2018年11月13日 (火)

扉座公演「無謀漫遊記」を観る

 先週末の11月10日は、劇団扉座の公演「無謀漫遊記-助さん角さんの俺たちに明日はない-」の東京公演を観てきました。扉座の東京公演は座・高円寺であることが多いのですが、今回ははつか芝居の聖地とされる新宿の紀伊國屋ホール。劇場で配られたリーフレットに書かれた主宰・横内謙介さんの口上によれば「つか魂、つか様式を継承しつつも私にしか書けない今のドラマを真剣勝負で書き切りたい」と思って書き下ろした作品なのだそうです。そして、横内さんの劇作家40周年記念作品とも銘打たれています。つか芝居を直接観ていない私にはその辺の思い入れはないのですが、扉座版のつか芝居はいくつか観ていてとても面白かったので、期待は高まります。

 タイトルからわかるとおり、所謂テレビドラマ「水戸黄門」を題材にとった作品ですが、もちろんテレビのようなお行儀の良い水戸黄門であるはずもなく(爆)、ハチャメチャ、やりたい放題(褒め言葉です)の設定と筋書きに前半笑い通し。時代設定は江戸のようでいて現代でもあるというハイブリッドな芝居はいかにもつか芝居な感じです(あくまで扉座を通してしか知りませんが) 私が過去に観た扉座の芝居のなかでは「つか版忠臣蔵」のテイストに近いように感じました。
 で、抱腹絶倒で終わるかというと扉座(横内さん)はそんなことはなく、後半に泣ける筋書きが入ってきます。身分や居住地での差別や、それ故の苦労・苦悩などが段々明かされています。最後は水戸黄門ご一行が出てきて締めるのですが、ちょっと意外な締め方で、ハッピーとえばハッピーなのかもしれないけど・・・という。

 つまり、テレビの水戸黄門ば「勧善懲悪」ですが、この芝居では善と悪が単純に分かれていないのです。
主な登場グループは、地元で長年治水工事を手がけてきた業者、余所を拠点として全国展開する大手の土地開発業者、そして代官。大手の開発業者が治水工事参入を狙って代官に接近・・となればテレビ的には開発業者と代官が悪で、地元業者が善になりますね。しかし開発業者はパーティを開いて代官と接近はするものの、賄賂を渡すでもなく「入札」を提案するだけ。一般論では随意契約より入札のほうが良いシステムですから、真っ黒とも言えない。一方、地元業者は差別故のハンデを背負っているので情として肩入れしたくなりますが、親方のパワハラ・セクハラがひどいと(笑)。さてどうするか、というところがハラハラしたり面白かったり。

 今回はテレビジョンでもおなじみの六角精児さんが2年ぶりに扉座公演に出演し、助さん役で大暴れ。良いこと言いつつもちょい悪な感じが最高、その存在感は流石としか言いようがありません。普段は殺陣指導のスタッフの西村陽一さんが代官付きの堅物の侍を演じてましたが好演でした。今回は中堅が少なくベテランと若手メインの座組でしたが、若手も伸びてきていて良い芝居でした。おすすめしたいのですがすでに11日で千秋楽。。。

 終演後は「ラクイブナイト」というイベントがあったのですが、すでに文章の分量が多いのでまた改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

深刻化?京都の市バス事情

 ここ1週間ぐらいの間、ツイッターを見ているとタイムラインに京都の「地下鉄・バス一日券」のプロモーションが頻繁に現れていました。誘導された先はこちら。専用サイトですが京都市交通局の公式ですね。

 これを見ていて「ああ、なるほどね」と思いました。京都が一番賑わう紅葉シーズンを前にして、観光客を少しでも市バスから地下鉄にシフトさせたいということなんだなと。プッシュしているのは「地下鉄・バス一日乗車券」。観光客に大人気の「バス一日券」ではないのです。

