2019年1月17日 (木)

阪神淡路大震災から24年

 1月17日は阪神淡路大震災から24年の日でした。
 震災20年を過ぎたころから「記憶の継承が課題」と言われながら、実際には年を経る毎にメディアで取り上げられる量が減っているように感じます。関東では今日の新聞のラテ欄を見ても、民放テレビジョンのニュースやワイドショーは大相撲と大手アイドルグループ新潟支店の話題が幅をきかせ、阪神の文字を見かけません。そんななか唯一、放送協会だけはNHKスペシャルで災害時の救助におけるトリアージを取り上げていました。大災害が発生すると、救助要請に対して圧倒的に救助の人員が足りず、選別せざるを得ない。阪神淡路のときの東灘消防署の救助活動記録をひもとき、部隊によってどんな判断をしてたのか、救助隊員の葛藤などを紹介していました。当時トリアージという言葉は一般的でなかったと思いますが、現場の判断で同じようなことが行われていたといいます。救助を後まわしにされた遺族の心情や、トリアージの対応訓練の様子も紹介されていました。

 この救助トリアージについて、震災直後に取り上げていたのが神戸新聞でした。95年1月20日朝刊の社説「被災者になって分かったこと」で次のような記載があります。

『東灘消防署にある救助本部へいく。生きている可能性の高い人からやっている、お宅は何時になるか分からない、分かってほしいといわれる。十分理解できる。理解できるが、やりきれない。』

 奇しくも今回、番組で取り上げた東灘で被災した論説委員長の体験と心情が率直に綴られた社説は、大きな反響を呼んだといいます。24年たって、このときの経験をどう生かしていくか、どう社会に理解してもらうか、当事者になったときどう受け止めるのか、番組を見ながら考えさせられました。


地元紙の神戸新聞は今年もウェブサイトで特集ページを出しています。ご覧下さい。
【特集】阪神・淡路大震災

引用した社説の全文はこちらで読めます。
社説 被災者になって分かったこと/阪神・淡路大震災

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

【告知】いまのまいさんのライブがラジオで

 12月にいまのまいさんのライブ「まいのアイドルメモリーズ年末大感謝祭」を観てきたことを綴りましたが、当日のライブの模様がFMおだわらで流れます。

「まいのアイドルメモリーズ新春特番」
 2019年1月13日(日) 17:30-18:00
 FMおだわら聴取方法
 ・小田原市内:FM78.7MHz
 ・インターネット:FMおだわらHPにて全国で聴取可

実は13日は再放送。
6日の本放送を聴いたのですが、アンコールで歌った「疑問符」も流れましたので告知した次第です。
私の文章でしかまいさんのことを知らないと言う方、この機会に如何でしょうか。

なお、番組中にライブ会場でのリスナーのインタビューがあって、好きなアイドルとして河合奈保子さんと答えている方の声も入っているのですが、私ではありません。疑問符をリクエストしたのは私ですが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

年末の大型音楽番組は

 新しい年を迎えました。いささか遅くなりましたが、みなさん如何お過ごしでしょうか。穏やかな年であると良いですね。といいつつ出鼻で熊本では強い地震に見舞われましたが、大きな被害にはなってないようなのは救いです。

 さて、年末恒例の大型音楽番組というとNHK紅白歌合戦と日本レコード大賞。注目度が高い分、毎年あれこれと感想・批評が出ます。紅白で良くあるのが出演者の人選や演出(選曲とか、今どき男女別もないでしょ?とか)。レコ大はずばり表彰結果について。どちらもモヤモヤしている方が多いようで。

 私も紅白を見ているとあれこれ思うところはあります。細かいところですが、ステージにバンドを乗せて生演奏して欲しいとかね。ただ、紅白は日本放送協会が自主制作するいち番組に過ぎません。ですから全ては放送協会の裁量の範囲であって、なぜこの人選なのか、なぜこの演出なのかをいちいち説明するようなものではないと私は思います。とはいえ放送協会は受信契約者の受信料で成り立っているので、契約者の期待から離れすぎると結局はしっぺ返しを受けることになるでしょう。そこである程度の牽制が効くと考えます(性善説ですが・・・)。

 一方、レコ大は紅白とは違います。音楽番組として放送されていますが、肝である日本レコード大賞は、制定委員会にTBS系列の放送局のほか新聞社や音楽評論家らも入ってはいるものの、主催は公益社団法人日本作曲家協会です。一般社団法人と違って公益性が認められている団体であり、税制面でも優遇があるのですから、事業内容すなわちレコード大賞については「説明責任」が伴うものと考えます。番組を見ていると結果発表だけで講評も何もありませんが、受賞理由は説明すべきだと思うのです。まさか説明できないような選考をしている、とは思いたくないのですが。。。
 

