2020年2月25日 (火)

こんなところに残り香が

 先日の連休を利用して上洛しました。私の京都フリーク歴は河合奈保子ファン歴よりも長いものですから、まあ良くある観光スポットはほぼ行き尽くし、穴場的なところもかなり回っているので、明確にここに行こうというものは持たずにふらっと訪れるというパターンです。いわゆるノープラ。人出が減っているという話があったので、金閣寺が静かに見られるのか?と思って行ってみましたが、それなりに人出はありましたね。ピークよりは少ないのでしょうが。

 で、私がいまさら金閣寺のことを綴るわけもなく(笑)、道中で見かけた京都市電の残り香のことを。

 こちらは、鞍馬へ行く叡山電車の途中、宝ヶ池駅でのショット。駅のプラットホームの先に、石畳のような低いプラットホームが。
Takaragaike1
 これが何かというと、京都市電の乗降場跡なんですね。なぜ叡山電車に京都市電の乗降場があるのかというと、かつて京都市電が叡山電車に直通乗り入れしていたからです。宝ヶ池にあった市営競輪場への観客輸送のため、競輪開催日に限っての乗り入れだったそうです。郊外電車と路面電車では車両の床の高さが異なるので、このように専用の乗降場を作ったわけです。道路上を走ることが前提の路面電車は遺構は残りにくいものですが、ここは鉄道の敷地内のため今も残っています。

Takaragaike2
 こちらは向きを変えた写真ですが、よく見ると低いホームから高いホームへの階段の跡のようなものが見えます。
 ちなみに、これとよく似た光景が広島電鉄の宮島線で見られます。広島電鉄の場合は、郊外電車の車両を廃止して全車両を路面電車にしたため、こことは逆に高いホームがお役御免になってます。

 

 もう一つは、意外なところで。七条通の三十三間堂にほど近い和菓子屋さんの軒先に、バス回数券販売所の看板が出ていたのですが、なんと市電の文字が見え隠れ。
Shichijo1

 ちょっと失礼して看板にくくりつけられていた一日乗車券の案内をめくらせてもらうと、ご覧の通り。

Shichijo2

 真ん中のマークは京都市の市章で、市電や市バスにもこのマークが付いてます。それにしても京都市電が廃止されて、もう41年以上経っているのに、いまだ現役とは。お店の方に伺ってみたら(もちろん買い物もしました)、回数券の委託販売を始めたときに交通局の人が置いていってそれっきりということでした。交換しないんかい(笑) わざわざ探しに行くほどのマニアではありませんが、たまたま見かけると思わずにやっとしてしまう私です。

 こんな楽しみ方をする人はそうそういないと思いますが、何かの参考になればと(←ならんって)

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

タワレコ新宿店を実見

 先週末の谷山浩子さんのライブのついでにタワーレコード新宿店にも寄って、件の河合奈保子さんのディスプレイ展示を確認していたのですが、まだ模様を綴ってませんでした(^^;

 こんな感じです。

Tower2002

 ディスプレイにポスター・チラシの類いがびっしり!
 左下の隅に見える白いものは「十六夜物語」の手書きの譜面です。
 ディスプレイ下の水平面には、角度の関係で見えませんがテレフォンカードなども並べられていました。

 写真のとおり8階上りエスカレータの降り場のすぐ脇なので、人がどんどん上がってくる状況だと落ち着いてじっくり見ることが難しいのですが、先日の河合奈保子ナイトによれば2月9日までの予定とのことですので、お近くに寄る機会があればどうぞ。

 また売り場のほうも、J-POPのか行の棚に今回のアルバムが大量面陳、また下りエスカレータ付近にも岩崎宏美さんと並んで特設ラックがしつらえてあるほか、麻丘めぐみさんの特設コーナーのすぐ下にも面陳展開されており、私の体感としては新宿店での奈保子さんの露出・展開は過去最大です。見応えありますのでディスプレイ展示と合わせてどうぞ。さらに1月29日発売のアルバム9作品には、1枚購入でチラシの抽選券、3枚購入でポケットカードの抽選券がついてきます。

| | コメント (3)

2020年2月 2日 (日)

谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分<2020年>

 2月1日の夜は「谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分」を観てきました。近年恒例のこのライブ、会場も昨年と同じ東京・渋谷区総合文化センター大和田さくらホール。このホールは尾崎亜美さんが東京でホールライブをやるときの近年の定番で、私にとってはお馴染みの場所です。

 ライブはタイトルの通り、最初から最後まで客席からのその場のリクエストで弾き語りをするという、谷山さんならではのもの。秋の「猫森集会」Cプログラムの拡大版といったところです。とはいえ、リクエスト権(座席抽選)が当たらないんですよねえ。谷山さんもMCで「オールリクエストで緊張する人がいますが大丈夫、まず当たりませんから」なんて言うぐらいですが、本当に当たらないです(苦笑)。そして、今回もやっぱり当たりませんでした。

