2017年11月21日 (火)

タワレコ新宿店の現況

 DVD「河合奈保子プレミアムコレクション」の発売に合わせタワーレコード新宿店8Fに設けられた奈保子さんの特設コーナーですが、11月18日に偵察したところ、ついに終了となっておりました。
 さすがに私もこまめに定点観測しているわけではなく、直接この目で見たのは衆院総選挙の前日、10月21日が最後でした。従っていつ終了したのかは推測ということになりますが、奈保子さんの特設コーナーの跡地が現在、松田聖子さんの特設コーナーになっているので、その映像商品とベスト盤が発売された11月15日の直前まで存在していた可能性があります。もしそうだとすれば2ヶ月半ものロングランの展開をしていただいたわけで、実にありがたいことです。
 しかも!特設コーナー終了ではありますが、同場所では多少場所を移動しつつもDVD「プレミアムコレクション」「ライブベスト」、CDベスト盤「私が好きな河合奈保子」がコメントカード付きで面出し陳列中であり、フォトパネル展も健在!つまり天井付近の大看板と壁掛けディスプレイによるDVD映像放映は無くなったものの、奈保子さんの商品を引き続き推している状態と言っていいと思います。これもまたありがたいことです。
 便利さと値引き率の良さでネット通販が幅を利かせる世の中ではありますが、リアル店舗でこのように展開してくれるところは応援したくなりますね。他の支店での扱いはアレですが(^^; 新宿店にはこれからも頑張って欲しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

亜美さんの還暦記念盤発売へ

 尾崎亜美さんは今年還暦を迎え、その記念コンサートを7月に行って大好評だったのですが、そのコンサートのゲストコラボコーナーをパッケージしたようなCDが2018年1月に発売の運びとなりました。

『Life Begins at 60』
2018年1月17日発売予定
規格番号:CRCP-40541
売価:2,500円(税抜)

 前々から亜美さんのオフィシャルサイト(のブログ)では制作進行中ということは綴られていたのですが、6日に情報解禁になったようであちちこちの音楽情報サイトで取り上げられています。

 もちろん、発売元のクラウンでも情報が出ているのですが、少々素っ気ないので(失礼)歌謡曲リミテッドの記事を読んでいただけるとよろしいかなと(微笑)。

 収録内容を見ていただけると分かりますが、7月の還暦コンサートの第1部の抜粋版という趣になっています。ただしコンサートの実況録音ではなく、あくまでスタジオでの新録。1曲だけですが新曲もあるのが嬉しいですね。

 また、紹介の記事中にもありますが、7月の還暦コンサートの第2弾が東京と大阪であります。こちらも楽しみです。お時間ありましたらお運びいただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

依然、健在

 いささかこちらに綴るのが遅くなりましたが(^^;

 10月14日(土)に所用で東京・新宿に出た時にタワーレコード新宿店に寄ったのですが、8Fに上がってみると、下りエスカレータ前の河合奈保子さんの特設コーナーとミニフォトパネル展は依然、健在でした(^^)

 NHK出演映像集「河合奈保子プレミアムコレクション」発売から既に6週間を過ぎてもコーナーが継続しているのは嬉しい限り。特にミニフォトパネル展はもっと早くに終了予定だったのが延長、延長で来ているみたいで、売上でそれなりの実績が出ているか来店者から好評なのかのどちらかなんでしょう。
 もともとこの特設コーナーは大型液晶ディスプレイが常設されている場所なので、宣材映像が提供されているDVD商品との親和性が高いところではあるのですが、やっぱりテレビ番組の映像というのは一般にウケがいいんでしょうかね。一般リスナーが衝動買いするには値が張る商品ですが(^^; 足を止めて宣材映像だけでも見て、歌唱の良さが伝わってくれたらなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

河合奈保子ファンミーティング2017開催!

 こちらで告知していた「再会の秋 河合奈保子ファンミーティング2017」をきのう10月10日、東京・渋谷のサラヴァ東京で観てきました。ファンミーティングと称するイベントは各種開催されていますが、大抵はご本人が登場する他の企画とは違って、もちろん?昨年に引き続きご本人の登場は無し(^^;。 それでも人が集まるというところが奈保子さんの素晴らしさを示していると考えたいです。(そうえいば今年夏に開催された岡田有希子さんのファンミーティングも盛況だったそうで)

 ファンミーティングは3部構成で、第1部はシャンソン歌手&サラヴァ東京社長のソワレさんによるトリビュートライブ。今回も素敵な曲が並びました。

1.WEATHER SONG (アルバム「HALF SHADOW」より)
2.SECOND NATURE (アルバム「DAYDREAM COAST」より)
3.ささやかなイマジネーション (アルバム「あるばむ」より)
4.終夜の蛍 (アルバム「JAPAN as waterscapes」より)
5.クラブ・ティーンネイジ (アルバム「Scarlet」より)
6.プリズム・ムーン (微風のメロディーB面)
7.けんかをやめて (95年「NHK歌謡コンサート」の尺で)
8.月影のふたり (アルバム「Calling you」より)