 思うところをつらつら綴りましたが、地上波テレビジョンでのレギュラーの音楽番組が少ないなか、年末の大型番組が貴重な存在であることは確かです。音楽でみんなが笑顔になれれば良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

快諾の意味するところは

 すでに本館トップには掲載しておりますが、かつて近代映画社から発売された河合奈保子さんの特集別冊が電子書籍で復刊されています。12月20日に全7冊のうち「パート3」が配信され、週刊ポストによれば残る6冊も来年2月までに順次配信とのこと。

 写真集(厳密には「別冊近代映画」は写真集ではないのかもしれませんが・・・)は放っておいても売れると思うので、当店で積極的に取り上げる必要はないと思っているのですが、少々気になることが。
 この件を報じた日刊スポーツの記事によると、このデジタル復刊に対して奈保子さんが「快諾してくれた」とされています。え?そうなんだ・・・というのが私の感想です。これまで発売されたCD・DVD類(BOX含む)のブックレットには写真も多数掲載されていますが、水着のカットはありません。これは本人サイドにその手の写真は控えてほしいという意向があったからとされているので、随分変わったなあと。もっとも2016年にはマガジンハウスから写真集「再会の夏」が発売されているので、今さら驚くこともないという話でもあるのですが、その際は「快諾」かどうかまでは分からなかったので。。。

 これをどう捉えるか。。。過去のビジュアルのワークスの扱いに対して考え方が軟化したと前向きに捉えることもできますが、表に出るつもりがないのでもはや「縛り」をかける必要がないと考えるようになった、なんてことだったらどうしよう、なんて思ったりもして。なんとも計りかねるのですが後者だったら淋しいな。。。ちょっとネガティブ過ぎますかね。願わくば表に出る活動にも「快諾」して下さると嬉しいのですけどねえ。


 ・・・という内容で締めるのもなんですが、年内の営業はこれまで。この一年ありがとうございました。みなさん良いお年を。そうそう、TPP11がきょう、発効しました。ニュースでは輸出入の関税の話に偏っていますが、著作権法関連では権利の保護期間が著作者の死後50年から70年になったり、一部が非親告罪化されたりします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

まいのアイドルメモリーズ年末大感謝祭

 12月26日は私が贔屓にしているシンガー・いまのまいさんのライブ「まいのアイドルメモリーズ年末大感謝祭」を観てきました。場所は東京・六本木の「音楽実験室・新世界」。六本木というよりは西麻布に近い感じです。ライブタイトルがちょっと変わっていますが、FMおだわらでパーソナリティを務める「GOOD DAY! ODAWARA」内で80年~90年代のアイドルソングをかけまくるコーナー「まいのアイドルメモリーズ」に連動した企画で、この1年で放送した曲の中から生バンドで歌うというもの。

 事前にリクエストを募っていたこともあり、まいさんのこだわりもあり(微笑)、曲目はB面曲・アルバム曲も含めマニアック寄り(^^; かつてまいさんが主宰していたイベントライブ「懐かしのアイドルソングの巻」を彷彿とさせる感じでした。存じ上げない曲も多かったのですが、愛をもって歌うまいさんの歌唱は素晴らしく、バンドの音も良くて良いライブでした。

 で、どんな曲を歌ってたかは、ツイッターで分割報告がされてます。

 1部 その1
 1部 その2
 1部 その3

 2部 その1
 2部 その2
 2部 その3

 アンコール その1
 アンコール その2


 まあ、曲目だけ全部書き写しても良かったのですけど、ツイッターはジャケ写がついているので良いかなと。

 個人的には、アンコールで河合奈保子さんの「疑問符」が聴けたのが嬉しかったな。吠え系が素晴らしいまいさんには、いままでそちら系統の曲をリクエストしがちだったのですが、落ち着いてじっくり聴かせる曲も素晴らしかったです。この曲の前後だけはバンドではなく、まいさん主宰のユニット・昭和とあいあんぐるでアコースティックな演奏。Keyの原川さんがコーラスにも入って、しみじみ良い曲だなと。

Imemo2018
 【「疑問符」を歌う いまのまいさん】


 あまり記事化はしてませんが(^^; 実はまいさんのライブは月1ぐらいのペースで観ていて、時々リクエストにも応えてくれたりするので感謝しています。来年もまた素敵なライブがあることを楽しみにしています。

<ミュージシャン>
昭和とらいあんぐるスペシャルバンド

原川マコト(Key,Chor) (昭和とらいあんぐる)
福島崇(Gt) (昭和とらいあんぐる)
絲井勇太(Ba)
飯島マサタケ(Dr)
横田誠(Sax)

   ・

いまのまい(Vo,Mc)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«鎌倉のスペシャルな夜