 で、今年の曲目はこちら。

 200201_

 リクエスト権は当たりませんでしたが、1曲目で河合奈保子さんへの提供曲「WEATHER SONG」が聴けました!リクエストしてくださった1階1列13番だったかの女性の方、ありがとうございました。谷山さんは「1曲目がセルフしてない曲か~」と軽くうろたえてましたが(^^;
 とはいえ、この曲、実はオールリクエストでは何度かリクエストされていて、隠れた人気曲です(と私が個人的に認定)。谷山さんはこの曲が奈保子さんの「ハーフ・シャドウ」のB面1曲目の収録曲であることを紹介しつつ、「当時はLPだったのでA面とB面で雰囲気を変えるということをして、それが光と陰だったのだけど、なぜか光のほうを依頼された」と言って客席爆笑。「陰のほうだったら良かったのに」とは谷山さんの弁。かなりがんばって光の曲を書いたそうです。そして、照明スタッフにどんな曲か説明するのですが「1番は雨です。2番は曇りです。あれ、全然光じゃないよね」と自分にツッコミ(笑)。「でも曲調はかわいいです」。確かにB面の5曲を聴くと全てが光の曲ではありませんが、組曲と捉えるとハッピーエンドの物語なので、光で良いと思います。

 谷山さんはラジオなんかでも奈保子さんのことは好意的に紹介してくださるのですが、今回も丁寧に紹介していただいてありがたい限り。セルフカバーしてない=知らない人が多い可能性=ということもあるとは思いますが。

 ということで1曲目にテンションが上がってしまったので、あとは流して聴いてました(爆)。全体的には白系の曲が多かったですが、アンコールのリクエストが思いっきり黒系の「悪魔の絵本の歌」で、なんかそれまでの雰囲気をすべてなぎ倒していった感もあり(笑)。でもある意味、谷山さんらしい終わり方のライブでした。そうそう、なぜかかわいらしい女性の声の時のリクエストが黒系だったり怖い曲だったりで、谷山さんもそのギャップに軽く驚いていました。

 それにしても、180分(実際には休憩の20分を差し引くと160分)ずっとひとりでリクエストに応え続ける谷山さんはすごいです!1曲だけ「覚えてない」とNGを出した曲はありましたが、それ以外はハプニングがありつつも完奏。しかも作詞・作曲のどちらかさえしていれば自分がカバーしていない提供曲でもOKという幅の広さ。喉は本調子ではないように見えましたが、楽しいライブでした~。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

「今でも好きな河合奈保子」開催!

 1月30日の夜は東京・東新宿のPetitMOAでイベント「今でも好きな河合奈保子」を観てきました。こちらのお店での河合奈保子ナイトは昨年7月24日に続いての2回目。

 今回の出演者は「ソワレ/くにみょん/濱口英樹/武奈さくら」と発表されていて、くにみょんって誰だ?だったのですが日本コロムビアのあの方でした。諸事情で名前を出されなかったのでしょうか(微笑)

 第1部はソワレさん、歌謡曲愛好家でFMおだわら「午前0時の歌謡祭」オーガナイザーの濱口さん、くにみょんさんの3人によるトークセッション。12月~1月にかけてタワーレコード限定で発売された奈保子さんの紙ジャケオリジナルアルバム全18作品を手に、それぞれの収録曲で好きな曲や当時の売り上げ・チャートの動き、プロモーションなどのエピソードを語り合うという趣向でした。「LOVE」から「engagement」まで通したので結果として奈保子さんの活動期全てを振り返る壮大なトークセッションになりました。途中に休憩を挟みつつ3時間ぐらい(^^) 

 好きな曲はソワレさんと濱口さんで割れることも多くて、客席ともまた分かれたり。このあたりが幅広いタイプの曲を唄いそれぞれに魅力がある奈保子さんらしいなと思います。エピソードもたくさん飛び出したのですが「ここだけの話」と管制が入ったものが多く、レポからは割愛させていだきます。気になる方は次回があれば是非。

 第2部はゲストの武奈さくらさんとソワレさんのプチライブ。カラオケ音源があればカラオケで、無いものはソワレさんのピアノで歌唱。客席リクエストも歌われました。

<やった曲>

・愛してます
・アリバイ
・愛をください
・大きな森の小さなお家
(ここまでは1部途中の休憩前に)

・Invitation
・けんかをやめて
・スマイル・フォー・ミー
・太陽の下のストレンジャー
・ストロータッチの恋
・ムーンライト・キッス
・涙のハリウッド
・プリズム・ムーン

・追跡
・Twenty Candles

 リクエスト曲は1コーラスが多く、ゆるーいプチライブでしたが、こうして並べてみると曲数は結構やってましたね。武奈さくらさんはとってもかわいらしくで声もかわいい方。80年代アイドルの曲を唄ってるといことでゲストで呼ばれたそう。若いのに今のアイドルには興味ないんですって!

