2019年12月10日 (火)

1937年はどんな年だったのか

 先月観劇した扉座公演「最後の伝令~菊谷栄物語」は1937年(昭和12年)が舞台でした。エノケン一座の座付き作家が召集され、あっけなく中国で戦死してしまった実在の人物をモチーフにした芝居でしたが、そもそも1937年とはどんな年だったのか、自分でもすこし調べてみました。

 作品を書いた扉座の横内謙介さんはブログで「作品の事前検閲は激化し、すでに思想統制は始まっていて、菊谷も言葉狩りに遭って、苦労したようだが、ジャズの演奏や横文字そのものは、普通に使うことが出来たのである」と解説しています。確かに、前年には1940年オリンピック東京大会の開催が決定していたわけですから、この時点で外国文化を排斥するところまでは行ってないというのは分かる気がします。

 思想統制のほうはどうか。3月には防空法が成立し国民の防空訓練への参加を義務づけ。この防空法は後に改定を繰り返し、以前にも紹介したように戦争末期には都市からの退避禁止や空襲時の避難禁止(逃げるな火を消せ)というトンデモな内容が加わっていきます。7月に盧溝橋事件が発生し、日中戦争に発展すると、8月には近衛内閣が国民精神総動員実施要領を閣議決定。このあたりから思想統制が本格化したということでしょう。

 経済統制はどうか。10月に鉄鋼工作物築造許可規則が制定。鉄筋・鉄骨造の建築の制限が始まり、各地で建設途上あるいは計画中だった百貨店やオフィスビルが階数を低く設計変更したり、建設自体を中止するケースが多発していきます。翌38年になると、3月に綿糸・ガソリン・重油の切符販売制が始まり、4月には国家総動員法が成立。あらゆることが戦争優先になっていきます。そして、38年7月、1940年オリンピック東京大会の開催返上決定。

 芝居に描かれた菊谷栄の召集は9月。時系列と比べると、日中戦争は勃発したものの生活物資の統制はまだ始まる前、戦争もどこか遠くのことにように感じている人も多かった頃だったのだろうと思われます。まさに転換点のようなひとときを、描いた作品なのだなと。

 一昨日の12月8日は対米英戦開戦の日から78年でしたが、戦争はその前から始まっていたことも忘れてはならないことだと「最後の伝令」を観て思ったところです。あ、念のために付け加えておくと、「最後の伝令」は反戦芝居とかではありません。1937年を背景にした純粋なエンターテインメントです。ただ、私はそう感じたということで。

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

扉座公演「最後の伝令」を観る

 先週は、劇団扉座の公演「最後の伝令 菊谷栄物語 1937 津軽~浅草」を観てきました。

 菊谷栄って誰?ってところから始まってしまう訳ですが、エノケン(榎本健一)一座の座付き作家で、レビューを書いていた方だそうです。舞台の設定は1937年(昭和12年)、日中戦争が始まった年です。

 物語となっていますが、芝居で描かれていたのは、菊谷が召集されてから出征するまでの、ほんの数日間。それを、起伏のある筋書きで濃密に描いた作品でした。浅草の一座から何も言わず忽然と姿を消した菊谷が召集を受けて故郷の青森に旅立ったとわかった一座の座員が、津軽出身の新人ダンサーに手紙などの届け物を渡す役を頼む。青森で壮行会の二次会にいた菊谷のもとに新人ダンサーがたどりつくが、その夜はいろいろと事件が起こり。。。

 扉座らしく笑いのポイントも多数あり、また浅草の華やかなレビューのシーンも盛りだくさん。そういう楽しいシーンと、青森の出征前のひとときという重苦しいシーンが交錯して、いろんな感情が沸き起こり、心が揺さぶられる芝居でした。とにかく笑ったり泣いたりが忙しくて。。。私、涙腺は固いほうですが、本当に涙が出ました。切なくて切なくて。終盤になるとあちこちからすすり泣きの声が聞こえてきて。

 時局柄、本音を隠して振る舞わざるを得ない人々。迫りくる統制。東北地方の苦境。貧困と人身売買。兵隊と言えども人の子。レビュー作家の矜恃。。。

 キャストの劇団員もみなさん素晴らしかったですが、これを書き始めるととてつもなく長くなるので(笑)、客演に絞って。菊谷の友人で地元紙の記者役の草野とおるさん。インテリっぽさが見え隠れするような、いい味を出してました。キャストながら津軽弁の指導も行ったそうですが、ネイティブでない私には完成度がよく分かりません(^^; もう一人の客演はAKB48・チーム8構成員という横山結衣さん。青森へ走る新人ダンサーという重要な役どころでした。扉座主宰の横内謙介さんが見いだしてキャスティングしただけあって、歌もダンスも芝居もなかなかのもの。劇団員と堂々渡り合っていました。客演扱いですが実は元劇団員の柳瀬亮介さんは芝居だけでなく見事なタップダンスも披露。かっこよかったです。

