アンコールではなんと、その「デビュー -Fly Me To Love」を熱唱♪さらに、アンコール終了後のバースデーセレモニーでは、やっぱり今年も出ました!プレゼンターのなりきり河合奈保子さん(^^)
Soiree2017_1
 この衣装は「UNバランス」ですね。これは私も分かった!


 今年のバースデーライブも楽しかったです。ソワレさんの唄も絶好調で、バンドの音も厚みがあったし、良いライブでした。社長業も忙しそうですが、また1年、歌い続けて欲しいなと思います。

 最後に、なりきった二人の奈保子さんの終演後のショットを(^^)

Soiree2017_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

いまのまいバースデーライブ2017

 きょう6月3日は私が贔屓にしている歌い手、いまのまいさんのバースデー♪ そして、昨日は一日早いバースデーライブを観てきました。

 まいさんのバースデーライブはこのところ東京・四谷三丁目のソケースロックで開催するのが定番でしたが、今年は予約が取れなかったそうで、最近のライブ活動の拠点である東京・神田MIFAで開催。ソケースロックはライブレストランなのでミュージックチャージの他に飲食の出費が嵩むのですが(^^; MIFAは一般的なライブハウスなのでお財布に優しいのが嬉しかったりします。

 まいさんは今年、劇団の子役として芸能活動を始めてから35周年、そして来年は歌い手としての活動開始30周年だそうで、例年よりも一段と気合いが入っていた感じ。最近の主な活動である3人ユニット「昭和とらいあんぐる」にゲストミュージシャンを加えたフルバンドでの演奏で20曲以上歌いまくり、一部の曲にはヴァイオリンまで入るという贅沢で楽しいライブでした。ちなみに衣装チェンジは3回(^^)

 選曲は80年代後半を中心としたアイドルポップスでしたが、生バンドということでカラオケ音源が入手できないようなB面曲、アルバム曲などをここぞとばかりに大量投入してきて、かなりマニア度高め。まさにやりたい放題(褒め言葉デス)。そんなに幅広くない私は知らない曲が半分以上だったかも? でも、長年歌いたかったという曲を嬉しそうに歌う姿を見ているとこちらも嬉しくなるものです。私が個人的に一番盛り上がったのは斉藤由貴さんの「眠り姫」。この曲はコンピ盤「名曲発掘!ジュエル・バラッズ」を個人的に強く推していた関係で耳馴染みですが、印象的なヴァイオリンの音も生で入って素晴らしいものでした。全曲目はいずれ、まいさんのブログに出るでしょう(手抜き)

 まいさんはカバー曲を歌う時でも歌真似はせずに、まいさんらしく歌いますが、「キーは原曲どおり」にはこだわりがあるようで、もし原キーで歌えなくなったら歌うのをやめる、なんてことを話してました。プロの当人でさえ、長期間活動している方の中にはキーを変えて(下げて)歌う方も珍しくないですが、そこがまいさんの曲に対する愛なんでしょうね。これからもますますの活躍を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

デビュー37周年♪

 きょう6月1日は河合奈保子さんのデビュー満37年の記念日です。
 ご本人の活動にこれといった動きがないのは残念ではありますが、節目の35周年はファンリクエストによるベスト盤「私が好きな河合奈保子」が発売、昨年の36周年はまさかのDVD「河合奈保子ライブ・ベスト」と写真集の発売が続き、2年続けて盛り上がれたのは嬉しいことでした。さすがに37周年は息切れといった感じもありますが(^^; 既報のとおり既存ベスト盤の高品質CD化の流れに乗って「ゴールデン☆ベスト」が発売される予定であり、コアではない方にも手にとって貰えたらと思うところです。

 そんなデビュー記念日にFMおだわら「GOOD DAY! ODAWARAが好企画。木曜パーソナリティ・いまのまいさんの独壇場いや責任編集コーナー「まいのアイドルメモリーズ」で奈保子さんの特集がありました。番組で流れた曲は次の通り。

 1.大きな森の小さなお家
 2.スマイル・フォー・ミー
 3.ラブレター
 4.夏のヒロイン
 5.UNバランス
 6.デビュー ~Fly Me To Love
 7.MANHATTAN JOKE
 8.十六夜物語