 これまでのソワレさんのトリビュートライブは小編成のバンドでの演奏でしたが、今回は初めてピアノだけの演奏で、曲目はピアノが合うものを選んだということでした。ピアノ担当は最近ソワレさんのライブで弾くことが多いドビッチーまゆさん。良い演奏でした。ソワレさんはもちろん原キーで歌唱。シンプルなステージでしたが、シンプルだからこその良さも分かる良いライブでした。「月影のふたり」では客席もコーラスで参加して良い思い出になりましたし。ソワレさんは「前座だから」なんておっしゃってましたが、もっと聞いていたかったなあ。。
 そうそう、衣装はソワレライブ2017の2部と同じ、すなわち「デビュー -Fly Me To Love」の時の衣装を模したたものでした。


 第2部はFMおだわら「午前0時の歌謡祭」パーソナリティの濱口英樹さん、日本コロムビアで奈保子さんのリイシューを手がける衛藤プロデューサを迎えてのトークライブ。とりとめもなく話し出すと止まらなくなるということで、衛藤さんの出すテーマ(質問)に沿って話を進めていきました。

・奈保子さんとの初めての出会い(テレビなど)
・初めて生で見たのは(ライブなど)
・最後に生で出会った体験
・好きな奈保子さんの衣装
・DVD「プレミアムコレクション」で良かった映像

 それぞれの立場の違いがトークに反映されて面白かったですね。例えば最後に生で出会った体験でいうと、ソワレさんと濱口さんはファンという立場ですが、濱口さんは社会人になるタイミングでアクティビティが下がらざるをえず、87年のイーストライブが最後なのに対して、若いソワレさんは95年のライブ「音の流れの中で」がオフィシャルでは最後(その後、街で偶然遭遇した経験あり)。衛藤さんは逆に社会人になって、つまりコロムビアに入社して赤坂の本社内で取材中の姿を見たのが最後とか。
 DVDで良かった映像でも、濱口さんは見る機会が減っていた時期の「歌謡コンサート」が見られて良かったというのに対して、ソワレさんは自身がNHKホールで観覧していたレッツゴーヤングの「唇のプライバシー」あたりが良かったという、思い出に重ねての感想を。

 トークライブでの衛藤さんの証言は印象的でした。初めての出会いが東京12チャンネル(=テレビ東京)の「おはようスタジオ」の観覧後に芸能人の入り待ちをしていたときだそうですが、他の芸能人がただ通り過ぎるだけなのに奈保子さんは玄関前で振り返ってお辞儀をしたのを見て、いい人だなと思ったそう。また、最後に奈保子さんを見た時は、コロムビア本社の階段の踊り場で奈保子さんが取材を受けていたので通行を遠慮していたら、奈保子さんが「どうぞどうぞ」と通してくれたそう。社内の誰もがいい人と言うそうで、奈保子さんの人柄がわかるお話でした。


 第3部はクイズ大会。奈保子さんの活動期である80年~96年を1年毎に区切ってその年のエピソードなどから出題され、当てた方にはソワレさんや衛藤さんが持ち寄ったグッズ類やマガジンハウスから提供のポスターなどが賞品として振る舞われました。けっこう難しくて、データ系に疎い私はなかなか分からなかったですが、運良く1問だけ当てることができました。中には何問も当てて賞品をコンプリートする勢いのファンもいらして、すごいなあと(微笑)

 押し気味で進行したファンミーティングは22時頃に終了、あとはバータイムで映像を見ながら遅くまで呑んでいました(^^)。ソワレさんとの交流もみなさんしていたようですね。


 昨年のファンミーティングは土曜の夕方から開催、しかもネットニュースでも開催告知が出回ったということもあってか盛況でしたが、今年は平日の夜の開催ということで都合が付かず行けなかった、という方もいらっしゃったでしょう。コンパクトでアットホームなミーティングになりました。それでも遠方からおいでの方もいらして、大人しめながらも静かな熱さを感じるものでした。このような機会を提供していただいたソワレさん、出演の濱口さん、衛藤さんありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

今週は亜美ウィーク

 NHK-FMに「夜のプレイリスト」という番組があります。ひとりのアーティストが、思い出のアルバムや影響を受けたアルバムを選び曲を紹介する番組ですが、今週10月10日(火)~10月14日(土)は尾崎亜美さんが出演。5夜連続でたっぷりと曲を紹介する予定です。

 番組公式ページ:夜のプレイリスト

 ここで注意したいのが日付。
 放送時間が0:00~0:50、つまり日付が変わった直後で、実質的には月~金の深夜の放送です。民放なら深夜24:00~25:00と案内するところですが、このあたりは放送協会は日時の表示が忠実というかオカタいというか(苦笑)。そんなわけで初回はきょう9日深夜の放送です。聞き逃したかた向けには10月16日(月)から夕方18:00に再放送もありますが、再放送がない地域もあるということですので、本放送をお聞きになるなりタイマー録音されることをお勧めします。

 さて、どんなアルバムが紹介されるのでしょうね。ステージトークでは「影響を受けた音楽はバッハとキダ・タロー」なんておっしゃってるのですが(微笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«尾崎亜美&岡本真夜in身延