 近年、京都の市バスは混雑ぶりが問題視されるようになっています。その大きな要因は外国人観光客の増加だとされています。マイカーという選択肢がない外国人観光客の移動手段は必然的に公共交通となるるわけで、安くて便利なバス一日券で観光スポットを回るのが定番化しているようです。加えて大きなスーツケースを抱えて乗り込む人も多く、車内混雑に拍車をかけているとか。そして、バス一日券を買ってしまうと、当然地下鉄で行けるところも「もったいないからバスで行こう」という心理になりますよね。市バスの全ての系統が混雑しているわけではないですが、「観光公害」などと言われるようにもなってきているようです。
(参考:京都新聞 訪日客増で「観光公害」初の調査 交通混雑、民泊トラブルも

 そういう状況から、バスの混雑緩和のため地下鉄へ乗客を振り向けたいという流れになっています。2018年3月に、バス一日券を500円から600円に値上げする一方で、地下鉄にも乗れる京都観光一日乗車券は地下鉄・バス一日券にリニューアルされ1200円から900円に値下げされました。価格差が700円から300円に縮まったので、確かに手を伸ばしやすくなりました。

 ただ、これで地下鉄へのシフトが進むかというと、個人的には「うーん・・・」という感じです。そもそも地下鉄で行けるメジャーな観光スポットが少ないからです。平安神宮、南禅寺、知恩院、二条城、京都御所ぐらいでしょうか。それ以外の観光スポットは結局バスでないとアプローチしにくい。。。。交通局の思惑としては、地下鉄で行けるところまで行って、バスに乗り換えて下さいということだと思いますが、地理不案内な観光客にはちょいとハードルが高いなあと。バスなら大抵のところに乗り換え無しで行けて、値上げされたとはいえ3回乗れば元が取れるバス一日券もあるので、魅力はそうそう下がらないかと。

 ただし!紅葉シーズンの主要なバス系統は、満員で乗れない、ダイヤが乱れまくっていつ来るか分からない、という事態が頻発するので、できるだけ鉄道を利用して移動することを強く勧めたいです。運賃は高く付きますが、移動に時間を取られて見所が回りきれなかったりじっくり見られないようではかえってもったいないですから。

 京都は観光都市である一方で150万人が暮らす大都市です。観光と市民生活がうまく折り合いをつけて共存できるといいのですが。。ちょうど40年前に全廃してしまった市電が、少しでも残っていたらまた違ったんでしょうけどねえ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

神田で写真集を

 日本最大(世界最大かも?)の書店街である東京・神田神保町は毎年、この時期に「神田古本まつり」を開催しています。靖国通りの南側歩道や神保町交差点の一角に古書の露店がずらりと並ぶ様は圧巻です。そんな神保町で、河合奈保子さんの写真集を見かけたのでゲットしてきました(^^)
 もちろん、写真集専門の古書店にいけばずらっと揃っていて珍しくもないのでしょうけど、私が入った店は以前、奈保子さんの中古CD音源の大半の入手先だった「タクト」。このお店は元々中古CD専門店だったのですが、近年は芸能関係の古書にも力を入れてるのですね。ここに来れば音源と写真集の両方が手に入るというわけです。音楽の魅力とビジュアルの魅力を高次元で両立させていた奈保子さん向きの店かもしれません(微笑)。

 入手したのは85年発行の「LOVELY SUMMER」 4000円也。紙焼けや染みのない状態の良い本としては安くもないがべらぼうに高くもないという感じでしょうか。奈保子さんの写真集はどうも「ビキニの写真の数」で値付けが決まるところがあるらしいですね。本書は水着自体が少なめだし全部ワンピースなので高騰していないのでしょうね。ちなみに水着なしの「スカーレット」は3000円也でしたが、スカーレットの奈保子さんって素晴らしく美しいんですよねえ。それが安いなんてどういう目利きなのか(苦笑)。アルバム「スカーレット」の曲毎のキャラクター設定の解説書の面もあるので、ファンなら備えておいて損はない一冊だと思います。