 吼え曲が少なめですが初期から自作期まで幅広いラインナップ。リクエストがたくさん寄せられたそうです。30分のコーナーでトーク込みでこれだけ流すのですから、どの曲もほぼ1コーラス(2コーラス目はBGM)ではありましたが、これもなるべくたくさんのリクエストに応えようという姿勢の表れ。なので個人的には良かったと思います。まいさんの奈保子さんに対する印象もたっぷり語ってましたが、歌唱力の高さや声のさわやかさ、作曲活動などにも触れていてとても好感が持てるものでした。まいさんありがとうございました。


 さて、37周年を迎えての所感ですが。。。最新のWORKSである池田泉州銀行へのCM楽曲提供からも7年が過ぎ、何か動きがあると嬉しいなあと思いつつも、マイペースな奈保子さんを温かく見守るという立場は堅持していきたいと思います。歯がゆい気持ちも正直ありますが、奈保子さんの意思がいちばん大事かなと。
 今はリアルに接することができなくても、残された音源や映像から伝わる素晴らしい歌唱やメロディ、そしてライブパフォーマンスは、年を経ても色あせない魅力を放ち続けています。奈保子さん、デビューしてくれてありがとう。
 

| | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

「僕らのポプコンエイジ」ふたたび

 昨年大いに盛り上がり好評だったジョイントライブ「僕らのポプコンエイジ」が今年も4カ所で開催され、きのう5月20日の千秋楽(千葉・市川市文化会館)を観てきました。客席は目視の範囲では満席の盛況。

 千秋楽の出演者は出演順に、八神純子、Chage、石川優子、スリーハンサムズ(細坪基佳、中村貴之、平賀和人)、因幡晃、谷山浩子、三浦和人(敬称略)。特に司会者は置かない構成ですが、Chageさん三浦和人さんのコンビが実質的な進行役相当といったところでしょうか。

 昨年は石川優子さんの25年ぶり(26年ぶりという表記もあります。数え方の違い?)のステージ復帰が大きな話題となり、客席が一番熱く盛り上がりましたが、今年の市川もやっぱりいちばん盛り上がったのは石川さん。Chageさんとの本家版「ふたりの愛ランド」ではスカッと総立ちでした。昨年ステージ復帰したとはいえ、ポプコンエイジ以外での音楽活動は無かったはずで、プレミア感がありますものね。ファンの方々、良かったですね。羨ましいです・・・河合奈保子ファンとして。Chageさんから「もうソロライブやったら?」とけしかけられて、石川さんは「いえいえ、もう緊張しっぱなしで顔ひきつっちゃうし・・」と応じていましたが、実現したらいいですよね。

 もちろんその他の出演者もそれぞれに素晴らしいステージで、ふだんジョイントライブにはそんなに出かけないのですが、いいライブだったなあとしみじみ。特に印象に残ったのは八神さんの圧倒的は迫力ある歌唱。そして因幡晃さんの、重厚な歌唱と軽妙なトークとのギャップ(笑)。こんなに面白い人だとは知りませんでした。「歌は暗く、トークは明るくで41年」とかおっしゃってましたが、さだまさし路線でしょうか(笑)。今回の出演者の中では一番見慣れている谷山さんは、昨年60才になったという発言で客席から軽くどよめきが。「60になったと言って、えー、見えない~と言われるのが好きです」と谷山節全開でした。

 ちなみに、曲数は各出演者とも2曲ずつ。ユニットのスリーハンサムズは「N.S.P」と「ふきのとう」のコピーバンド(笑)ということで3曲、石川さんとChageさんはデュエットが別枠扱いでしたが。。ひとり2曲はあっという間ですが、こういうジョイントライブの構成としてはバランス的にはちょうど良い感じですかね。選曲は、ポプコン時代の曲で揃えた方と、最近の曲を1曲入れてきた方とで分かれました。現役感を出すか、懐かしい気持ちに浸って貰うかで判断が分かれたのでしょうね。最後は全員で「時代」を歌ってましたが、当事者の中島みゆきさんはこういうイベントには出ないですよねぇ。あ、八神さんが最後まで残ってらっしゃらなかったのは少々残念でした。。。

 来年もあるのかな?「観たい人はアンケートに書いてね」と盛んにアピールがあったので、私もアンケートには期待を込めて書いておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今年の奈保子さんの新商品は