 

 今回の公演、とにかく短かったのです。厚木公演が2日で2回。東京公演が5日で7回。あっという間に終わってしまいました。再演して欲しいなあ。そして、もっと多くの方に観て感じてもらいたい。そんな芝居でした。

 印象深い台詞があります。『このセリフもそろそろ使えなくなるだろう。こうして大事なセリフが一つ一つ消されていくんだよ』

 そんな世の中にしてはいけない。そう思います。

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

懐アイ界に期待の新星

 11月20日の夜は、私が贔屓にしているいまのまいさん主宰のユニット・昭和とらいあんぐるのライブ「昭和アイドルソングの夜・第二十一夜」を東京・代々木の「かめかめ波」で観てきました。都度は記事化してませんが、このシリーズライブは結構、いやほとんど観てます。当初は「昭和歌謡とアイドルソングの夜」だったのですが、いつのまにか昭和歌謡はなくなってしまいました(^^; キーボード(原川マコト)とアコースティックギター(福島崇)との3人という小編成のユニットで、80年代中心のアイドルソングをうんちく付きで(微笑)、丁寧にじっくり聞かせてくれます。

 毎回ゲストボーカルが参加するのですが、この日は沢路麗菜さん。この方、ただものではありません。平成生まれなのに80年代アイドルソングマニア。どのぐらいのマニア度かというと、この日歌った2曲が、「人見知り」(畠田理恵)と「黄昏ブルー」(河合奈保子)。すいません、私も「黄昏ブルー」は忘れかけていたのでもうびっくり。歌も上手くて、丁寧で正当派の歌唱です。

 動画サイトで歌唱を公開していたのをいまのまいさんが見つけて、ステージで歌うことを誘ったという経緯があって、いわばまいさん一押しの逸材なんですが、ステージで歌うようになったばかりというのに実に堂々とした歌いっぷりで、いや本当にたいしたものだと。懐かしアイドルソング界の超新星です。

 20日のライブの音源ではありませんが、「黄昏ブルー」は動画サイトでも公開されていましたので、お聞きになって見てください。

 https://youtu.be/5ZIwbokss2g

 そうそう、まいさんは「後を託せる人」とかおっしゃってましたが、そんなこと言わずにまいさんも今まで通り歌って頂きたいなと思います。

| | コメント (2)

2019年11月12日 (火)

歌われなかったわけ

 10月25日、11月2日の尾崎亜美Concert2019のレポで、アイドル歌手への提供曲メドレーに河合奈保子さんへの提供曲が入らなかったことを綴りました。10月の大阪公演では、コンサートの準備のためにアイドル歌手に提供した曲をたくさん聴いたということを話している中で、「・・・河合奈保子さん、めっちゃ上手くて・・・そういう曲をこれからも歌っていきたいなと思います」と話したことから、これは!と思ったのですが(^^;

 で、大阪の終演後のサイン会で、そのあたりを率直に伺いました。

 サインをお願いしつつ「ついに河合奈保子さんへの提供曲を歌うのかと思っちゃいましたよ」と切り出して、
「やっぱり季節的に合わなかったからですか?」と振ってみたのですね。
そうしたら「それもあるんだけど・・」に続いて出てきた言葉が

「奈保子ちゃん、めちゃめちゃ歌がうまかったから」

 これ、素直に受け取ったらとてつもないことだと思うのです。亜美さん自身だって、それこそ「めちゃめちゃ歌がうまい」のです。シンガーソングライターという枠の中に収まらず、ボーカリストとしても素晴らしい方。その亜美さんが、奈保子さんの歌のうまさにライブでのカバーをためらったというのなら、どれだけ亜美さんが奈保子さんのことを評価しているか、ということです。

 これまでも、CDのライナーノーツやラジオ番組にゲスト出演したときのトークなどで奈保子さんのことを高く評価していることは承知していますが、直にお話しを聞くのはインパクトありました。歌われなかったのは残念だったけど、理由を聞くとそれはそれで嬉しかったりと複雑な心境です、はい。