 さてデビュー40周年に向けての話。
 先頃タワーレコード限定で発売された紙ジャケアルバムですが、これはタワレコのほうから「NAOKO PREMIUM」をバラ売りしたいという提案があって実現したとのこと。そしてタワレコ新宿店8Fでの奈保子さんのディスプレイは2月9日まで展示予定とのこと。いつもの?下りエスカレータ横ではなく上りエスカレータの横だそうです。そして、本館へのお便りで情報を頂いた購入特典ですが、そのディスプレイにもあるポスターやポケットカードが当たる抽選券が付いている、ということでしたた。ポスター10人、ポケットカード3人だったかな。現場も確認せずに展示品のプレゼントはないと勝手に推測してましたが、推測が外れたことをお詫びします。ということで、気になる方は新宿店へGO!

 そして、この紙ジャケ発売のことを40周年の第1弾、というような表現をしていました。いろいろ、何かしら考えてますという発言もありました。何が実現するかわかりませんが、夏に向けて期待していいんじゃないかと思いました。

 今回のイベントはトークも歌もゆるいイベントでしたが、ファンには楽しめた内容でした。また時期がきたら企画してくれたらと思います!

| | コメント (2)

2020年1月29日 (水)

新春シャンソンショウ2020

 1月28日の夜はこの時期毎年恒例の「新春シャンソンショウ2020」を観てきました。会場も変わらず東京・渋谷のTSUTAYAO-EAST。今年は回を重ねて13回だそうです。今年も楽しかったー。出演者も豪華!

<今年の出演者>
 加藤登紀子
 ROLLY
 桑山哲也
 中村中
 Ricky
 ソワレ
 kaya
  (敬称略・プログラム掲載順)

 オープニングは華やかにパリ・メドレー。これはテンション上がります!歌い終わった歌手が次の歌手を紹介してつないでいく構成は「夜のヒットスタジオ」のようでもあり。メドレーといってもフルサイズなので結構なボリュームです。

 メドレーの後は各出演者のソロコーナーを司会の山田広野さんがつないでいく構成。みなさん3曲ずつでした。
 トップで登場した独自の世界観のパフォーマンスのROLLYさん、そしてその次の正当派な歌唱だけどビジュアル系のRickyさんが王道ナンバー多めで客席を盛り上げます。この二人はもはや新春シャンソンショウのレギュラーといった感じですね。
 続くはこのイベントの共同オーガナーザーのソワレさんとKayaさん。個人的に見慣れていることもありますが、さすがの安定感。振り幅が大きさも魅力です。
 ここでバンドメンバーとしても演奏している桑山哲也さんのソロ。もちろんアコーディオンを弾くだけでなくしゃべります(笑)。RickyさんやKayaさんのときに黄色い歓声が飛んでいたのが気になっていたらしく、ふだんのシャンソンコンサートではあり得ないので私も欲しいとおねだり。ちゃんと客席もリクエストに応えていました(^^) こういうのは観ていて微笑ましいし嬉しいですね。ジョイントライブだとお目当ての歌手のときは張り切るけどそれ以外は無反応、みたいなことも往々にしてあるものですが。それだけこのライブがイベントとして楽しい場になっているということかなと。
 トリ前の中村中さんと、トリの加藤登紀子さんは新春シャンソンショウ初登場!私は中村さんのライブは初見でしたが、シャンソンいいですねえ。合ってる感じ。ソワレさんと公私とも仲良しとのことですが、そんなつながりがあるとは。加藤さんはまさかここに来てくれるとは!中森明菜さんが大好きなKayaさんが「難破船」をCDでカバーしたのがきっかけでオファーをしたのだとか。大御所クラスですがエネルギッシュでトークも洒脱。ご本人も楽しそうでした。そうそう加藤さんだけ4曲でしたね。

 フィナーレは毎年恒例、出演者総出で「誰にでもあなたただけの歌がある」を客席と一緒に。途中休憩を含め3時間があっという間に感じるライブでした。シャンソンというと暗い・重いという印象もあろうかと思いますし、実際そういう曲もこのイベントで歌われてもいますが、豪華な演奏と軽快なトーク、曲によってはポップなアレンジで堅苦しさが全くないこのイベントがもっと知られたらなと思います。人気が出すぎて切符が取りづらくなっても困りますが(^^; また来年も楽しみにしています。

| | コメント (0)

«今年の初ライブ