 さて、本書の発行元は音楽専科社となっていたので、ライブステージの写真とかが多いのかなと思ったら一切なくてびっくり。えーと、歌手なんですけど(^^; 
 ただ、途中に2ページだけですが、編集者の質問に答える形式で奈保子さんのコメントが掲載されていて、私にとってはここが一番の見どころだったかな。後追いとしてはこういう形でしか奈保子さんの「声」に触れることができないわけで。(もちろん、写真も素敵ですよ)
 「とにかくじっくりと歌の方をやっていきたい」「いずれは自分の曲だけのアルバムを出せばいいなと思って、少しずつ、少しずつやっています」というくだりからは音楽と真摯に向き合う姿勢が見えますね。
 そして「普通の女性という部分を大切にしていきたい」「あまりちやほやされるのは嫌いですから、ここちょっと間違ってるなっていう時にキチンと言ってくれる人がいるだけでも、幸せだなって」という部分からはトップアイドルとなっても謙虚な人柄だなと。こういう文を読むとますます好きになっちゃいます。

 私は写真集に関しては積極的に収集していませんが、こんな感じでいくつかは買い求めています。ここではビジュアルの話にはほとんど触れませんが、それはビジュアルに偏った印象が語られることが多いネットで今更アピールする必要がないと思っているからで、ビジュアルの魅力自体を否定したりタブー視しているわけではありません。どうぞご理解いただければと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

明治百五十年

 報道によると、きょう10月23日、政府主催の明治改元から百五十年を記念する式典が開かれたそうです。そういえば今年は盛んに明治百五十年ということが謳われ、各地のイベントにも冠が付けられたりしてますね。放送協会の大河ドラマも明治維新ものですし。

 では全国どこでも祝賀ムードかといえば、決してそうでもありません。

 9月に京都を訪れた折に、ある学生イベントに立ち寄ったのですが、そこに市の明治百五十年のブースが出ていたので、私はちょっと驚きました。京都は幕末の動乱で街が焼けた上に明治新政府によってなし崩し的に都の地位を奪われており、快く思っているわけがないと思っていたからです。で、ブースのスタッフにそのことを直球で尋ねたら「そうなんですよ。京都は明治維新でえらい目にあって、本当に大変だったんです。なので、その大変な状況をどうやって克服してきたかということを中心にアピールしているんです」という答えが返ってきました。なるほど、ブースで紹介されていたのは京都復活の大きな原動力となった琵琶湖疏水をはじめとした近代化遺産の紹介でした。

 これは一つの例ですが、地域や人によって受け止め方は違ってくると思います。一口に明治百五十年といっても様々な切り口があって、陽の部分もあれば陰の部分もある、そういったことにも心を配りたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

石川ひとみさんの40周年コンサート

 さる10月7日に石川ひとみさんの40周年記念コンサートが開催されたそうです。私は行ってないのですが、私設ファンサイト「尾崎亜美研究室」の管理人(私も知り合いです)が石川さんもお好きなようで、自然と情報が入ってきまして。このところ記念アルバムが出たこともあってメディアの露出(プロモーション)も増えてますしね。

 会場がTOKYO FMホールということで、河合奈保子さんの現時点で最後のライブ「音の流れの中で(95年)」の東京会場だった場所ですね。客席数が300ぐらいだそうですが、奈保子さんのときのようにすぐに完売してしまったそうです。

 ライブの模様はネットニュースに出ています。
 音楽ナタリーならこちら

 また冒頭で紹介した尾崎亜美研究室の管理人によるライブレポートならこちら

 なぜ、当店でこのことを取り上げたのかといえば・・・素直に「うらやましい」と思ったからです。
 アイドル歌手としてデビューして、曲折はあれどもこうして芸能活動を続けていて、時にライブも披露してくれて。歌声も変わってなくて。それをファンが応援することができて。やっぱりなんだかんだ言っても現役って強いよなあ、と。こちら河合奈保子ファンはテレビジョンの回顧番組で過去の映像が何秒出たとかスルーされたとか、そういうことで一喜一憂しているわけで。。。だからといって奈保子ファンであり続けることに対して心が折れるということは一切ないのですけども(微笑)。

 当店は芸能活動を長期休業中の奈保子さんに関して「ご本人の意思を尊重しつつ温かく見守る」というスタンスを続けていて、それを今後も変えるつもりはありませんが、それでもうらやましいと感じてしまうニュースでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«神戸市電に逢いに行く