 でもね、いつか歌って欲しいな。たとえ奈保子さんの世界観とは違った歌唱になったとしても、亜美さんらしく歌ってくれればそれでいいと思うんですよね。東京公演にはアンケート用紙がついてたので、そのあたりの希望はしっかり出しておきました(微笑)

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

尾崎亜美Concert2019 千秋楽

 11月2日は東京・渋谷渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで尾崎亜美Concert2019の千秋楽を観てきました。2回だけのツアーはあっという間ですね(笑) 切符は完売御礼で、なんと会場入口には「チケット持っている方いませんか?」という人までいらっしゃいました。15年ほど亜美さんを追いかけてますが、こんな光景を見たのは初めてのような。

 では、ツアーが終わりましたので初日の大阪を含めて曲目を。

<曲目>
1.FOR YOU
2.冥想(ReBORN ver)
3.マイ・ピュア・レディ
4.春の予感(ReBORN ver)

(少人数コーナー)
5.BENGAL BABOO BABE
6.シーソー
7.Southern Cross(ReBORN ver)

(面白メドレー(大阪) アイドル提供曲メドレー(東京))
8.時に愛は
9.月の浜辺
10.シャイネスボーイ
11.恋のKnow How
12.パステルラヴ

13.伝説の少女
14.泣きたいような気分で
15.Smile
16.天使のウィンク
17.Prism Train
18.手をつないでいて
19.オリビアを聴きながら

アンコール
・私がいる
・明日に架ける橋 (東京のみ)
・スープ

 ライブの定番曲だけではなく、お久しぶりの曲(5・7・18)があったり、ライブではレアな14があったり、中盤のメドレーではアイドル歌手への提供曲、それも自身のカバーバージョンではなく提供先のオリジナルを基本としたアレンジで歌ったりして、なかなか新鮮な構成で楽しめました。亜美さんは9・10・11・17では立ってスタンドマイクで熱唱。客席も良い感じに盛り上がってましたね。声かけも結構あって・・・といってもほぼ一人だと思いますが(←私じゃないです・笑) 客席が立ったのは16・17。これは定番ですね。亜美さんは涙を浮かべることはあっても崩れることはまずないのですが、大阪ではアンコールのスープの時に涙腺崩壊して声にならないくらいでした。東京でも崩れかけましたが、ぎりぎり堪えて歌ってましたね。スープは大切な人を亡くしたことをきっかけに生まれたレクイエムのような曲ですが、2月に母を亡くして、いろいろと去来するものがあったのだろうと思います。アンコールが終わってからスクリーンが降りてきてエンドロールが映写されたのですが、そこでも母に対する感謝の言葉が綴られていました。
 公演時間は大阪がきっかり2時間。東京は2時間半でした。東京はアンコールが1曲多かったですし、最近のライブでは良くあるらしい記念撮影(客席をバックにアーティストを撮影するもの)をしたこともありますが、トークが長めだったかな。

 さて、初日のレポで「トークでとっても嬉しいことを言ってくださって」と書きましたが、それは大阪でのメドレーの前のMCのことでした。このコンサートの準備で、アイドル歌手に提供した曲をたくさん聴いたということを話している中で、「・・・河合奈保子さん、めっちゃ上手くて・・・そういう曲をこれからも歌っていきたいなと思います」と話したのです。おおっ、15年間、亜美さんを追いかけてきて、ついに奈保子さんへの提供曲を聴けるのか!と心臓バクバクだったのですが、結果は上の曲目のとおりで歌われず(^^; でもライブMCのなかで奈保子さんの歌の上手さに言及していただいたのは嬉しかったです。あの場にいた人に伝わったかな。終演後のサイン会で歌わなかった理由を伺ったのですが、それはまた別の機会に。

 ハプニングもあったりしましたが(詳細は自粛)、それも含めて楽しい2日間でした。年内はあと1回、12月の恒例のライブに行く予定です。こちらも楽しみです。

<ミュージシャン>
 鈴木茂(Gt)
 是永巧一(Gt)
 小原礼(Ba)
 林立夫(Dr)
 佐藤準(Key)
 Aisa(Chor,Gt,Mand,Perc)

 尾崎亜美(Vo,Pf,Key)

 

 こちらは東京会場のホワイエに出ていたお花。真ん中はファン有志のもの。両隣が音楽関係ではなく飲食関係というのが、食いしん坊の亜美さんらしいです(微笑)
Amii2019

| | コメント (0)

«尾崎亜美 Concert 2019 初日